バレンタインのチョコに合うワインとは?相性のいい人気の銘柄も紹介

スポンサーリンク

バレンタインデーにはチョコレートをいただくことが多いと思いますが、こうしたときにいただいたチョコレートって結構高級なものが多くて、せっかく食べるのであればそうしたものに見合ったものと一緒に美味しくいただきたいですよね。

ぼくは以前バレンタインデーのときのチョコレートと一緒にワインをいただいたことがあったのですが、ワインとチョコレートの相性がたまらなくよくて、「こんな組み合わせで贈り物をしてくれる女性って素敵だな〜」と感じました。最近ではチョコレートと一緒にプレゼントを贈ることも増えているみたいですね。

でも、「じゃあ、今回はチョコレートと一緒にワインを贈ろうかな!」っと思ったのはいいですが、ワインって色々と種類があり過ぎて、一体どれを選べばいいのかわからない!という方も多いのではないでしょうか……

こちらの記事では、バレンタインのチョコレートに合うワインについてまとめていますので、ぜひご参考にしてください。

 

バレンタインデーのチョコレートに合うワインはどんなもの?

バレンタインデーにはチョコレートを贈る方が多いと思いますが、そのチョコレートに良く合うワインは「赤ワイン」です。もちろん「白ワイン」でも合うものはありますが、一般的には赤ワインの方がチョコレートに含まれるポリフェノールと相性が良いものが多いですね。

ただ、ひと口に赤ワインといっても種類もたくさんあるので、あとはチョコレートに合わせて選んでいく必要があります。

 

ワインの酸味と糖分でチョコレートとの相性が決まる

チョコレートとワインの相性はどうやって決まるのでしょうか?こちらではチョコレートと相性の良いワインを選ぶときのポイントについて解説していきます。

 

酸味のあるワインはチョコレートの本来の味を生かしてくれる

チョコレートと相性のいいワインを選ぶひとつのポイントが「酸味」です。実は赤ワインを選ぶときにより酸味の強いワインを選ぶと、よりチョコレートの苦味を感じることができるようになり、チョコレート本来の味をより深く味わうことができるんです。

 

スポンサーリンク

 

ワインとチョコレートの糖分の割合も重要

そして、もうひとつのポイントが「糖分」です。ワインの中にも甘口のものと辛口のものがありますが、実はこの部分がワイン選びの重要なポイントになってきます。

選び方のポイントはチョコレートとワインの糖分の割合が近いものです。ワインとチョコレートの「糖分」の割合が近くなると、ワインを飲んだときの口の中に広がる甘みと、チョコレートの甘みが程よくマッチしてくれるんですね。

ヨーロッパで昔からポートワインがダークチョコレートと一緒に飲まれているのは、この糖分の割合が近いからなんです。逆を言えば甘くないビターなチョコレートには辛口のワインが良く合うということになります。

 

kensuke
購入するチョコレートの甘さに合わせて、ワインの甘さを選べば良いということですね!

 

 

チョコレートと相性が良い人気の銘柄まとめ

それではここからはチョコレートと相性のいい人気のワインの銘柄についてまとめていきます。チョコレートの種類別でまとめてみましたので、ご参考にしてください。

 

ビターチョコレートと相性のいいワイン

ほろ苦く独特の甘みのあるビターチョコには、程よく酸味と苦味のあるワインがよくマッチします。逆にビターチョコレートだからと言って、酸味が強すぎるものを選んでしまうと、苦味が引き立ち過ぎてしまうので注意してください。

 

アウレオ

バランスが良いワインでありながら濃厚さのあるワインです。ただ、完熟由来の独特の甘味があって、余韻として豊かな酸味が広がるので、苦味のあるビターチョコレートとは相性が抜群です。

 

 

メンドーサ マルベック クラシコ

こちらはイタリア人が作るアルゼンチンワインです。ブルーベリーのような果実の味わいがあり、果実のフレッシュな風味の後にビターチョコの風味が広がっていく感じがたまらなくいいですね。タンニンも豊富に含まれているので、適度な苦味がビターチョコレートの味を引き立ててくれます。

 

 

スポンサーリンク

 

甘いチョコレートと相性のいいワイン

甘くて口どけの良いチョコレートには、適度な酸味とフルーティーな味わいのものがよく合います。

 

ポートワイン

ポートワインはフルーティーな香りと力強い渋み、そしてリッチな甘みが特徴です。チョコレートとの相性が良いので、ヨーロッパでは伝統的な組み合わせになっていますね。

ただ、抜栓後の酸化にはあまり強くなくて、抜栓から1週間以上経ってしまうと途端に品質が落ちてしまうので、取り扱いには注意が必要です。

 

 

スピアー カベルネ・ソーヴィニヨン

コクが深くて果実のフルーティーさがあり、柔らかいタンニンのバランスの良いワインです。チョコレートの甘みが広がった後に、ワインで後味がすっきりしてくれるのでついつい食べ過ぎてしまいそうです。

 

 

グース・バンプ

完熟ぶどうによる甘みのあるグース・バンプは甘いチョコレートとの相性は抜群です。甘味を感じるほど芳醇なフルーティーさがあるので「ワインは甘めのものが好き」といった方にはオススメの組み合わせです。

 

 

アクツェンテ ドルンフェルダー モーゼルQ.b.A

程よい酸味がありつつも、完熟果実のフルーティーさを兼ね備えた赤ワインです。口当たりも柔らかいので、初めてワインを飲まれる方でもオススメできます。

 

 

この他にもバニュルスやペドロヒメネスもオススメです!こちらの記事でも紹介していますので、ご参考にしてください。

>>>バレンタインのワインはミニボトルがオススメ!チョコに合う銘柄は!?

 

ホワイトチョコレートと相性のいいワイン

ホワイトチョコレートも赤ワインとの相性は抜群です。ベリーの果物と生クリームの組み合わせを食べたときのような心地よい風味が広がる組み合わせです。

 

クエルチオーリ ランブルスコ ドルチェ

口に含んだ瞬間にイチゴの風味が広がるやや甘口のワインです。ホワイトチョコのしっとりとした甘みに、適度な酸味と爽やかな天然果実の甘さがよく合います。とてもバランスのとれた弱発泡性のワインです。

 

 

カロ

ホワイトチョコとワインの果実の風味が口の中でよく溶け合って、素晴らしい余韻が広がります。果実の凝縮感と優雅な酸味のバランスが素晴らしいワインです。

 

 

スポンサーリンク

 

その他のチョコレートと相性のいいワイン

ひと口にチョコレートといっても、バレンタインのときのチョコレートには、通常のものとは違った味付けがしてあるものなどがあったりしますよね。これまで紹介したワインは、チョコレートとワインの甘さで相性のいいものを選びましたが、ここからは通常のチョコレートとは別の風味のあるチョコレートに合うワインについてまとめています。

 

アーモンド入りチョコレートと相性がいいワイン

モーリー

天然の甘口ワインです。「チョコに合うワイン」というコンセプトで作られているので、相性抜群です。

 

 

カラメル味のチョコレートと相性のいいワイン

ミュスカ・ド・リブザルト

天然甘口タイプの酒精強化ワインです。今まで赤ワインを紹介してきた流れからそれますが、こちらは白ワインになります。

 

 

コーヒー風味のチョコレートと相性のいいワイン

オロロソ

 

 

オレンジ風味のチョコレートと相性のいいワイン

トカイ

濃厚な甘みが特徴のデザートワインです。今までは赤ワインをご紹介してきましたが、こちらは白ワインですね。実は世界三大貴腐ワインのひとつなんです。

 

 

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?こうしてみると、ひと口にワインがチョコに合うといっても、チョコの甘さや風味によってもワインの種類を変えなくてはいけないんですね。これを覚えるのは大変なので、まずはひとつ自分の好きなチョコレートに合ったワインを探してみるのがいいですね。

そこから、徐々に広げていくと、「チョコに合うワインを選べる」という一見ありそうでなかった特技ができたりします(笑)

 

こちらの記事も人気です!
>>>バレンタインのワインはミニボトルがオススメ!チョコに合う銘柄は!? 
>>>ホワイトデー(バレンタイン)のお返しの意味!マカロンは大切な人に
>>>「バレンタインデーのお返しはいらない」の女性の本音とは?
>>>初心者のマカロンの作り方!簡単に美味しく作るコツ

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです