トランプ大統領の就任式は日本時間のいつ?場所やTV中継があるか調査

スポンサーリンク

アメリカではこれまで大統領を務めてきたオバマ大統領が2期8年の任期を終えて、2017年からは新たな大統領ドナルド・トランプ氏が就任します。就任前から新たな大統領であるトランプ氏の言動に注目が集まっていますが、実はトランプ氏は当選しただけで、まだ大統領に就任したわけではありません。

それでは、トランプ大統領がアメリカ大統領に正式に就任するのは一体いつからなのでしょうか?

こちらの記事では「ドナルド・トランプ氏のアメリカ大統領就任式がいつになるのか」についてまとめています。

 

トランプアメリカ大統領の就任式は日本時間のいつ?

2017年1月15日現在では、アメリカの大統領はバラク・オバマ氏が就任しています。そして、2017年にはオバマ大統領は2期8年の任期を終えて、トランプ氏に大統領のバトンを渡すことになるんですね。

アメリカ大統領選挙が2016年11月8日に開催されてからおよそ2ヶ月ほど経過していますが、未だにトランプ氏は大統領に就任していないということなので、日本の内閣の仕組みとは多少違いがあって不思議な感じがします。

その注目のトランプ氏のアメリカ大統領就任式が行われる日は、

 

 

2017年1月20日(金)

 

 

です。

実はアメリカ大統領の就任式が行われる日程については、アメリカの憲法で決められていて「大統領選挙が行われた翌年の1月20日」とされています。

ちなみに、もし1月20日が日曜日であった場合には、20日の正午までに新たな副大統領がホワイトハウス内で一度宣言を行って職務を開始してから、式典を21日に繰り延べて大統領が再度宣言を行うことになっているんですね。

 

そして、就任式ではアメリカ大統領は職務執行の前に宣言(または確約)を行う義務があります。(アメリカ合衆国憲法第2条第1節8項)

アメリカ大統領の職務執行の前の宣言

私は合衆国大統領の職務を忠実に遂行し、全力を尽して合衆国憲法を維持、保護、擁護することを厳粛に誓う(あるいは確約する)。

 参考:Wikipedia

個人的にトランプ氏がこの宣言をするのは想像できないので、こうしたものも含めて注目しています。

 

大統領就任式が行われる場所や時間

アメリカ大統領就任式の大統領の宣誓が行われるのは、合衆国の首都であるワシントンD.C.のアメリカ合衆国議会議事堂前です。時間は現地時間の正午から行われるので、日本とワシントンとの時差(14時間)を考えると、日本時間の20日26時(21日2時)からですね。

会場にはかなりの人が集まって大統領の就任を祝いに来ます。オバマ大統領のときにもかなり大勢の数の人が集まっていまいたね。

 

 

スポンサーリンク

 

就任式のTV中継はある?

就任式のTV中継については、現段階では詳しいことはわかっていませんが、世界的にも大きなイベントのひとつであるので、中継はされるはずです。2009年1月20日のオバマ大統領の就任時のときにも、NHK・TBS・フジテレビと3局が放送をしていましたので、今回も例にもれず放送はされるでしょう。

ちなみに、前回の放送は25時頃から27時くらいにかけて放送がされていました。今回の場合にも日本時間の20日25時台からの放送になると思われますが、2017年は翌日が土曜日なので、ゆっくりと見ることができる方も多いでしょう。深夜でありながらかなり視聴率もとれそうなので、放送を行う局は前回に比べて多くなるかもしれません。

 

アメリカ大統領の任期は何年

アメリカ大統領の任期についてですが、1期4年で最大で2期8年(引き継ぎ任期を含めて10年未満)までとされています。そのあとについては、どれだけ国民から支持をされていても3期目に入ることはできないんですね。確かに同じ人が長くトップに立っていると、政策は安定してきそうですが独裁感も出てきてしまいますしね。ぼくもそのくらいの方かいいと感じています。

ただし、例外もあって、2期を務めても任期の合計が6年以下だった場合には例外的に3期目に就ける場合もあります。例えば、前大統領が任期途中で退任して引き継いで大統領の職に就いた場合などですね。

引き継ぎで大統領の職についた場合には、そこから4年の任期を務めるのではなく、あくまで前大統領の任期の残りとなるので、前大統領が2年で途中退任したのであれば、引き継いだ大統領は残り2年の任期を務めるということになるんです。

 

 

あとがき

2017年1月20日からはいよいよトランプ政権に変わるので、これまで様々な発言で注目を集めてきたトランプ氏の力が本格的に政治や経済に現れ始めてきます。良くも悪くも新たな時代が到来するということですね。

就任前にはあれだけ色々なことを発言してきただけに、就任後にもそうした発言は変わらないのか、それとも落ち着いてくるのかにも注目しています。個人的にはアメリカだけでなく、日本の経済状況もさらに活性化してくれると嬉しいのですが……

 

こちらの記事もよく読まれています。
>>>築地市場の豊洲移転時期はいつ?場外市場の今後も調査
>>>2017年の衆議院解散の時期はいつ?経済への影響や選挙の日程を検証
>>>平成の次の元号(新年号)の候補予想と決め方!誰が決めるの?
>>>豊洲市場の工事を施工したのはどこの建設会社(ゼネコン)なのか?

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです