新米の時期はいつ!?お米が新米と呼ばれる期間は以外と短い!

Sponsored Link

夏が終わって徐々に涼しくなり秋に近づいてくると、お米の収穫時期にさしかかります。日本の南の方の地域、早いところだと8月から収穫が始まる場所もあり、全国的に9〜10月くらいで収穫を終え新米と呼ばれるお米が出回るようになります。

新米はみずみずしさもあり、お米の粒も際立って美味しいですよね。この新米と呼ばれるお米ですが、一体いつまでのものが新米と呼ばれるのでしょうか?基本的に日本ではお米の収穫時期は同じような時期に収穫されるので、次のお米がとれるまでの期間までは一番新しい年のお米が新米なのでしょうか?

ということで今回はお米が新米と呼ばれる時期についてのお話をまとめていきます。

 

新米の明確な基準はない

新米、新米と皆さん読んでいますが、実を言うと明確な新米の区切りは定義としては決まっていません。ただ、それなりにある法則に沿って新米かそうでないかの表記を分けていることが多いですね。

その法則は、

 

  • 米穀年度
  • JAS法

 

の2つです。

 

 

米穀年度

米穀年度は食糧管理法と呼ばれるお米の収穫基準に合わせて作ったもので、「〜年産のお米」といった感じでお米の学年を表すようなものです。この法則にでは、11月1日〜翌年の10月31日までに生産されたお米をひとつの区切りとして扱います。

 

これを基準にすると一番年度が近いものが「新米」と呼べるものとして扱うということですね。

 

ただ、これだと一番新しい年度のものであればいつのものでも新米となるので、1年近く経ったお米まで新米として扱うことになりますね……

これだと、いくら区分上は新米といえど、時間の経ったお米は新米感が全然感じられないので、個人的には好きではないですね。

 

 

JAS法

JAS法はお米の品質表示を定めているものなので、玄米及び精米の品質表示区分で「新米」という表記ができるのはこれに基づかなくてはいけません。ということで、お米にを販売する上で商品に「新米」という表記をするのかしないのかは、この法則に則っています。

 

JAS法で決められているのは「お米が収穫された年の年末までに精白・包装されたものを精米」だけを新米としているので、年が明けて精米されたものには「新米」の表記がなくなっています。

 

kensuke
商品にある表示を新米の基準にするのであれば、収穫された年の中に包装されたものということになりますね。新米の表記がされているものが販売されているのは翌年の年初めか、長くても春くらいまででしょう。

 

 

 

新米と古米の見分け方

新米と古米の違いは特に食べたときに大きく差が出てきます。両者の特徴として、

 

新米

お米の白さが際立っていてツヤがあり、食感はとても柔らかくて、粘りと香りが豊かです。

 

古米

食感が新米に比べてかたく、粘りが少なくなっています。それから古米臭があるのも特徴ですね。

 

という感じです。

 

kensuke
お米の劣化を知る方法としては、お米の中に手を入れたときに白い粉がついてくるようであれば、お米が酸化していて、欠けたり劣化している証拠ですね。

 

 

新米を求めるのであれば精米日をチェックしよう

お米は精米したときから徐々に劣化が始まってくるので、お米を購入する場合には精米日が少しでも新しいものを選ぶと劣化していないものを選ぶことができます。

 

kensuke
新米の表記だけに惑わされすに、実際の精米日を基準にすることがより劣化の少ない美味しいお米を選ぶ秘訣です。

 

Sponsored Link

 

あとがき

新米であるかどうかの基準はJAS法による基準を参考にした方が、表記できる期間も短いので新米感があります。これによれば新米になるのはだいたい収穫して2〜3ヶ月以内に精米したものということになりますからね。これならお米が新米と呼ばれる期間は結構短いので、それこそ新米って感じがします。

 

kensuke
ただ、ぼく個人としては結局は味が重要なので、最終的には精米日が重要ですね!

 

新米を美味しく炊くコツは別の記事(新米の美味しい炊き方のコツは水加減!土鍋で炊けばふっくら仕上げに)にまとめていますので、ご参考ください。

 

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です