イチゴ狩りの時期(シーズン)はいつ?関東・関西・北海道・九州で違う

スポンサーリンク

甘酸っぱくて美味しいイチゴ、子供から大人まで人気のある果物ですよね?このイチゴはイチゴ狩りに出かけて現地で採りたてのものを食べるのはまた格別な美味しさがあるので、毎年出かけている方もいらっしゃるでしょう。

ぼくはそこまで頻繁には行っていなかったのですが、久しぶりにイチゴが食べたくなり、イチゴ狩りのベストシーズンについて調べてみました。調べるまでは、イチゴ狩りの時期(シーズン)って個人的には春先くらいだと思っていたのですが、意外と違ったんですね……

ということで、こちらの記事では、「イチゴ狩りの時期(シーズン)がいつなのか?」についてまとめていますので、イチゴ狩りにお出かけする予定のある方は、ぜひ、ご参考にしてください。

 

イチゴ狩りの時期(シーズン)はいつ?関東・関西・北海道・九州で違う

まずはこの記事の中でもキモである、「イチゴ狩りの時期はいつなのか?」についてから話を進めていきます。

全国的にみてイチゴ狩りの時期(シーズン)は、日本ではほとんどの地域で1月から5月のゴールデンウィーク明けくらいまでがシーズンになっていることが多いです。あとは同じ地域でも、気候などの違いよって若干の差があって、北海道などの関東以北だと、7月くらいまでイチゴ狩りが楽しめる地域もあったりします。関東圏でも長野県などの比較的気候が涼しい地域では、6月下旬くらいまでイチゴ狩りが楽しめたりもできるんですよ。イチゴの成長にはある程度の「寒さ」が必要になってくるということですね。

逆に、九州や関西地方などの南の方では、12月からイチゴ狩りを楽しめる地域がある分、比較的早い時期に終了してしまうこともあります。関東近郊でも千葉県や埼玉県、静岡県などの暖かい場所であれば、12月からイチゴ狩りがオープンする農園もあるんですよ!

イチゴ狩りの時期(シーズン)

  • 全国的に1月から5月の中旬くらいまでがシーズン
  • 九州など暖かい地域では12月から楽しめる分、早く終了してしまう
  • 東北の一部の地域や北海道など寒い地域では7月頃まで楽しめるところもある
  • 北陸や関東の涼しい地域では6月下旬まで楽しめるところもある

 

kensuke
同じ地域でも農園によって変わってくるので、事前に電話やホームページで確認をしてから出かけるようにしましょう!

 

スポンサーリンク

 

イチゴが美味しい時期

イチゴの旬っていつだかわかりますか?せっかくイチゴ狩りを楽しむのであれば、美味しいイチゴを食べたいですよね!ぼくはイチゴって春の果物のイメージがあったので、「3〜4月頃が一番美味しいだろう」と思っていたのですが、実は全然違っていました。今までの感覚はなんだったのか……(笑)

確かに、イチゴの旬の時期は春で、5月が旬だなんて話もあります。ただ、この5月のイチゴが美味しいという話はあくまでも、露地栽培(屋外の畑で栽培すること、ハウス栽培ではないということですね)がされているイチゴのことで、ハウスなどで栽培されているイチゴの場合には違ってくるんです。

基本的にイチゴ狩りができるような農園では、イチゴをハウス栽培で育てていますので、イチゴが一番美味しくなる時期が違ってきます。こうしたハウス栽培で成長したイチゴは、基本的に寒い時期の方が実はイチゴの糖度が高くなって甘くなる傾向があります。

それが、3月後半など暖かくなってくると、逆にイチゴがだんだんと小粒になり、水気も増えて甘みが薄まってしまうんですね。寒い方がイチゴの成長もゆっくりそうなので、「甘くならないのではないかな?」と思っていたのですが、逆でした(笑)

実はイチゴは寒い場所で育てられて成長が遅くなると、粒の中にじっくりと糖分が蓄えられるようになるんです。確かに、同じ大きさの中で水分が多くなると甘さが減ってしまいそうですよね。

ということで、イチゴの美味しい時期は、九州〜関東くらいまでだと1〜3月初旬、涼しい地域でも3月下旬くらいまでが美味しい時期と言えます! 

