トマトジュースは便秘の解消になる!飲むタイミングはいつが効果的!?

Sponsored Link

便秘の解消に効果的なトマトですが、実はトマトジュースとして摂取した方が便秘解消に有効な栄養素が増えるので、便秘解消効果やダイエット効果の向上が見込めるようになるんです。忙しい毎日を送っていると「スーパーなどでトマトを買って料理して食べる」といったこともなかなかできないですよね。でも、トマトジュースなら飲むだけ、忙しくても簡単に摂取できます。

 

kensuke
今回はトマトジュースの便秘解消効果とトマトジュースを飲む効果的なタイミングについてのお話です。

 

トマトとトマトジュースの栄養素の違い

トマトジュースはトマトに比べて加工の過程で栄養素が落ちてしまいそうですが、意外にもエネルギーやタンパク質、炭水化物などの3大栄養素はトマトとほとんど変わらないんですよ。他にも、含まれているビタミンなどにもあまり変化が見られないので、トマトジュースを飲んでもトマトを摂取したのと同じような栄養素を摂取することができるんですよ!

そして嬉しいことに、トマトジュースには便秘解消やダイエットに効果的なリコピンやペクチンの量がトマトに比べて増えているんです。これは便秘解消効果を狙ってトマトを摂取しようと思っている場合にはかなり嬉しい報せですね!

 

 

トマトジュースが便秘解消に効果的な理由

リコピンが代謝を向上して腸の活動が活性化する

リコピンはトマトに含まれている主要な成分ですが、トマトジュースで摂取することでトマトより摂取量を多くできるんですね。

リコピンには体の新陳代謝を向上させる働きがあって、それによって内臓の温度が上がるので内臓の活動も活発になるんですね。それは腸にも言えることで、腸の活動が活発になると腸のぜん動運動も活性化するので排便がスムーズになる作用が期待できるんですよ。

 

ペクチンが腸内環境の改善してくれる

ペクチンもトマトジュースによる摂取によって増える栄養素のひとつですね。ペクチンは腸内の善玉菌のエサになるので、腸内環境を整えてくれる整腸作用の効果が高いのがポイントです。他にも腸内で水分を吸収して腸に刺激を与えてくれるので、腸の活動を活性化する効果もあるんですよ。

実はトマトジュースにあるとろみの成分はペクチンが多い証拠なんです。トロトロしていると少し飲みにくいかもしれないですが、その方が便秘の解消に効果的な成分が多い証拠なので、できるだけとろみが多いトマトジュースを飲むようにすると高い便秘解消の効果が期待できるんです。

 

食物繊維がバランスよく含まれている

トマトには便秘解消に効果的な水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がバランスよく含まれています。水溶性食物繊維の効果は腸内の善玉菌のエサになることで腸内環境を整えて、便を柔らかくしてくれる効果がありますね。一方、不溶性食物繊維の効果は腸内の水分を吸収して膨張することで腸の壁を刺激して、腸の活動を活性化してくれます。

トマトに含まれている食物繊維はトマト100gに対して、水溶性食物繊維が0.3g、不溶性食物繊維が0.7gになっています。実は食物繊維はこの2つの食物繊維をバランス良く摂取しないと軟便や下痢になったり、便秘が悪化してしまう原因になってしまうんです。1日に摂る水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の比率は、水溶性食物繊維1に対して不溶性食物繊維2が理想的とされているので、トマトに含まれている食物繊維はほぼ理想の割合にあった形で含まれているということなんですね。

 

 

クエン酸が消化液の分泌を促して胃腸の働きを活性化させる

トマトに含まれるクエン酸は消化液の分泌を促して、消化器官の消化や吸収の効率を上げてくれるんです。それによって腸が消化・吸収に使うエネルギーの消費を節約することができるので、余ったエネルギーを排泄の為に使えるようになって排便の機能が高まるんですね。

 

カリウムが血行を良くして老廃物や排便機能を向上させる

カリウムが体に取り込まれると血液の流れが良くなるので、老廃物の排泄機能が向上します。それに連動して腸の活動も活発になるので、腸内にある便がスムーズに排泄されるようになるんですね。

 

マグネシウムが腸内の便を柔らかくしてくれる

マグネシウムが体内に取り込まれると、体内の塩分濃度が一時的に高くなります。それによって体が腸内の塩分濃度を下げようとして、腸内に水分を取り込もうとする働きが起こるんですね。

腸内に水分が取り込まれると、便に水分が補給されて柔らかくなるので、排便がよりスムーズになるんです。他にもマグネシウムには腸の壁の滑りを良くする作用もあるので、便が腸内を滑らかに移動するようになるんですよ。

 

Sponsored Link

 

トマトジュースを飲むタイミングや注意点

トマトジュースを飲むタイミングは夜が効果的

トマトジュースに含まれるリコピンには成長ホルモンの分泌を促す効果があります。ぼく達の体は22〜 翌2時の間の腸のゴールデンタイムに成長ホルモンを分泌するようになっているので、その時間に合わせてリコピンを摂取してあげれば、成長ホルモンの分泌がより活発になるんですよ。そうすることで代謝が上がりやすくなるので、より効果的な便秘解消効果が期待できるようになるんですね!

 

kensuke
寝ている間の代謝が向上すると、ダイエットの効果も期待できます。

トマトジュースを使って便秘解消の効果以外にダイエットの効果も期待するのであれば、夜に飲むのが効果的なんですよ!

 

塩分が気になる人場合は無塩のトマトジュースを選ぶ

トマトジュースには塩分が入っているので、塩分の摂取を控えている場合には塩分量が気になるかもしれないですね。ただ、一般的に販売されているトマトジュースは塩分と一緒にカリウムを摂取することができるので、カリウムの働きで摂取した塩分が体外に排泄されるんです。それなので、塩分については神経質になる程気にすることはないんですよ(肝臓疾患や心臓疾患、高血圧などで塩分を控えなくてはならない持病を持っている場合は除く)

 

kensuke
それでも塩分が気になる場合には、無塩のトマトジュースを選んで飲むようにするといいですね!

 

 

あとがき

便秘の解消に効果的なトマトはトマトジュースとして摂取すると便秘解消効果やダイエット効果が高まるということがわかりましたね。便秘解消のためにトマトを摂ろうとしても、忙しいくてなかなか摂れない場合にはトマトジュースなら飲むだけで、手軽に摂取することができます!便秘解消や美容・ダイエットのためなどにトマトを食生活に取り入れようと思っている場合には、トマトジュースもおすすめです!

 

 

Sponsored Link

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです