新米の時期はいつ!?お米が新米と呼ばれる期間は以外と短い!

スポンサーリンク

夏が終わって徐々に涼しくなり秋に近づいてくると、お米の収穫時期にさしかかります。日本の南の方の地域、早いところだと8月から収穫が始まる場所もあり、全国的に9〜10月くらいで収穫を終え新米と呼ばれるお米が出回るようになります。

新米はみずみずしさもあり、お米の粒も際立って美味しいですよね。この新米と呼ばれるお米ですが、一体いつまでのものが新米と呼ばれるのでしょうか?基本的に日本ではお米の収穫時期は同じような時期に収穫されるので、次のお米がとれるまでの期間までは一番新しい年のお米が新米なのでしょうか?

ということで今回はお米が新米と呼ばれる時期についてのお話をまとめていきます。

 

新米の明確な基準はない

新米、新米と皆さん読んでいますが、実を言うと明確な新米の区切りは定義としては決まっていません。ただ、それなりにある法則に沿って新米かそうでないかの表記を分けていることが多いですね。

その法則は、

 

  • 米穀年度
  • JAS法

 

の2つです。

 

 

米穀年度

米穀年度は食糧管理法と呼ばれるお米の収穫基準に合わせて作ったもので、「〜年産のお米」といった感じでお米の学年を表すようなものです。この法則にでは、11月1日〜翌年の10月31日までに生産されたお米をひとつの区切りとして扱います。

 

これを基準にすると一番年度が近いものが「新米」と呼べるものとして扱うということですね。

 

ただ、これだと一番新しい年度のものであればいつのものでも新米となるので、1年近く経ったお米まで新米として扱うことになりますね……

これだと、いくら区分上は新米といえど、時間の経ったお米は新米感が全然感じられないので、個人的には好きではないですね。

 

 

JAS法

JAS法はお米の品質表示を定めているものなので、玄米及び精米の品質表示区分で「新米」という表記ができるのはこれに基づかなくてはいけません。ということで、お米にを販売する上で商品に「新米」という表記をするのかしないのかは、この法則に則っています。

 

JAS法で決められているのは「お米が収穫された年の年末までに精白・包装されたものを精米」だけを新米としているので、年が明けて精米されたものには「新米」の表記がなくなっています。

 

kensuke
商品にある表示を新米の基準にするのであれば、収穫された年の中に包装されたものということになりますね。新米の表記がされているものが販売されているのは翌年の年初めか、長くても春くらいまででしょう。

 

 

 

新米と古米の見分け方

新米と古米の違いは特に食べたときに大きく差が出てきます。両者の特徴として、

 

新米

お米の白さが際立っていてツヤがあり、食感はとても柔らかくて、粘りと香りが豊かです。

 

古米

食感が新米に比べてかたく、粘りが少なくなっています。それから古米臭があるのも特徴ですね。

 

という感じです。

 

kensuke
お米の劣化を知る方法としては、お米の中に手を入れたときに白い粉がついてくるようであれば、お米が酸化していて、欠けたり劣化している証拠ですね。

 

 

新米を求めるのであれば精米日をチェックしよう

お米は精米したときから徐々に劣化が始まってくるので、お米を購入する場合には精米日が少しでも新しいものを選ぶと劣化していないものを選ぶことができます。

 

kensuke
新米の表記だけに惑わされすに、実際の精米日を基準にすることがより劣化の少ない美味しいお米を選ぶ秘訣です。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

新米であるかどうかの基準はJAS法による基準を参考にした方が、表記できる期間も短いので新米感があります。これによれば新米になるのはだいたい収穫して2〜3ヶ月以内に精米したものということになりますからね。これならお米が新米と呼ばれる期間は結構短いので、それこそ新米って感じがします。

 

kensuke
ただ、ぼく個人としては結局は味が重要なので、最終的には精米日が重要ですね!

 

新米を美味しく炊くコツは別の記事(新米の美味しい炊き方のコツは水加減!土鍋で炊けばふっくら仕上げに)にまとめていますので、ご参考ください。

 

 

 

 

自分の趣味や好きなことが人の役に立って収入になる!

結婚して子育てや家のことをしながら働くのって大変じゃないですか? 子供も落ち着いたし、多少は時間はあるもののパートなどに出るのもちょっと微妙で……

ぼくの周りにはそんな友人が多いのですが、「就職するよりも家でできる仕事があれば一番良い!」という意見がほとんどです。

 

 

ぼくの友人にはそんな悩みから解放されるために、ネットをうまく利用して自分の趣味や好きなことを副業にしている方がいます。しかも、特に難しいことはしていません(笑)

ココナラ という自分の趣味や好きなことをサービスにすることができるサイトを使っていました。

彼女は旅行が好きなので、「旅行に出かけるときのプランを一緒に立てるお手伝い」をしたり、子育てもしているので「出産や子育ての相談」をしています。

しかも、お金をいただきながら ^ ^

 

 

ぼくも初めは「そんなのお金にならないよ……」なんて思っていたのですが、ちょっとしたことでも必要としてくれる方っているんですよね。

 

例えば、

・恋愛に悩んだときに誰かに相談したい

・浮気や不倫について誰かに話を聞いて欲しい

・脱毛しようと思うけど、体験した人の話を聞いてみたい

・カメラを買うのに、どれを買えばいいのかわからないので誰かに相談にのって欲しい

 

他にも色々な悩みがありますが、悩みを抱えつつも周りに相談ができないで悩んでいる方も結構いるんです。

もし、自分の経験がそんな人のためになって、喜んでもらえたら嬉しいですよね!?

自分の中では「そんな大したことじゃないから……」と思っていたことは、他の人からしてみたら実はかなりすごいことだったりするんです。

 

 

他のサービスでも、

・今まで色々な恋愛をしてきたから、デートプランを考える

・絵が得意なので、似顔絵やイラストを描いてあげる

・楽器が弾けるけど、初心者向けに楽器始め方の相談を受ける

・車を買うときの選び方や保険についての相談にのる

なんてことで、自分の趣味や得意なことでお金をいただいていたりします。

 

 

転職経験の多い親友は、 「転職の相談・アドバイス」や「ESの作成や添削」などをしていますね。

世間では夏休みの宿題代行なんてビジネスまで存在するくらいなんですから、意外なものでお金がいただけたりするんです。

 

 

ダメ元でもいいので、自分の得意なことをサービスにして出品してみたら、意外なほど人気が出るかもしれませんね!

初めは自身がないかもしれませんので、ワンコインとか定額でサービスを出品してみるといいですよ。

サービスを買ってもらえたときはめちゃくちゃ嬉しいですし、自分の中でもかなり自身になります。

人気が出てきたらそこから新たなビジネスにしてもいいですね。自分の好きなことが人の役に立って、しかもお金もいただけるなんて、こんな素敵なお仕事はないです。

 

 

とりあえず、登録(無料) すれば色々な人が出しているサービスを見ることができるので、登録だけしてみて、どんなサービスが出ているのか見ているだででも面白いですよ ^ ^

「こんなものまでサービスになるの?」って驚きのものまでありますので、それを見ているだけでも楽しいです。

 

 

ちなみに、登録すると自分でもサービスを購入することもできるので、面白いものがあったら使ってみると良いですよ!

ぼくは「イラスト作成」や「ロゴ作成」「ブログ相談」なんかのサービスを使いました。

500円とか1,000円のサービスがあるので、格安なのが嬉しいですし、ぼくは絵を描くのが苦手なので、そういうもが得意な人に手伝ってもらってかなり助かりました!

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です