さんまにはどんな栄養効果があるのか?実はさんまには美容効果も!?

the-nutrient-effect-of-pacific-saury
Sponsored Link

秋の味覚といえばさんまですが、ここ数年はスーパーなどで一年中さんまを購入することができますよね。でもやっぱりさんまが一番美味しいのは秋の季節。実はこの時期のさんまは脂分が多くて美味しいだけでなくて、栄養価も高いので健康のためにもとても良い食べ物なんです。なんでも旬の食べ物は体に良いってことですね。

 

kensuke
今回はさんまの栄養効果についてまとめていきます。

 

さんまの栄養素

さんまに含まれる栄養素は、

 

  • DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • ヒスチジン
  • 良質なタンパク質

 

などが含まれています。

DHAやEPAは青魚に含まれる不飽和脂肪酸でコレステロール値を低下させたり、脳の機能を向上させたりと健康への効果も高い成分なので積極的にとっていきたいですね。

 

kensuke
旬の時期のさんまにはこれらの栄養素が特に多く含まれているんですよ!

 

 

さんまの内臓は栄養素が豊富に含まれている

味が苦いのであまり食べられることのない魚の内臓ですが、さんまは植物性プランクトンしか食べないことと、旬の時期のさんまは体内に排泄物を止める時間が短いので、比較的苦味が少なくてとても食べやすくなっています。

さんまの内臓の部分には身の部分以上に栄養素が多く含まれていて、

 

  • カルシウム
  • 鉄分
  • ビタミンA
  • ビタミンB12

 

などは、内臓の部分に特に多く含まれている代表的な栄養素です。

 

Sponsored Link

 

さんまの健康効果

記憶力の向上と脳機能低下の防止

さんまにはDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれているんですが、これは青魚に多く含まれるものですね。DHAは脳の働きを活発にしてくれるので、記憶力の向上や脳機能の老化防止の効果を発揮してくれます。受験生や頭を良く使う人だけでなく老化によるボケの防止などの効果もあるので積極的に取り入れたいですね。

 

kensuke
ぼくは受験生のときには良くDHAのサプリメントを摂っていましたが、青魚を積極的に食べれば自然と摂れてしまうものなんですね。

 

 

身体の代謝機能の向上

さんまに含まれるビタミンB群は脂肪の代謝を助ける働きがあるので、元々燃焼によって消費されやすいさんまの脂肪をさらに消費されやすい状態にしてくれます。結果として体全体の代謝が活性化されるので、疲れにくい体を作るのを手助けしてくれます。

 

kensuke
さんまの場合、こうしたビタミンB群は内臓に多いので、積極的に内臓も食べるようにするといいですよ!

 

 

貧血防止と骨の形成

さんまにはカルシウムや鉄分が多く含まれていますが、特に鉄分はヘム鉄という形で存在しています。ヘム鉄は非ヘム鉄のものに比べて体への吸収率が高く、さんまから鉄分を摂ると吸収率が高いので効率良く鉄分を摂取することができます。

 

ヘム鉄と非ヘム鉄の吸収率の違い

  • ヘム鉄は赤身魚の身やレバーなどに多く含まれるものです。体への吸収率は15〜20%なので非ヘム鉄の食材に比べて吸収率が格段に高いですね。
  • 非ヘム鉄は野菜などに多く含まれる鉄分ですが、吸収率は2〜5%とヘム鉄に比べて低いです。

 

kensuke
さんまを食べて効率良く鉄分を摂取することで貧血の予防になりますね!

 

 

コレステロール値を低下させる作用と美容効果

さんまに含まれる不飽和脂肪酸であるEPAは血液をサラサラにする効果があるので、コレステロール値の上昇を防いでくれる効果があります。さらに血液がサラサラになると栄養分や老廃物の流れもスムーズになるので、ニキビや肌荒れなど美容面への効果も期待できるんですよ!

それから、DHAやEPAは体の酸化を防ぐ効果があるんです。体に含まれている油が酸化してしまうと、老化の原因になるので、さんまを食べて体の油を酸化させないようにすることは老化の防止にもなるんです。オイリー肌の人は油が酸化することでニキビの原因になるので、肌の油が酸化しないように注意するといいですね。

 

kensuke
特にさんまの内臓に含まれるビタミンAは体の酸化を防いで肌を強くしてくれる効果があるので、さんまの内臓も積極的に食べるようにしましょう!

 

 

二日酔いにも効果的

さんまを食べることは実は二日酔いにも効果的なんです。

さんまにはナイアシンというビタミンが豊富に含まれていて、このナイアシンはアルコールの分解を助けてくれるビタミンです。さらにさんまに含まれるタウリンは胆汁酸の分泌を活発にしてくれるので、肝機能も向上します。

この2つの成分のおかげで、疲れた肝機能が活性化されて、アルコールの分解機能が高まるんですね!

 

 

 

大根おろしの効果とは

さんまを食べるときのお供としてよく大根おろしが付いてきますよね。この大根おろし、たださんまを食べるのを美味しくするだけでなく、実はさんまを焼いたときにつく焦げに含まれている発がん性物質を破壊してくれる役割があるんです。

大根おろしはさんまを美味しくいただくだけでなく、健康面にも効果的なんですよ。

 

kensuke
大根には消化酵素も含まれているので、消化を助けて胃や腸への負担も減らしてくれます。

 

Sponsored Link

 

あとがき

いかがでしたか?意外にもさんまがぼくたちの体に与えてくれる効果はたくさんありましたね。特にさんまに含まれるこうした栄養素は旬の時期に多く含まれるので、秋のさんまが美味しい時期には積極的にさんまを食べるようにしましょう。

もちろん、内臓も一緒に食べてあげることでよりいっそうさんまの健康効果を享受することができますよ!

 

kensuke
四季のはっきりしている日本では、季節に応じた旬のものは美味しいですよね。そういった食材は美味しいだけでなく、そのときの人間の体に必要な栄養素を多く含んでいるので積極的に摂るようにしましょう!

 

旬のさんま、せっかくなら美味しいものを食べたいですよね!?美味しいさんまの選び方についても書いているので、参考にしてください。

参考記事:さんまの旬の時期はいつからいつまで?美味しいさんまの見分け方とは

 

 

 

 

the-nutrient-effect-of-pacific-saury

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です