さんまの旬の時期はいつからいつまで?美味しいさんまの見分け方とは

Sponsored Link

秋の味覚といえば、ぼくの中で真っ先に思い浮かぶのがさんまです。さんまは漢字で書くと「秋刀魚」で「秋」という字が出てくるくらいなのでやはり秋が旬の魚です。

ただ、最近のスーパーなどでは年間を通してさんまを購入することができるので一体いつが旬なのかわからなくなりますよね。さんまは秋の魚というけれど、実際の旬っていつなの?

 

kensuke
ということで、今回はさんまの旬の時期と美味しいさんまの見分け方についてまとめます。

 

さんまの旬の時期

冒頭からも話していますが、さんまの旬の時期はやっぱり秋です。ただ、秋といってもどの辺りなの?ってのもあると思いますが、一般的には9〜10月の2ヶ月間に収穫されたものが一番脂がのっていて美味しいです。

さんまの生態として、彼らは季節回遊魚なので季節ごとに大移動する魚です。夏の前までの時期は北海道の北部、オホーツク海の周辺で生活をしていて、そこから夏ころになると北海道まで南下してきます。そこから季節が秋に変わるころになるとさらに本州の方まで南下していくんですね。

 

kensuke
さんまが関東に辿り着く9〜10月の2ヶ月間が、一番さんまに脂がのっていて美味しい時期なんですよ!まさに秋のシーズン真っ盛りですね!

 

Sponsored Link

 

脂のノリについて

さんまの旬が秋ということはわかりましたが、先ほどからぼくが言っている「脂がのっていて美味しい」という言葉ですが、さんまの美味しさは脂のノリ具合によって判断されます。

実はさんまに含まれる脂分の変化は劇的で、7〜8月の夏に収穫されるものと、9月〜10月に収穫されるものでは、たった2ヶ月程度の差しかありませんが、脂分に2倍近くの差が出ます。

 

さんまの体に含まれる脂分の変化

  • 7〜   8月 (北海道で収穫される時期)に収穫されたさんまの脂分
         → 体に含まれる脂はおよそ10%

  • 9〜10月(関東付近で収穫される時期)に収穫されたさんまの脂分
         → 体に含まれる脂はおよそ20%

 

kensuke
実際に秋のさんまは、体に含まれる脂肪分に変化が多くなっているので「美味しい」んですね。

 

 

 

さんまの旬の時期はいつまで?

さんまの旬の時期は秋ということがわかりましたが、それでは「さんまが美味しい時期はいつまでなのか?」ってことですよね。

秋といっても11月頃のものはどうなのかってことですが、結論から言うと11月のものは若干、脂のノリが落ちてしまうので、9月や10月に収穫されたものに比べると味が落ちてしまっていることが多いです。

特に11月以降になってさんまが関東よりもさらに南下して、伊豆半島近くで収穫されたさんまは「痩せさんま」と呼ばれるくらい体の脂分が落ちてしまって細くなったものが目立つようになってきます。体に含まれる脂分も夏のものよりも低い5%以下になっていることもあるので、旬の時期に比べると脂ののった美味しさはあまり感じれないかもしれないですね。

 

kensuke
ということで、さんまの旬は10月下旬くらいまでを目処にするといいってことですね!

 

 

 

美味しいさんまの見分け方

さんまの美味しい季節はわかりましたが、じゃあ今度は実際に買うときですよね。いくら旬の時期とはいえ、さんまにも当たり外れはあります。どんなさんまが美味しいのか、美味しいさんまを見分けるためにはその特徴を知っておくといいですよ。

 

美味しいさんまの見分け方

脂ののった旬なさんまには、

 

  • 体全体に丸みがある
  • 口先がほんのり黄色い
  • 目に濁りがほとんど無い
  • ヒレがピンっとはっている
  • 頭部の後ろあたりが盛り上がっている

 

などの特徴があります。

 

基本的にはある程度ふっくらとしていて、全体的に見た目のいいものがいいということですね。目がくすんでいたり、ヒレにはりがないようなものは見た目的にも味的にも良くないということです。

 

 

秋のさんまは栄養価も高い

秋のさんまは脂ものっていて美味しいこともさることながら、栄養価も高くなっています。さんまには、

 

  • DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • ヒスチジン
  • 良質なタンパク質

 

などが含まれていますが、秋の脂ののったさんまはこれらの栄養素が特に多く含まれているんです。

さらにあまり食べられることのない内臓についてですが、旬の時期のさんまは体内に排泄物を止めている時間が短いので、内臓を食べてもあまり苦味を感じずに美味しく食べることができるんですよ。

 

kensuke
実はさんまの内臓には身以上に高い栄養素が含まれているので、なるべく食べたほうがいいんですよ!

 

Sponsored Link

 

あとがき

秋が旬のさんまですが、実は本当の旬である美味しい時期は9月〜10月の2ヶ月間で以外と短いということがわかりましたよね。日本にはしっかりとした四季があって、季節に応じた旬の食べのもがどんどんと変わってきます。旬の食べ物は美味しいだけでなくて、その時期の体に必要な栄養価が豊富に含まれているので、なるべく食べるようにしたいですね。

(参考記事:さんまにはどんな栄養効果があるのか?実はさんまには美容効果も!?

 

 

kensuke
子供の頃はそんなに感じなかったですが、最近は秋が近づくと無性にさんまが食べたくなります。

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です