バスケットのファンをブースターと呼ぶのは何でなのか?由来とは?

Sponsored Link

2016年の9月からいよいよ始まったプロバスケットボールリーグのBリーグ。本格的に日本のバスケットを盛り上げようと日本各地でたくさんの方が試合を観戦しに会場に足を運んでいる映像がTVなどで放送されていますよね。

そんな中で気になったのが、Bリーグではバスケットボールファンのことを「ブースター」って呼ぶことです。ぼくはBリーグが始まってから初めてこの言葉を聞いたのですが、最初に聞いたときには何のことか全くわかりませんでした。

 

kensuke
ということで、今回はバスケットボールのファンを「ブースター」と呼ぶのは何でなのか?そしてその由来についてまとめていきます!

 

バスケットボールのファンを「ブースター」と呼ぶ由来

バスケットボールのファンを「ブースター」と呼ぶようになったのは、バスケットボールの本場であるアメリカに由来します。アメリカのプロバスケットバールリーグのMBAやアメリカンフットボールでは昔からファンのことをブースターと呼んでいるんです。そのために日本でも本格的にプロのバスケットボールリーグを立ち上げるにあたって、そちらにシフトしていったんですね。

 

kensuke
「ブースター」という言葉は、Bリーグの前身である「NBL」「bjリーグ」の頃から使われているんですよ!

 

 

ブースターの意味

ブースターは英語にすると「booster」となり、「後押しする人(もの)、後援者(特に熱狂的な支持者)」を指す言葉です。なのでファンのことを「ブースター」と呼ぶ場合には「熱狂的なファン」という意味で捉えるのがいいですね。

個人的には「ブースター」って単純に聞くとロケットやスポーツカーなどを思い浮かべるのですが、それらに使われているブースターは加速をつけるために使いますよね。なのでファンを指す「ブースター」もチームが勝利に向かって進むために後押しをしたり、加速をさせる役割があるというように解釈しています。

意味合い的には特にバスケットやアメフトでのファンだけでなく、他のスポーツでも使っても問題は無いですね。

 

kensuke
ただ、意味が通じるかはわかりませんが……

 

Sponsored Link

 

スポーツによって独自の呼び方確立したいという思いもある

日本で人気のあるスポーツに野球とサッカーがありますよね。野球の場合にはファンのことをそのまま「ファン」と呼び、サッカーの場合にはファンのことを「サポーター」と言います。これについては特に決まりはないのですが、サッカーの場合にはバスケットの「ブースター」と同様に海外のファンがそう呼ばれていたことからいつの間にか「サポーター」が定着しました。

日本でプロのバスケットボールリーグが誕生するにあたって、バスケットボールのプロリーグも盛り上がり、そして人気スポーツになって欲しい。ファンを「ブースター」と呼ぶのは、2つの人気スポーツとは差別化をして、独自のものを取り入れて覚えていってもらおうという狙いもあるのです。

 

kensuke
実は日本の社会人アメフトリーグのXリーグでもファンのことを「ブースター」と呼んでいます。

 

 

ブースターの日本での認知度

ただ、やっぱりこれまで野球やサッカーに比べると注目度が低かったので「ブースター」という言葉はあまり浸透していません。

 

バスケットの経験者にすらあまり浸透していない言葉だったりします。自分がプレイするよりはどこかのチームを応援するような感じでないと使わないかもしれませんね。

 

 

公式のTwitterなどでもまだそこまで浸透していないためか、ファンとブースターの両方の言葉を使っていますね。単純にファンはファンであって「ブースター」には「より熱狂的な」という意味があるので使い分けているのかもしれませんが、地道に使っていって浸透させていくしかないかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

あとがき

Bリーグはまだ開幕したばかりなので、これからどんどん盛り上がって行けば「ブースター」という言葉も世間に広く浸透して認知されていくかもせれません。ただ、こうした言葉を広めるにはコツコツと使っていくことも重要ですが、まずは何より各チームや選手たちの頑張りによってBリーグ自体を盛り上げることが一番大切になってきますね。

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです