クリスマスにチキンを食べるのはなぜ?由来や理由・起源は?

スポンサーリンク

クリスマスの食卓に並ぶ料理の代表的なものに「チキン」があります。みなさんはクリスマスの「チキン」と聞いてどんなものを思い浮かべますか?ケンタッキーなどで販売されているようなチキン?それとも七面鳥を丸ごと焼いたようなチキン?

色々なものを思い浮かべるとは思いますが、日本でクリスマスに「チキン」を食べるようになった当初は七面鳥のチキンではなく、ケンタッキーのようなチキンが主流でした。でもなぜクリスマスに「チキン」を食べるようになったのでしょうか?

 

kensuke
ということで、今回はクリスマスにチキンを食べる由来や理由・起源についてまとめていきます!

 

クリスマスにチキンを食べるのはなぜ?由来や起源は?

クリスマスにチキンを食べる理由について調べていくと、実はこれが始まりといった明確なものはないんです。ただ、最終的な起源についてはどうも「アメリカ」が発祥のようで、そしてもうひとつ関係しているのは「ヨーロッパ」です。

 

チキンを食べる理由は「牛や豚などを飼育できなかった」から

実はヨーロッパではクリスマスには「チキンを食べる」といった習慣はありませんでした。当時のヨーロッパではクリスマスには牛や豚・羊の肉なんかを食べていたんですね。そして開拓のためにアメリカ大陸に渡った当時のヨーロッパの人々は、慣れない土地だったのでなかなかうまい具合にそうした動物達を飼育することができませんでした。

そうしたときに、その周辺で多く生息していたのが「七面鳥」でした。そこで彼らは手に入りやすい七面鳥をローストにして食べるようになったのが由来していると言われています。

(アメリカの先住民の方が冬を越えるのに困っていたヨーロッパの方々に食材を贈り、その中に七面鳥が入っていたという説もありますよ〜)

 

kensuke
実は七面鳥はアメリカでは縁起物として扱われていて、クリスマス以外にもお祝い事のときなどに食卓に用意されるものでもあるんですよ!

 

スポンサーリンク

 

日本でクリスマスにチキンを食べるようになったのはいつから

日本でクリスマスにチキンを食べるようになったのは1970年代に入ってからと言われています。そして実は日本でクリスマスにチキンを食べるようになった理由は、ケンタッキーが起源ではないかと言われているんです。KFCのHPにはこんな記載があります。

 

ある日、日本に住む外国人の方が青山店で「日本ではターキーが手に入らないので、KFCのチキンでクリスマスを祝おうと思う」とおっしゃって来店されました。これにヒントを得た営業担当者が『クリスマスにはケンタッキー』を広くアピールしようと考えたのです。
そうして、初のクリスマスキャンペーンは1974年12月1日に開始、以降、KFCでは毎年全店でクリスマスキャンペーンを実施しています。
日本のクリスマスは、宗教的な色彩からは少し離れ、どちらかというと、楽しく、あるいはロマンティックに過ごす行事の一つ、生活を彩る催しとして広がってきたようです。

〜中略〜

こうしてKFCのチキンは、「特別な日」、「欧米風のおしゃれな日」、「子どもを喜ばせる日」・・・といった時の“特別なごちそう”として、広くお求めいただくようになりました。
やがて日本では「クリスマはチキン」という風習が根付き、欧米からみると不思議な風物詩として定着することになったのです。

参考:日本KFCホールディングスHP

 

当時の日本では調理用の七面鳥の入手が困難だったこと、そしてたまたまその代わりにケンタッキーのチキンを使おうとした外国人の方がいたこと、そういった偶然が重なって今の「クリスマスにチキンを食べる」といった習慣が広まっていったんですね!

 

kensuke
他にも、当時は七面鳥を調理できるような大きなサイズのオーブンがあまり一般家庭には普及していなかったので、そういった面でも手軽に調理できるチキンが選ばれたという話もあります!

 

 

チキンを食べるのはいつ?

クリスマスといっても24日の「クリスマスイブ」に豪華な料理で祝う家庭もあれば、25日の「クリスマス当日」にそうした料理を並べる家庭もありますよね。実はチキンを食べる日については特に「いつ食べる」といった決まりはないので、各家庭の予定に合わせて日にちを決めればいいんです。

年頃の子供がいる家庭ではしっかりとお互いコミュニケーションをとって、家族で揃って食事をする日を決めておくといいですね!

 

 

あとがき

実は日本でクリスマスに七面鳥ではなくチキンを食べるようになったのは、ケンタッキーの企業としてのキャンペーンがあったからなんですね。ご家庭によっては七面鳥が食卓に並ぶことがあるかもしれませんが、ぼく個人的にはどちらも美味しいので両方出てきても嬉しいです(笑)

 

kensuke
最近ではネットでも手軽に七面鳥を手に入れることができますし、調理機能のついたレンジなどもあるので、自宅での調理にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

自分の趣味や好きなことが人の役に立って収入になる!

結婚して子育てや家のことをしながら働くのって大変じゃないですか? 子供も落ち着いたし、多少は時間はあるもののパートなどに出るのもちょっと微妙で……

ぼくの周りにはそんな友人が多いのですが、「就職するよりも家でできる仕事があれば一番良い!」という意見がほとんどです。

 

 

ぼくの友人にはそんな悩みから解放されるために、ネットをうまく利用して自分の趣味や好きなことを副業にしている方がいます。しかも、特に難しいことはしていません(笑)

ココナラ という自分の趣味や好きなことをサービスにすることができるサイトを使っていました。

彼女は旅行が好きなので、「旅行に出かけるときのプランを一緒に立てるお手伝い」をしたり、子育てもしているので「出産や子育ての相談」をしています。

しかも、お金をいただきながら ^ ^

 

 

ぼくも初めは「そんなのお金にならないよ……」なんて思っていたのですが、ちょっとしたことでも必要としてくれる方っているんですよね。

 

例えば、

・恋愛に悩んだときに誰かに相談したい

・浮気や不倫について誰かに話を聞いて欲しい

・脱毛しようと思うけど、体験した人の話を聞いてみたい

・カメラを買うのに、どれを買えばいいのかわからないので誰かに相談にのって欲しい

 

他にも色々な悩みがありますが、悩みを抱えつつも周りに相談ができないで悩んでいる方も結構いるんです。

もし、自分の経験がそんな人のためになって、喜んでもらえたら嬉しいですよね!?

自分の中では「そんな大したことじゃないから……」と思っていたことは、他の人からしてみたら実はかなりすごいことだったりするんです。

 

 

他のサービスでも、

・今まで色々な恋愛をしてきたから、デートプランを考える

・絵が得意なので、似顔絵やイラストを描いてあげる

・楽器が弾けるけど、初心者向けに楽器始め方の相談を受ける

・車を買うときの選び方や保険についての相談にのる

なんてことで、自分の趣味や得意なことでお金をいただいていたりします。

 

 

転職経験の多い親友は、 「転職の相談・アドバイス」や「ESの作成や添削」などをしていますね。

世間では夏休みの宿題代行なんてビジネスまで存在するくらいなんですから、意外なものでお金がいただけたりするんです。

 

 

ダメ元でもいいので、自分の得意なことをサービスにして出品してみたら、意外なほど人気が出るかもしれませんね!

初めは自身がないかもしれませんので、ワンコインとか定額でサービスを出品してみるといいですよ。

サービスを買ってもらえたときはめちゃくちゃ嬉しいですし、自分の中でもかなり自身になります。

人気が出てきたらそこから新たなビジネスにしてもいいですね。自分の好きなことが人の役に立って、しかもお金もいただけるなんて、こんな素敵なお仕事はないです。

 

 

とりあえず、登録(無料) すれば色々な人が出しているサービスを見ることができるので、登録だけしてみて、どんなサービスが出ているのか見ているだででも面白いですよ ^ ^

「こんなものまでサービスになるの?」って驚きのものまでありますので、それを見ているだけでも楽しいです。

 

 

ちなみに、登録すると自分でもサービスを購入することもできるので、面白いものがあったら使ってみると良いですよ!

ぼくは「イラスト作成」や「ロゴ作成」「ブログ相談」なんかのサービスを使いました。

500円とか1,000円のサービスがあるので、格安なのが嬉しいですし、ぼくは絵を描くのが苦手なので、そういうもが得意な人に手伝ってもらってかなり助かりました!

記事をシェアしていただけたら嬉しいです