福田典子アナウンサーが毎日放送を退職してテレビ東京に入社した理由

the-retirement-reason-noriko-hukuda
Sponsored Link

テレビ東京の人気番組「モヤモヤさま〜ず」の3代目アシスタントに福田典子アナウンサーが抜擢されましたね。福田アナウンサーは元々は福岡のテレビ局RKB毎日放送に所属するアナウンサーでしたが、2016年6月に同局を退職し、8月1日から都内にあるテレビ東京のアナウンサーとしてテレ東に入社したばかりです。

いきなり人気番組の担当になるってことはかなり期待されている証拠でしょうね。ただ、アナウンサーが退職して他の局に入社するのはそんなに多くない話ですよね。福田アナウンサーは毎日放送では3年のキャリアを積んだところでしたので、何か転職する理由があったのでしょうか?

 

kensuke
今回は福田典子アナウンサーが毎日放送を退職してテレビ東京に入社した理由についてまとめていきます!

 

福田典子アナウンサーのプロフィール

福田典子(ふくだ のりこ)
生年月日:1991年2月12日
出身:福岡県福岡市
出身校:立教大学経営学部経営学科
血液型:AB型
活動期間:2013年〜
所属:テレビ東京編成局アナウンス部
職歴:RKB毎日放送(2013〜2016年6月)

参考:Wikipedia

 

福田典子さんは元々はRKB毎日放送のアナウンサーでテレビ東京で初めて中途採用のアナウンサーとして採用されたアナウンサーです。ちなみに同時期に北海道テレビ放送の西野アナウンサーもテレビ東京に入社していますね(西野アナウンサーは7月1日入社)。

福田アナウンサーは6月いっぱいで毎日放送を退社していますが、入社が8月なのは1ヶ月間前職の有休消化をしていたためなんですよ。

 

 

Sponsored Link

 

福田典子アナウンサーがRKB毎日放送を退職した理由

福田アナウンサーが毎日放送退職した理由は「スポーツキャスターになりたかったから」そして「オリンピックの取材をどうしてもしたかったから」と本人が語っています。

福田アナウンサーは毎日放送時代にはスポーツコーナーなども担当して、特に地元福岡のプロ野球球団であるソフトバンクホークスの担当アナウンサーとして、祝勝会などのビールかけなどの取材も経験していました。なので、自身の夢であったスポーツキャスターとしての経験もありますし、地元ではかなりの売れっ子アナウンサーだったみたいですね。ただ、やっぱりオリンピックとなると地方局ではなかなか大きな取材はできなかったようです。

 

東京のキー局であればオリンピックの取材をするチャンスが増える

福田典子アナウンサーはテレビ東京に入社後、いきなりリオオリンピックの速報番組の担当をしました。入社していきなり夢であったオリンピックの番組を担当するなんて本人にとってはかなり嬉しいことであったはずです。

ただ、本人の中で東京のテレビ局に入社した理由は2020年に東京でオリンピックが開催されるということも大きかったようです。東京オリンピックが開催されるときには、開催地であるキー局のアナウンサーであればオリンピックの時期が近づくにつれて取材に行くことができる確率はかなり高まるはず。

選手の取材だけでなく、現地の状況などもより身近に感じて取材できるので地方局から出張して取材するよりもオリンピックについてより多くのことを発信できるのではないでしょうか?

 

オリンピックが終わったらフリーに転身!?

福田アナウンサーは大学3年生のときにはBSフジNEWSで第21期女子大生キャスターを務めていました。ということは、学生時代からアナウンサーになるという目標はきっとあったはず。初めから都内のキー局に入社しなかったのは、当時は就職活動がうまくいかなかったためかもしれませんね。それだけアナウンサーは競争率の激しい世界です。

それでもしっかりとアナウンサーという職業について、人気アナウンサーの地位を確立し、今度は自分の夢に向かってキャリアアップ(決してローカル局がキー局に劣っているとは思いませんが)に向けて夢を実現して行っている姿は素晴らしいですね。

ただ、2020年には彼女の夢である「オリンピックの取材をする」ということがかなりの確率で叶うのではないでしょうか。そうなってくると、彼女のその後です。これだけ自分の夢に向かって自分を高めていける人なので、2020年にその夢が叶ったときにはきっと次の目標を見つけて突き進んでいくはずです。

フリーになることがアナウンサーとしてのキャリアアップとは思いませんが、より幅広い活動を求めてそういった選択肢を選ぶ可能性はありますね。そのときになってみないとわかりませんが、そういった目線で今後の福田アナウンサーの活躍を見ていくのも楽しみのひとつになる気がします。

 

 

福田アナウンサーはモヤさまのアシスタントには適任?

テレビ東京の人気番組である「モヤさま」ですが、その中でも人気要素であるひとつがさま〜ずとアシスタントアナウンサーによる下ネタの絡みです。ただ、これは担当させるアナウンサーには注意しないと、アナウンサーにとってはこれまでのイメージが崩れてしまうので、そのアナウンサーのイメージによってはテレ東側としても被害を受けてしまう可能性もあります。

今回の福田アナウンサーの場合にはまだ、キー局としての露出が他のアナウンサーに比べて少ないのでそこまでキャラが定まっていないはずです。これは逆にテレ東側としてもありがたいことで、たまたまではありますが、狩野アナウンサーの卒業がいいタイミングで重なったので、福田アナウンサーが抜擢されたのかもしれませんね(もちろん本人の人柄や実力もあるとは思いますが)。

 

Sponsored Link

 

あとがき

転職とはいえ入社して2ヶ月ちょっとで人気番組の担当になるとはテレ東側の期待も感じますね。「モヤさま」は人気番組でもあり担当したアナウンサーが人気になるなど、テレ東のアナウンサーにとっては「登竜門」と呼ばれている番組です。

福田アナウンサーは自分の目標や夢に向かって、努力と行動を起こしていける人というイメージがありますので、「モヤさま」を期にアナウンサーとしての人気をもっと高めてオリンピックが開催されるときには、キャスターとしての素晴らしい活躍をしていって欲しいですね!

 

 

the-retirement-reason-noriko-hukuda

記事をシェアしていただけたら嬉しいです