プロ野球の現役最年長選手は誰?歴代最年長投手・野手記録も

Sponsored Link

DeNAベイスターズの三浦大輔投手が2016年シーズンでの引退を表明しましたね。ぼくにとって三浦投手は好きな投手の一人だったので大変残念に思いますが、今後も様々な形で野球界には残っていってほしい存在です。

2016年シーズンに現役最年長のプロ野球選手だった三浦投手が引退したことで、次の球界最年長選手は一体になるのでしょうか?

 

kensuke
今回は日本のプロ野球の最年長選手についてまとめていきます。

 

2016年日本のプロ野球最年長選手

2016年シーズンのプロ野球の最年長選手(投手・野手)は今シーズン限りでの現役引退を表明したDeNAの三浦投手ただ一人で同学年の選手は一人もいませんでした。三浦投手は1973年生まれでこの年に生まれているプロ野球選手はすでに全員が引退しているんですね。

 

kensuke
三浦投手はDeNAが横浜大洋ホエールズの名前の頃から在籍する唯一の選手だったので、これで大洋ホエールズを経験したことのある選手は現役からいなくなってしまいます。

 

 

2017年のプロ野球現役最年長選手

三浦投手が引退したことで1973年代に生まれた現役のプロ野球選手はいなくなってしまうので、次の最年長選手の年代は1974年以降に生まれた選手ということになりますね。

現在プロ野球界で現役を続けている選手のうち1974年以降の生まれので一番年齢を重ねているのは、

 

プロ野球現役最年長選手

中日  岩瀬仁紀投手(1974年11月10日生まれ)

ロッテ 井口資仁内野手(1974年12月4日生まれ)

広島  黒田博樹投手(1975年2月10日生まれ)

 

の3選手になります。今のところ3選手とも引退は表明していない(2016年9月20日時点)ので、この3選手が2017年シーズンの現役最年長プロ野球選手ということになりますね。

2016年10月19日追記:10月18日に黒田投手が2016年内での引退を表明しました。

 

kensuke
黒田投手は1975年生まれですが、学年は岩瀬投手・井口内野手と同じになりますね!

 

Sponsored Link

 

実は現役最年長の日本人選手は別にいる

あくまでここまでは日本のプロ野球の世界に限って話を進めてきましたが、実は日本人の野球選手でプロとして活躍している最年長選手は別にいるんです。勘の良い方はもうわかったかもしれませんね。

その選手とは……

 

 

 

 

アメリカのメジャーリーグで活躍するイチロー外野手

 

です。イチロー外野手は三浦投手と同じ1973年生まれで、今年43歳になります。まだまだメジャーリーグの一線で活躍していますし、今後も活躍が期待される選手なのでどんどんと記録を作っていって欲しいですね。

 

 

日本のプロ野球の歴代最年長出場記録

日本のプロ野球のこれまでの歴史の中で最年長出場記録は意外にもここ数年に作られた記録で、話題になったばかりなので知っている人も多いかもしれませんね。

 

プロ野球の歴代最年長出場記録

投手として出場 山本昌投手(50歳 2015年)

野手として出場 浜崎真二選手(48歳8ヶ月 1950年)

※野手の記録を最年長打席とすると投手登録の山本昌投手の49歳1ヶ月になります。

 

浜崎選手は投手・野手の両方で出場していたので野手登録である選手として考えると浜崎選手が野手としての最年長出場記録を持つ選手になりますね。

 

kensuke
浜崎選手は45歳でプロ野球選手になるという異例の選手なんですよ!

 

 

メジャーリーグの歴代最年長出場記録

メージャーリーグでは日本のプロ野球以上にすごい記録が生まれているんです。

 

メジャーリーグの歴代最年長出場記録

投手として出場 サチェル・ペイジ投手(59歳 1965年)

野手として出場 フリオ・フランコ内野手(49歳 2007年)

 

野手記録はプロ野球とそこまで変わりませんが、投手記録に関してはさすがはメジャーリーグといった数字ですね。

フランコ内野手は実は2015年にも日本のBCリーグの石川ミリオンスターズに選手兼任監督として56歳という年齢で試合に出場していて、打率.312(77打数24安打)という記録も残しているんです。

 

 

kensuke
56歳でもこんなに動けるなんて、見習いたいものです!

 

Sponsored Link

 

あとがき

ぼく自身も30歳を超えたので、小さい頃に見てきたプロ野球選手ががどんどんと引退してしまうのはなんだか寂しさを覚えてしまいます。ただ、やっぱりプロのアスリートとして40歳を過ぎても現役を続けるためには、若いころ以上に努力が必要になってくるとは思いますし大変なんでしょうね。

それでも、メジャーリーグの野手の最年長出場記録を持つフランコさんが「年齢は関係ない、好きなら続ければいい」と言っていることには勇気をもらいます。

好きなことがあるのであればいくつになっても続けていきたいですね!

 

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです