AmazonGOの日本への進出・出店の時期はいつ?

スポンサーリンク

Amazonが発表したコンビニ業界への進出である「AmazonGO」が注目を集めていますね。現在ではアメリカのシアトルにあるAmazonの本社にて、社員を対象にテスト運営をしているようですが、2017年の初旬には一般向けに店舗をオープンするとのことです。

このAmazonのコンビニ業界の参入で、今までの小売業の流れが大きく変わりそうですね。日本へ参入してきたら、現在あるコンビニの大手店舗にとってはかなり脅威的な存在になるのではないでしょうか?

 

AmazonGOの日本への進出・出店はあるのか?

現段階では2017年の初旬にはAmazonGOの店舗を一般向けにもオープンすると発表されていますが、その店舗はシアトルにあるようですね。店舗の大きさもおよそ170㎡と日本の多くのコンビニに比べると若干広いくらいの大きさになっています。

 

 

AmazonGOの日本への正式な参入についてはまだ発表されていないのですが、Amazon Japanの2015年の売上高は82億6,400万ドルで日本円に換算すれば、およそ1兆円規模になります。そして、日本のコンビニの売上高は2015年は11兆円で、市場としてはかなり大きな規模になります。

それだけの大きな市場であれば、Amazonはもちろん日本への進出・出店も考えてくるでしょうね。

 

日本への進出・出店の時期はいつ?

AmazonGOが日本へ進出・出店するとしたら、一体いつころになるのでしょうか?Amazonとしても、とりあえずは実験に近い段階ですし、店舗や流通システムの構築などもあるでしょうから、アメリカの店舗と同じタイミングでということはないでしょうね。

ただ、AmazonGOのシステムとしては今までの小売業界を震撼させるほど画期的なものなので、Amazonとしてもシアトルの実店舗である程度の見込みがつけば、すぐにでもGOサインを出すでしょう。店舗の出店場所の決定なども含めて、1年後くらいが現実的ではないでしょうか?もしかすると動きが早ければ2017年内のオープンも考えられるかもしれません。ということで、個人的な見解としては早ければ2017年の終わりころにはプレオープンなどの形で試験的な店舗運営、そして2018年の春頃に実店舗オープンといった感じがします。

 

スポンサーリンク

 

AmazonGOならコンビニよりも商品が安く手に入るかもしれない

AmazonGOの店舗が日本に進出してくることで、日本のコンビニ業界はかなり変わってくるのではないでしょうか?まず一番大きいのが店舗側の人件費の削減です。AmazonGOの店舗であれば会計の作業がなくなるので、この作業にかかる人件費を削減することができます。

そして、Amazonで買い物をしたことがある人ならわかるかと思いますが、ネットショッピングだと実店舗で購入するよりも商品を安く購入できることが多いですよね。これに関してはAmazonがどう対応してくるのかにもよりますが、浮いた人件費の分をカスタマーに向けて還元してくれるようになるとありがたいですね。というか、そうした方が同じような商品をより安く・早く購入できるコンビニとして、他のコンビニと差別化できるので、そうしたことを求めている人にとってはかなり快適な場所になるはずです。

 

 

あとがき

個人的にはこうした新しい取り組みは好きなので、AmazonGOの日本への進出・出店は楽しみでもあります。何より、レジ待ちなどのストレスも解消されますから、忙しいオフィス街などに出店すると重宝されるかもしれないですね。

逆に現在日本にあるコンビニ業界としてはかなり脅威的な存在になるはずなので、AmazonGOが進出をしてくる前に、各コンビニとも何か対策を考えておいた方がいいかもしれませんね。もちろん、AmazonGOが進出してきたからといって大手のコンビニチェーンなどがすぐに負けてしまうとは思いませんが、油断していると数年後には足元をすくわれてしまう結果になってしまうかもしれません。

 

AmazonGOの関連記事です!
>>>AmazonGOの評判や問題点とは?メリット・デメリットまとめ

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです