記事ごとにアドセンスを非表示に設定するWordPressプラグイン

Sponsored Link

ブログ運営者の多くが利用しているGoogleAdSense(グーグルアドセンス)広告。こちらはクリック報酬型の広告の中では最もクリック単価がよく、記事に対する広告のマッチング精度なども高いのでブログ運営の収益源としては初心者でもかなり使いやすいものですね。

ただ、広告を貼るためのブログ記事に対しての規則も厳しく、違反をしてしまうと即刻アカウントの利用停止処分を受けてしまいます。アカウントの停止を受けないためには規約に引掛る疑いのあるブログ記事にはアドセンス広告を掲載しないのが一番ですが、記事ごとにアドセンス広告を表示しない方法ってどうやるのか……

ぼくの場合にはウィジェットに広告を掲載しているのですが、テーマのコードをいじって設定するのはちょっと……

と思い、WordPressのプラグインを使って特定のカテゴリの記事にだけアドセンスの広告を表示しない方法に辿り着きました。

 

kensuke
ということで、今回は記事ごとにアドセンスを非表示に設定するWordPressプラグインの設定方法についてまとめていきますよ〜

 

アドセンスの規約違反には注意が必要

GoogleAdSenseは使いやすくメリットが多い反面、審査や規約などの制限も厳しく、ポリシー違反をしてしまうとすぐにアカウントの停止を受けてしまいますし、一度停止を受けてしまうとマークされてしまいなかなか復帰するのが難しいものでもあります。

アドセンスが定めている禁止コンテンツは結構多いので、ふとしたときにも規約に引掛ってしまいポリシー違反を犯してしまうことがあるので注意が必要です。アドセンスをブログに導入するときにはしっかりと規約に違反していないか確認してから運用するようにしてくださいね。

 

 

Sponsored Link

 

特定のカテゴリの記事でアドセンス広告の表示/非表示を切替える

WordPressプラグインを使ったアドセンス広告の表示切替え方法

プラグイン名:Display Widgets

Display Widgetsはウィジェットの表示設定を変更することのできる無料のプラグインで、インストールをして有効化するだけで簡単にウィジェットの表示設定をすることができます。

 

ワードプレスのテーマによっては初めからウィジェットの細かい設定ができるものもありますので、一度自分の使っているテーマでウィジェットの設定ができるのか確認してからプラグンをインストールするといいですね。

ぼくは「ハミングバード」というテーマを使っているんですが、このテーマにはウィジェットの部分を直接いじって細かい表示/非表示の設定ができないので、テーマのコードをいじらないで設定する場合にはこちらのプラグインを利用しましょう!

 

 

プラグインの設定方法

インストール

まずはWordPressにDisplay Widgetsをインストールしましょう。インストールはWordPress管理画面の「プラグイン」の「新規追加」からプラグイン検索で「Display Widgets」と入力すれば出てきます。

インストールをしたらそのまま「有効化」で完了です。

 

特定のカテゴリ記事のアドセンス広告を非表示にする

Display Widgetsを有効化したらWordPress管理画面の「外観」→「ウィジェット」と進んで、広告を表示しているウィジェットを選択するとアドセンスコードを入力する欄の下に選択項目が増えているはずです。

 

adsense-plug-in1

 

特定のカテゴリのアドセンス広告を非表示にしたい場合には、「チェックしたページで非表示」を選択してください。

 

adsense-plug-in2

 

そのあとに非表示にしたい記事のカテゴリを選択しましょう。これで右下にある「保存」を押してしまえば設定完了です。

 

adsense-plug-in4

 

この他にも広告表示の設定をタグで切替えたり、記事のIDごとに変更したりすることもできます。

 

kensuke
かなり簡単な設定をするだけで選択したカテゴリでのアドセンス広告を非表示にすることができますね!

 

特定のカテゴリ記事の広告をアドセンス広告から代替広告に切替える

アドセンス広告を非表示にしたのはいいけど、せっかく書いた記事でそれがよく読まれているようなものであれば「出来れば何か他の広告を貼って少しでもマネタイズしたい」なんて考えるのは当たり前だと思います。

Display Widgetsのプラグインでは、アドセンス広告を非表示にした特定のカテゴリの記事に別の代替広告を表示させることができるんです。

 

adsense-plug-in5

 

代替広告を表示する場合には、アドセンス広告を非表示にしたウィジェットに新たな「テキスト」を追加して代替広告のコードを入力します。

 

adsense-plug-in1

 

次に先ほどのアドセンス広告を非表示にしたときとは逆で「チェックしたページで表示」を選択し、アドセンス広告を非表示にしているカテゴリを選んでください。

この設定をすればアドセンス広告が非表示になっている記事で代替広告を表示することができるので、広告を表示しないことによるロスを防ぐことができます。

 

Sponsored Link

 

あとがき

アドセンス広告はブログ運営者にとってはマネタイズの強い味方ですが、かなり規約が厳しいので記事を書くときには注意が必要です。記事を書いていて少しでも不安に感じるのであれば、なるべく外した方が余計な心配をせずにブログ運営・記事の作成に集中できますよ!

持っているアドセンスアカウントは大切にして、記事を書いたからといって小銭を拾おうとするよりは、Googleさんとより良い信頼関係を築いてブログ運営をしていけるように心がけましょう!

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです