台風一過とは?台風一過の意味と手紙で使う場合の使い方

Sponsored Link

日本は台風のとても多い国で、特に夏の暑い時期の前後は台風の発生源である水蒸気が、海水の温度の上昇とともに発生しやすくなるので頻繁に台風による被害が発生します。

ところで、よく台風が通過した後に台風一過という言葉を耳にしますが、この台風一過という言葉の意味は知っていますか?ぼくは小さい頃は台風一過という言葉を耳で聞いていただけだったので、台風一家だと勘違いをしていました。

 

kensuke
ということで、今回は台風一過の意味と台風一過を手紙などで使う場合についてまとめていきます。

 

台風一過とは?台風一過の意味

台風一過とは、台風が過ぎ去って安堵したときに使われる言葉で、

 

  • 台風が通り過ぎた後の晴れやかな天気
  • 騒動などが収まって、晴れ晴れするさま

 

の2つの意味で使われることが多いですね。

台風が通過するときには、通っている最中にはひどい暴風雨に曝されて大変な思いをするけど、通り過ぎた後には高気圧が訪れるので空がカラッと晴れて気持ちの良い天気になることが多いですよね。ということで、台風一過という言葉は基本的にはいい意味で使われる言葉になっています。

 

Sponsored Link

 

台風一過の使い方や手紙で使い場合

台風一過の言葉を日常会話や手紙などの中で使う場合もあるとは思いますが、言葉自体は天候の話でなくても使用することはできます。

手紙などの時候の挨拶で使う場合には、

台風一過、秋色いよいよ増してまいりました。

三省堂Web Dictionary

などの言葉として使いことができますし、

 

天候に関する場合などには、

台風一過の空の下、球技大会が開催された。

と言った感じで使われることが多いですね。

 

日常会話などでは、

社運をかけたプロジェクトが成功して、台風一過の職場模様である。

などといった使い方もできます。

 

kensuke
天候のことでなくても、騒動などの物事を台風に見立てて、それが終わって収まった後の晴れ晴れした感じを表す言葉として使われているんですね。

 

 

 

台風一過の後に晴天になる理由

台風が過ぎ去った台風一過のときには空がカラッと晴れて、気持ちのいい天気になる場合が多いですよね。

実は台風が日本の付近を通過するときには気圧の谷間が出来ていて、太平洋側にある高気圧と中国大陸側にある高気圧の間にできた気圧の谷間にちょうど日本列島がスッポリとハマっている気圧配置になることが多いんですね。そうなると低気圧である台風はその谷間の部分を通過するように進路をとるので、台風が日本列島に上陸することが多くなります。これが日本に台風が多く訪れる理由ですね。

この台風が通り過ぎるときには台風の後ろから高気圧が流れてきてくれるので、台風の通過後には日本列島を覆っていた低気圧が高気圧に変わって、日本列島全体が高気圧で覆われるので全国的に晴れることが多くなるんです。

 

それから、台風が通過するときには通過した場所の湿気や空気中に浮かんでいるホコリやゴミなども一緒に奪い取りながら進んでいってくれるので、空の空気も澄んでカラッとした天気になるんですね。

 

kensuke
台風一過の空はカラッとしていて気持ちがいいので、ぼくは大好きです。

 

Sponsored Link

 

あとがき

台風一過という言葉は一年の内でも夏場付近に多い言葉なので、なかなか使う機会のない言葉ですが、基本的には良い意味で使われる言葉です。時々、台風が過ぎ去った後の被害の状況から悪いイメージで使う人もいますが、決してそう言った意味で使いことはないので、勘違いをしないように注意してくださいね!

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です