 

時期によってイチゴ狩りの値段も変わる

いちご狩りは時期によって値段が変わってきます。ぼくもそれについては知らなかったのですが、イチゴ狩りに行くために色々と調べていたら、そんな情報にたどり着きました。ラッキー!(笑)

先ほどもお話ししましたが、基本的にイチゴ狩りは寒い時期ほど生産量が少なく、しかも甘くて美味しいので、イチゴ狩りが始まったばかりの12〜1月あたりが一番料金が高くなります。確かに、美味しくて数も少ないのであれば、みんな食べたくなりますからね、これには頷けます。そして2月の半ば頃から3月あたりには一度値段が下がり、それから4月や5月に入るとさらに下がったりもするんです。

これは、なかなかいい情報を得ましたが、あとは味の問題になってくるのでしょうか……

めちゃくちゃ甘くて美味しいイチゴを食べるなら、料金は高い。どんどん甘さがなくなってくれば料金は安くなる。どこで折り合いをつけるかが鍵になってきそうです。

 

いちご狩りに行くタイミング

イチゴ狩りが始まったばかりの1月や2月はまだ寒いので、イチゴの糖度はあり、甘みが高いのが特徴なので、甘くて美味しいイチゴを食べるのであれば、1年間の中ではこのタイミングがベストです。ただ、この時期は気温が低いので、イチゴの成長が遅くなり、身ができてから熟すまでに4〜5日程度の時間がかかります。

ということは、土日などお客さんの多い日の後にはなかなかいいイチゴがなかったり、イチゴ自体の数が少なかったりすることもあります。せっかくイチゴ狩りに行ったのに、思う存分楽しめなかったら、ショックですよね。なので、この季節には週末や連休明けなどにイチゴ狩りに行くのはあまりオススメしません。平日に行くのであれば月曜日や火曜日などは避けて、なるべく木曜日や金曜日に行くと、混雑も少なくて美味しいイチゴをたくさん食べることができます。

あとは、そうした理由から、逆にイチゴ農園の方が土日しか営業を行わない場合もあります。イチゴ狩りに行くときには、事前に連絡を入れて確認をするようにしてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

値下げ後に行くのもオススメ

先ほども出てきましたが、イチゴの狩りの料金の値下げを狙って行くのであれば、料金が変更になった直後に行くのをオススメします。早ければ2月の半ば頃から下がるところもあるので、なるべく早い時期であれば、イチゴもまだまだ甘くて美味しいですし、料金も安くなっているのでお得ですよ。

 

美味しいイチゴはどんなもの?

せっかくイチゴ狩りに行ったのであれば、現地で採りたての美味しいイチゴを食べるのが一番の楽しみですよね?ということで、こちらでは、イチゴ狩りのときに美味しいイチゴを食べるためのコツについてご紹介します。

 

形や大きさよりも完熟しているものが美味しいイチゴ

イチゴ狩りに行ったときには完熟しているものを選ぶようにしましょう。なぜなら、正にそのときに食べるからです(笑)完熟したイチゴって、かなり傷つきやすくて、ちょっとしてことでも潰れたりしてしまうので、パックなどに詰めることができず、なかなか市場には出回らないんですね。

せっかくイチゴ狩りに行ったのであればそういった貴重なイチゴを食べるようにしましょう。そういった完熟のものは小さくても、形が悪くても味は一品です。特にケーキの飾りなどに使うわけでもないですし、見た目にはこだわらず、真っ赤な色のいいものを選ぶようにしてくださいね。形が綺麗なものや大きい粒のものを選んでも、根元が白かったりして熟していなものは、完熟したものに比べて甘さが落ちます。イチゴ狩りでイチゴを食べるときには見た目に騙されてはいけませんよ〜

 

一粒のイチゴで二度美味しい食べ方

実はイチゴは同じ一粒の中でも糖度に偏りがあって、ヘタのついている根元の部分と先の部分では甘さが違うんです。一口で丸ごと食べるのもいいですが、たまには違った食べ方もして、イチゴの味を楽しんでみましょう。

一粒のイチゴで二度美味しさを味わうには、まずはヘタのついている根元の方から食べます。こちらの方が糖度が低くて甘さが控えめなのですが、そのあとに糖度の高い先の方を食べるとイチゴの甘さが際立って美味しく感じることができるんです。

なかなか通な楽しみ方ですが、ぜひ試してみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

イチゴ狩りに行くときに注意すること

こちらではイチゴ狩りに行くときに注意したいことについて解説していきます。ぼくがイチゴ狩りに行くときに一番注意していることが、「予約」についてです。

イチゴ狩りはシーズン中だからといって、いつでも開催されているわけではありません。事前に必ず開催状況を確認しておくようにしましょう。調べてみると、予約が必要なこともあるので注意してくださいね。特に土日や春休みは混雑することもあるので、人気や話題の場所は早めに予約が埋まってしまうこともあります。予定が組めたら早めに確認して押さえておくけば、直前になって「予約が取れないっ!」なんて慌てなくてすみますよ!

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

イチゴ狩りのシーズンは基本的には1〜5月中ばくらいということでした。ただ、シーズンはそれなりに長いとは言え、できるだけ寒い時期の方が美味しいイチゴを食べることができるので、「いつ行くのか?」については、「美味しさ」と「料金」を天秤にかけて決めるようにするといいかもしれません。

あとは人気や話題の場所は混雑したり、すぐに予約が埋まってしまうので、できるだけ早めに予約を取るようにするといいですよ!

イチゴの美味しい時期を狙って、イチゴ狩りを思い切り楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです