国民の祝日【山の日】はいつから?8月11日になった由来や理由とは

Sponsored Link

2016年から8月11日は国民の祝日「山の日」として施行されます。これまで8月には祝日がなかったので、ようやくといった感じですね。学生の頃には8月は夏休みなので、祝日なんてまるで気にしていませんでしたが、社会人になって「祝日」のありがたみを感じるようになりました。

でも、なんで山の日を8月11日にしたんでしょうか、夏といえば「海」「山」だから、7月の海の日に対抗して8月にしたのか……?

ということで今回は山の日が8月11日になった由来や理由についてのお話です。

 

山の日が施行されるのはいつから

冒頭でも話してしまいましたが、山の日は2016年8月11日から施行されます。

この山の日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ということを目的として2014年の5月に制度が制定されました。制定自体は2年前の話なんですね。

 

 

 

山の日の由来

山の日を制定したのは「山の日制定議員連盟」という連盟で、1995年に海の日が施行されてから、「祝日として海の日があるのに山の日がないのは如何なものか……」ということで「山の日」をつくろうという動きが出てきたことから始まりました。

 

日本は海に囲まれ、国土の多くが山であるので海の文化と山の文化によってつくられています。ということで山の日には、こうした美しい自然の文化を次の世代にも残していけるようにという願いも込められているんです。

 

Sponsored Link

 

山の日が8月11日になった理由

実は山の日は初めは6月の第一日曜だった

山の日を決めるときにはいろいろと議論があったみたいで、実は初めは6月の第一日曜を「山の日」にしようという話でした。

 

なぜって……、

6月の第一日曜は全国的に山開きが行われる日だからです。

ただ、この日に対してはいろいろと企業から反対意見が多数寄せられたので取りやめになりました。

 

 

8月12日を山の日で決定!?

ということで、6月がダメになり候補として検討したところ、

 

  • 登山のシーズンである
  • お盆の近くで企業への影響が比較的少ない時期
  • お盆休みを連続させやすい

 

といった理由から、お盆前の8月12日を「山の日」にしよう!という動きが出てきました。

しかし、ここでもまた問題が……

 

8月12日は日本で最大死者数を出した飛行機事故が起きた日であり、このような悲惨な事故が起きた日を祝日にするのは如何なものか……

という反対意見がこれまた出てくることに……

 

 

最終的に8月11日が山の日に決定

ということで上記の理由から、山の日は8月12日から1日ずらして8月11日になりました。

なので、これは完全に後付けだと思われますが8月11日は、

 

  • 8月の「八」が山の形に似ている
  • 11日は木が立ち並んで生えているイメージを連想させる

 

ということで山の日にしたという意味づけもあったりします(笑)

 

 

 

実は山の日は既にあった

実は山の日をつくるためのプロジェクトは2010年から実施されていれ、既に幾つかの府県では条例によって「山の日」を制定している場所もあるんです。

ただ、今回「山の日」が正式に国民の祝日として施行されるということで、ぼくの故郷である群馬県では「山の日を国民の祝日にする」というひとつの目標の達成を受けて、2010年に制定されていた「ぐんま山の日(毎年10月第一日曜日)」を2016年5月に廃止しています。

 

kensuke
「ぐんま山の日」は群馬の山の日なんだから、別にあってもいい気がするけど……

 

 

 

山の日が2016年からの理由

山の日が国民の祝日として制定されたのは2014年の5月、制定自体は2年前の話なんですよ。じゃあなんで制定された年から施行されなかったのか……

それにはちゃんと理由があります。

 

 

企業などへの影響

5月に決まったからといって、「じゃあ今度の8月から施行しましょう」と言ったら、企業などへの影響が半端ないです。数ヶ月後に1日だけとはいえ、いきなり祝日ができてしまうと企業も対応に追われてしまいます。

人の流れも変わってきますし、イベント等などの仕込みもあると思いますので、いきなりその年には無理ですよね。そんなことしたら大バッシングです。

 

 

カレンダーが間に合わない

カレンダーは毎年作るにあたって、その年の祝日や行事を反映させますよね。実はカレンダーは毎年2月頃に次の年のものを作っているんです。

ということは5月に祝日の施行が決まって「じゃあ来年から……」と言ったところで、そこからカレンダーを作り直して……となるとかなり大変です。というか既に用意された2015年の分は台無しです。

 

 

ということで上記の理由などから、2014年に制定された「山の日」は施行による影響の出なくなる最短の年、2年後の2016年に施行されることになったんですね。

 

kensuke
祝日を増やすのも大変なんですね……

 

Sponsored Link

 

あとがき

今回制定された「山の日」ですが、将来的にはハッピーマンデー制度の対象の祝日の予定であるらしいので、そのうち8月11日ではなくなるかもしれません。ただ、ハッピーマンデー制度で日にちをずらすとしたらどこに入れるのか……

お盆の期間に移動させたらあまり意味がない気がします。もしハッピーマンデーで日にちを変えるのであれば、せっかく作った国民の祝日なので、国民みんなが喜ぶような日程に設定して欲しいですね。

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です