iphone7に買い換える前に知りたいデータのバックアップと復元方法

Sponsored Link

さて、いよいよiphone7が発売になって巷では話題になっていますが、今まで使っていたiphoneから新しいiphoneに買い換えるときにはデータの移行が必要になってきますよね。新しいiphoneを買い換える前にはしっかりとバックアップをとっておかないと、アプリが消えてしまったり、メールやLINEの履歴が消えてしまうことがあります。

ただ、iphoneのバックアップをとっていてもデータを復元するときにOSの状態をしっかりチェックしておかないと、うまくデータの復元ができない場合が出てきてしまうのでその辺の注意も必要です。

 

kensuke
今回は、iphone7に買い換える前に知りたいデータのバックアップと復元方法についてと、データを復元するときのOSのトラブルについてまとめていきます!

 

iphoneのバックアップをとる前にやるべきこと

iOSのバージョンを最新の状態にする

iphoneのバックアップをとる前に注意したいのがiOSの状態を最新の状態にアップデートするということです。これは古いiphoneから新しいiphoneにデータを移行するときにiOSのバージョンが違うとデータの復元がうまくいかなかったり、アプリなどが消えてしまう恐れがあるためです。

 

iOSのバージョンの確認方法

使用しているiphoneのiOSが最新の状態であるのか確認するのはiphoneの「設定」を開き、「一般」→「ソフトウェアアップデート」を選択してください。

 

ios1

 

ios2

 

ソフトウェアのバージョン確認ができます。下の写真のようになっていればiOSは最新の状態です。

 

ios3

 

kensuke
iOSのアップデートにはWi-Fi環境が必要になってきますので、iOSのアップデートはできるときにこまめにするようにしましょう!

 

 

アプリも全て最新の状態にアップデートする

最新の状態にしておくのはiOSだけでなく、iphoneに入っているアプリのバージョンも最新のものにアップデートしておきましょう。バックアップをとったときのアプリのバーションとデータを移行したときのアプリのバージョンが違うと、これもまたうまくデータの移行ができない可能性が出てきます。

 

kensuke
アプリはiphoneの「App Store」を開き、右下の「アップデート」タップするとアップデートが必要なアプリが確認できます。たくさんたまっている場合には右上に「すべてをアップデート」という項目があるのでそちらをタップすればすべてのアプリがアップデートされます。

 

Sponsored Link

 

iphoneのバックアップをとる方法

iphoneのデータのバックアップをとる場合にはiCloudにバックアップをとる方法とiTunesを使ってPCにバックアップをとる方法の2つがあります。

 

iCloudでバックアップをとる

iCloudでバックアップをとる方法にはWi-Fiが使える環境が必要になってきます。もし、自宅でWi-Fiにつなぐことができない場合にはマクドナルドやスタバなどの無料Wi-Fiを提供しているところでバックアップをとるのがひとつの手ですね。かなり面倒ではありますが……

iCloudでバックアップをとるときには、アップルが提供している月額無料のiCloudのストレージは5GB分しかないということに注意しましょう。もしiphoneに大量の写真や動画が保存されている場合には5GBなんてすぐに要領オーバーになってしまいます。とっておきたい写真や動画のファイルがたくさんある場合には、iCloudのストレージを有償に切り替えてアップグレードするか、PCでバックアップしましょう。

 

kensuke
PCも持っていないし、iCloudのストレージを有償に切り替えたくない場合には、その他のストレージなどにバックアップをとっておくか、データを削除して要領を押さえてくださいね。

 

iCloudでバックアップをとるときにはiphoneの「設定」から「iCloud」を選択し、その中にある「バックアップ」を選択してください。

 

backup1

 

backup2

 

iCloudバックアップをONにした状態で「今すぐバックアップを作成」をタップすればiCloudへのバックアップが始まります。

 

backup3

 

「前回のバックアップ」の部分が最新の日付(当日の場合には日付は表示されず時間のみ表示されます)になっていればOKです!

 

kensuke
ちなみに上の写真の中にも明記されていますが、iCloudバックアップをONにしておくと状況が整えば自動的にiCloudへのバックアップをとってくれるます。

自宅にWi-Fiの環境がある場合には充電をするたびにバックアップがされるので、いざというときにも助かりますよ!

 

 

PCのiTunesでバックアップをとる

PCのiTunesでバックアップをとる方法はPCのストレージ容量次第ですが、iphoneに保存されているデータ量であればたいていの場合は全てを賄えます。

 

kensuke
iTunesの方が全てのデータのバックアップがとれる上に、容量も気にすることなくバックアップがとれるので基本的にはこちらでバックアップをとっておいた方が間違いはないですね。

 

iTunesでバックアップをとるときにはiphoneをPCに繋いでiTunesが立ち上がった後に、iphoneのアイコンをクリック。

itunes-backup1

 

iphoneの管理画面に行くので「バックアップ」の項目の「このコンピュータ」を選んで、「今すぐバックアップ」をクリック。

 

itunes-backup2

 

バックアップが完了した後に最新のバックアップ状況が更新されていればOKです。

 

itunes-backup3

 

Sponsored Link

 

データの復元方法

iCloudからのデータの復元

バックアップが完了したら新しいiphoneを入手していよいよデータの移行です。iphoneを起動したらiOSの設定アシスタントに従って起動の準備を進めていってください。設定を進めていくと「iCloudバックアップから復元」という項目が出てくるので、そちらを選択します。そうするとiCloudへのサインインが開始されるので、そこから移行したいバックアップデータを選択すればバックアップデータの転送が開始されます。

 

 

iTunesからのデータの復元

iTunesでPCにデータのバックアップをとった場合には、新しいiphoneをPCに接続してiTunesを立ち上げ、バックアップを作成したときの画面に行って「バックアップを復元」を選択すればバックアップデータが新しいiphoneに移行します。

 

kensuke
「復元」をクリックするときにはバックアップデータの日付とサイズを見比べて適切なバックアップデータを選ぶようにしてくださいね!

 

 

 

バックアップデータを復元する前に注意すること

バックアップデータを復元するときに注意したいのが、iphone7のiOSのバージョンとバックアップデータをとったときのiOSのバージョンの確認です。

iphone7は生産時期の関係でiOSのバージョンが10.0.0になっています(2016年9月16日出荷時点)が、販売された時点での最新のiOSのバージョンは10.0.1になっているんです。そのために、古いiphoneのiOSを最新の状態にしてバックアップをとり、それをiphone7にデータの移行をしようとするとアプリなどによっては、

 

バックアップを作成した時よりも古いバージョンのiOSでトーク履歴を復元することはできません

 

というようなメッセージが表示されます。これは単純にiphone7のiOSが最新ではないためなので、エラーメッセージが出た場合にはiOSのバージョンを10.0.1にしてから、バックアップデータの復元を行ってみてくださいね。

 

Sponsored Link

 

あとがき

iphone7は今までとは違ったイヤフォンジャックや新しいカラーなどが出て話題になっていますよね。この機会にiphone7に乗り換えた方にとっては新しいiphoneを使うのは楽しみのひとつになるはずです。

ただ、せっかく新しいiphoneに乗り換えたのに今までのデータがうまく移行されないと、せっかくの楽しみも台無しになってしまいますよね。新しいiphoneを手にする前にはしっかりとデータのバックアップをとって以前のデータの移行をスムーズに行いましょう!

 

kensuke
新しいipnoneで快適な生活を楽しんでくださいね!

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです