2016ツールドフランスさいたまクリテリウムの日程や時間・場所は?

tour-de-france-saitama-criterium-2016
Sponsored Link

2013年から始まったツールドフランスさいたまクリテリウムが今年2016年も開催されます。こちらの大会は日本国内で世界の有名選手を観戦できることから年々注目が集まっていて、初開催の2013年から20万人以上の観客動員を記録しました。

夏に終わったばかりのツールドフランスの熱が冷めないうちに行われる本大会、今年で4回目を迎えますが、今年の開催状況などはどうなのでしょうか?

 

kensuke
ということで、今回は2016ツールドフランスさいたまクリテリウムの日程や時間、場所についてまとめていきますよ!

 

2016ツールドフランスさいたまクリテリウムの開催概要

 

2016ツールドフランスさいたまクリテリウムの開催概要

開催日:2016年10月29日(土)

開催場所:さいたま新都心駅周辺

開催時間:未定(2016年9月2日時点)

コース詳細:いただいたパンフレットにコースの概要がありましたので載せておきますね。

image

 

開催場所は去年と同じくさいたま新都心駅の周辺で開催されます。駅の隣にあるさいたまスーパーアリーナの周辺を走ったり、線路をくぐり抜けたりとスピード感と迫力のあるレースを楽しむことができますね。

 

開催時間に関しては現時点では公表されていませんが、これまでの大会の傾向から見ていくと今年も10:00 〜17:00くらいの時間帯での開催になるのではないでしょうか。

 

 

2015年の大会の様子です。街中を猛スピードで駆け抜ける姿はかなり本格的で、本場のツールドフランスを体験しているかのよう。

 

Sponsored Link

 

クリテリウムとは

大会名の最後についているクリテリウムとは、市街地などに設定された短いコースを何周も回るレースのことを指します。

一般的なロードバイクのレースの場合にはある程度距離の長いコースでレースを競うことが多いですが、クリテリウムの場合には市街地や公園などに設定した一周1km~5km程度の周回コースを走るんですね。

レース中は何度も同じ場所を選手が通り抜けるので、白熱のレース展開の興奮をたくさん味わうことができるのがポイントですね。さらに、市街地レースならではの選手と観客との距離感やコーナーが数多く設定されているので勝負の仕掛けどころが多いのもクリテリウムのレースの醍醐味です。

 

kensuke
選手を間近で見れるのが醍醐味ですね!

 

 

大会への一般参加の募集もある

ツールドフランスさいたまクリテリウムの大会ではイベントの一環として一般人の参加も受け付けています。一般参加といっても本物のレースに参加できるのではなくて、あくまでもレースとは違う時間にコースを走れるといっただけですが、これだけでもかなり貴重な体験ができますね。

ただし、こちらの一般参加へのエントリーはさいたま市に在住する方のみがエントリーできるとのことなので、エントリーできる方はかなり絞られてきてしまいます。さいたま市に在住の方はぜひエントリーしてみてください。

 

募集概要

募集期間:2016年9月1日(木)11:00~2016年9月26日(月)

募集人数:200名(1組2名まで)

参加料:無料

※応募は公式サイトからできます。公式サイトへは下にあるTwitterのリンクからいけます。

 

 

kensuke
さいたま市に在住の方は貴重な経験ができるチャンスですね!

 

 

 

有料観覧席で観覧するためには

ツールドフランスさいたまクリテリウムのレースは、当日会場に行って沿道で観戦することもできるんですが、レースのスタート地点やゴール地点、表彰式などのイベントの中で一番の盛り上がりのある部分は有料観覧席に入ることで観ることができます。

ただ、この湯量観覧席に入るためには大会のオフィシャルサポーターにならないといけません。ちょっと面倒ですね。

 

さらに、個人オフィシャルサポーターにはグレードがあり、グレードによっても入れる有料観覧席も違ってきます。

個人オフィシャルサポーターのグレード

  • 個人プラチナサポーター
    サポート金額:100,000円
    特典グッズ:ルコック社製サイクルジャージ、ピンバッチ、チケットホルダー、2015年大会DVD
    観覧席特典:「選手ピットエリア側観覧席(自由)」及び「スタート・フィニッシュエリア観覧席(指定)」の共通入場券
    その他特典:記者会見やバックヤードの見学ツアー、選手とのハイタッチや記念撮影
  • 個人Aサポーター
    サポート金額:30,000円
    特典グッズ:ルコック社製サイクルジャージ、ピンバッチ、チケットホルダー、2015年大会DVD
    観覧席特典:「スタート・フィニッシュエリア観覧席(指定)」及び「さいたまスーパーアリーナ内立ち見エリア(自由)」の共通入場券
  • 個人Bサポーター
    サポート金額:10,000円
    特典グッズ:シートクッション、サーモステンレスボトル、ピンバッチ、チケットホルダー、2015年大会DVD
    観覧席特典:「さいたまスーパーアリーナ内立ち見エリア(自由)」の入場券

 

いい席で観ようと思ったら結構な金額になりますが、その分特典もかなり貴重なものになります。プラチナサポーターの特典なんてめちゃくちゃすごいですもんね、大会のフェンにとっては選手と触れ合える貴重な体験ができるのでサポーターになる価値はあるかもしれません。

 

Sponsored Link

 

あとがき

今年も熱い戦いが期待できる「2016ツールドフランスさいたまクリテリウム」大会、もちろん先ほどの有料観覧席に入らなくても十分に楽しむことができます。まだ、初開催から回数こそ少ないですがそれでも大会当日は20万人以上の観客を総員するほどの人気ぶりです。

今年の大会もかなり白熱したレースが楽しめるのではないかと今から楽しみですね!ハロウィンもいいですが、さいたま市で行われる一大イベント「2016ツールドフランスさいたまクリテリウム」も楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

kensuke
最後に今年のイベントのPR動画をどうぞ!大会の雰囲気が分かりますよ!

 

 

 

 

tour-de-france-saitama-criterium-2016

記事をシェアしていただけたら嬉しいです