むくみ腸の原因や症状は?腸内環境を改善すればむくみ腸が解消!?

Sponsored Link

顔や手足などのむくみの症状に悩んでいる方は結構多いですが、実は体の見える部分だけでなくて体の内部もむくんでいることがあるんです。体の内部のむくみは様々な症状として体に悪影響を与えてしまいますが、その中でも腸がむくんでしまうと活動の低下が起こって便秘になったり、風邪などの感染症にかかるリスクも高まってしまいまうんです。腸の活動低下による影響は、そうしたものだけではなく、ニキビや肌荒れなどの原因にもなるので、なるべく早く改善したいですよね。

 

kensuke
今回はむくみ腸の原因や症状・改善方法についてまとめていきますよ〜

 

むくみ腸とは?

むくみ腸は文字通り腸がむくんでいる状態を指しますが、腸というのはぼく達の体の内部にあるものなので、「腸がむくんでいる」ということにはなかなか気づきにくいので厄介なんですね。腸がむくんでしまうと腸自体の活動が弱まってしまうので、排泄のコントロールや消化・吸収などの働きがうまく機能しなくなってしまうんです。

それによって便秘の症状が発症したり悪化するなどの体への悪影響があり、他にも太りやすくなったり、病気になりやすくなったりと体調の不調につながることが多くなります。

 

 

むくみ腸の原因は?

むくみ腸は腸の動きが鈍くなったことによって起こる血流障害が主な原因として起こっています。大腸は腸壁から便の水分を吸収する働きがありますが、大腸の動きが鈍っていると腸の血流が滞ってしまって、吸収した水分がうまく流れずに腸壁の滞ってしまうんですね。こうした血流の滞りは普段の生活でのストレスや運動不足、暴飲暴食などが原因で起こってしまうんです。

 

kensuke
むくみ腸は手足などからだの表面で見られるむくみと同じように、血流の滞留が原因なんですね……

 

Sponsored Link

 

むくみ腸になると生じる体への影響や症状

便秘になりやすくなったり便秘の症状が悪化する

むくみ腸の状態のときには腸のぜん動運動も弱まってしまっているので、腸内に溜まった便の移動が滞ってしまいます。そのため、もともと便秘だった人は便秘が悪化してしまいますし、便秘でなかった人は便秘の症状が出てきてしまうんです。

さらに腸内環境のバランスも崩れてしまうので、腸内が有毒物質や腐敗ガスも発生しやすい状態になっています。そうしたものが腸から吸収されると肌荒れや体調不良を起こす原因にもなるんですね……

 

太りやすくなる

むくみ腸になってしまうと腸そのものの動きが悪くなってしまうので、食べたものの分解・消化機能が低下してしまいます。腸の動きも悪いのでエネルギーの消費量も落ちて、体内に溜め込んでしまうようになるので太りやすくなってしまうんですね。

 

kensuke
便秘になって肌が荒れやすくなる以外にも太りやすくなるなんて耐えられないですね……

 

風邪などの感染症にかかりやすくなる

ぼく達の腸は実は体の中で最も多くの免疫細胞が存在している器官で、腸の健康が体全体の健康を司っていると言ってもいいくらいなんですね。むくみ腸の状態になると腸内環境が悪化してしまうので、腸にある免疫細胞の働きも弱っている状態になります。

体の中で最も免疫細胞が多く存在している器官が弱まってしまえば、風邪やインフルエンザなどの病原菌が侵入してきたときに対抗できる力も弱まってしまっているので、そうした感染症にかかるリスクが高くなってしまうんですね……

 

kensuke
体の免疫力が低下していると病気にかかりやすくなるだけでなく、病気になった場合にも症状が悪化しやすくなってしまいます。

腸はぼく達の健康を管理してくれている重要な器官なんですね!

 

 

むくみ腸であるかのチェック

自分の腸の状態がむくみ腸であるかどうかは、次に挙げる症状が見られるかどうかである程度予測することができます。次に挙げる中の症状で1個でも当てはまったら、腸がむくんでいる可能性があると思ってください。

むくみ腸のチェック項目

  1. おならがくさい
  2. 便が出ても残便感が毎回ある
  3. いつもお腹が張った感じがある
  4. 3日以上便が出ないことが月に3回以上ある
  5. 長期間(5年以上)下剤を使用している

ぼくも毎日ではないですが、1〜3のは割と当てはまることが多いです。

 

kensuke
実はぼく自身もむくみ腸の可能性がかなり高いんです……。

 

Sponsored Link

 

普段の生活でできるむくみ腸の改善方法

腸内環境の改善

腸のむくみの原因は腸の動きが鈍ってしまうことが大きな原因になってきます。腸の活動は腸内環境が悪化することでも低下してしまうので、腸内環境を良好な状態に保つことでむくみ腸の予防することに繋げることができるんですよ。

腸内環境の改善するために心がけること

  • 食生活の見直しや生活習慣を改善して生活にリズムを持たせる
  • ストレスを溜めない
  • 睡眠を十分にとる

快適な腸内環境を保つためには上記のことが大切になってくるので、普段の生活からこうしたことに意識して生活をしていると、腸内環境が良好な状態に維持しやすくなります。当たり前のことが多いですが、健康に良いとされていることこそ腸内環境を良好に保つためには必要なことなんですね!

 

自律神経のバランスを整えてる

腸の活動は副交感神経が司っているので、自律神経を整えて副交感神経が優位な状況を作ってあげると腸の活動が活発になります。副交感神経が優位になるのは体がリラックスした状態のときなので、日中の仕事中でも適度に休憩の時間をとって体をリラックスさせるようにすることで、腸が活動するきっかけを作ってあげることができるんですよ!

休憩時間に温かい飲み物などを一緒にとってあげれば、体も温まって腸内環境の改善や腸の活動のサポートにもなるのでおすすめです。

 

kensuke
休憩時間に飲み物を飲むときにはむくみ腸の改善に効果のある飲み物を飲むようにすると良いですね!ココアが血行の改善にも役立つので効果的ですが、むくみ腸に効果が高い飲み物としては生姜ココアがおすすめです!

 

 

運動する習慣をつける

腸の活動を活性化するためには腸を囲っているお腹周りの筋肉をつけてあげると、腸のぜん動運動や便を押し出す力をサポートすることができるようになります。ぜん動運動がサポートされると腸内にある便の移動もスムーズになるので便秘の予防にもなりますね。

便秘は腸内環境の悪化にもつながってしまうので、腸の活動を鈍らせないためにもお腹周りの筋肉をつけてあげることで腸の活動の低下を防ぐことができますよ!

 

生活のリズムを整える

腸の活動は副交感神経が司っているということだったでしたが、寝不足や食事の時間が不規則だったりすると、自律神経のバランスも崩れやすくなって腸の活動が低下してしまいます。それから、寝起きの時間や食事の時間が不規則だと排便のリズムもとれなくなるので便秘にもなりやすくなってしまうんですよ……

 

kensuke
上記に挙げてきたことを実践するのはもちろんですが、生活にリズムをつけてあげることで腸の活動にもリズムがつくので、活動が鈍りにくくなるんですよ〜

 

 

あとがき

むくみ腸はまだあまり知られていない言葉ですが、こうしたむくみの現象はぼく達の体の見えないところで起こっていることなのでなかなか気づきにくいです。腸だけでなく体の内部のむくみは様々な症状として体に悪影響を与えるので、今回のむくみ腸のチェック項目が該当するようであれば、体の内部のむくみにも気を使うようにしてあげるといいですね!

特に腸がむくんでいると、腸の活動が低下して便秘になったり、風邪などの感染症にかかるリスクも高まってしまうので放っておくのは体にとってあまり良くないです。腸内環境の状態は肌荒れの原因にもなるので、疑いがあるようであればなるべく早めに対処するようにしましょう。

 

 

Sponsored Link

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです