ハロウィンの日にちはいつ?日本と海外では楽しみ方も違う!

Sponsored Link

近年は日本でも一大ブームとなりシーズンには各地で大盛り上がりを見せるハロウィン。ここ数年ではバレンタインデーを抜いてクリスマスに次ぐ第2位の市場規模になるほどの人気イベントになっています。

日本では9月くらいから各地でハロウィンの装飾がされ始めて、イベントが行われたりしていますが、実際にハロウィンの日にちがいつなのか意外と知らない人もいるんですね。実はぼくもそうでした(笑)

 

kensuke
ということで、今回はハロウィンの日にちがいつなのかについて日本と海外の盛り上がり具合を比べながらまとめていきます。

 

ハロウィンの日にちはいつ?

実はハロウィンの日にちは毎年決まっている

日本では9月くらいから盛り上がりを見せているハロウィンですが、実は正式な日にちは決まっていて、

 

毎年10月31日がハロウィンの日

 

とされています。

ハロウィンは元々は毎年11月1日にあらゆる聖人をお祝いするための祝日である万聖祭の前夜祭として行われていたもので、その年の収穫を祈りったり、悪霊や魔物などを招かないようにするための儀式なんですよ。

 

kensuke
それが今日では仮装などをして楽しむひとつのイベントに変わっていったんですね!

 

Sponsored Link

 

日本のハロウィン

日本のハロウィンの場合には10月31日をハロウィンの目安としてはいますが、各地で9月頃から様々なイベントなども開催されて、およそ2ヶ月もの間、街中が盛り上がりを見せるイベントになっています。これだけ、長い期間イベントで盛り上がっている期間が長いので、一体いつなのか正式な日にちを知らない人も多いんですね。

 

日本のハロウィンの場合には海外のハロウィンとは違って大人も子供も楽しめるイベントになっていて、みんなで仮装をして盛り上がる一種のお祭りのような感じになっているんですよ。

 

kensuke
日本のハロウィンは10月31日だけを楽しむというよりは、期間中が盛り上がる季節のイベントになっているんですね!

 

 

海外のハロウィン

日本と違って海外のハロウィンはしっかりと10月31日だけで行います。大人は仮装せずに、子供たちがかぼちゃの器をかぶったお化けになって各家を練り歩きお菓子をもらうというのがよく知られていますね。

 

ただ、最近は海外でもスパイダーマンなどのヒーローの格好やディズニーに出てくるプリンセスや海賊などバライティに富んだ仮装をするようにもなってきているんですよ。

 

kensuke
こうした色々な仮装をするようになったのは日本からの影響があるのかもしれませんね。

 

 

ハロウィンで仮装をしたりかぼちゃを飾るのはなんで?

ハロウィンで仮装をする理由

ハロウィンの本来の日にちである10月31日はハロウィンの文化では1年の終わりの日であって、日本のお盆のように「親族の霊を迎え入れる日」でもあるんですね。

この日には親族の霊以外にも悪霊や魔物なども一緒にこの世界に戻ってくる日とされているんですが、そうした悪霊や魔物たちを寄せ付けないようにするために、彼らよりも怖い格好をして驚かせて追い払うという魔除けの意味から、ハロウィンでは仮装をするようになたんです。

 

 

ハロウィンでかぼちゃを飾る理由

ハロウィンで玄関先などにかぼちゃを飾るのも仮装の理由と同様で魔除けの意味が込められているんですが、ハロウィンが始まった文化では「かぶ」を使って目や鼻を彫り、中身をくりぬいてロウソクを立てていました。

ただ、ハロウィンが伝わってきた当時のアメリカでは「かぶ」はあまり馴染みのない野菜だったので、その代用として食用にはあまり使うことのないオレンジ色のかぼちゃを使ってこうした魔除けの飾りを作るようになったんです。

 

kensuke
最近の仮装はよりリアルで見ていて怖いものもあるので、魔除けにはより効果が高いかもしれませんね(笑)

 

Sponsored Link

 

あとがき

ハロウィンの本当の日にちは10月31日のみで、こんなに長い期間イベントとして楽しんでいるのは日本くらいなんですね。海外とは楽しみ方が違いますが、日本でのハロウィンは子供だけでなく大人も仮装して思いっきり楽しむことができるのでぼく個人的には結構好きです。

どんな理由であれ、たくさんの人が集まってひとつのことで盛り上がれるのはいいことですからね。お祭りやイベント好きな日本人によって独自に発展したハロウィンは、今後もどんどんと盛り上がっていくイベントになりそうですね!

 

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです