クリスマスイブの本当の意味とは?クリスマスとの違いは何?

Sponsored Link

1年の終わりにある一大イベントといえばクリスマスがありますよね。家族で祝ったり恋人と楽しんだり様々な楽しみ方があると思いますが、現在は24日のクリスマスイブと25日のクリスマスと2日間で祝うことが多いですよね。

でも実は、クリスマスイブとクリスマスの本当の意味は現在使われているような24日と25日の2日間に分けるものではなく、同じ日を指しているものなんですよ!

 

kensuke
ということで、今回はクリスマスイブの本当の意味とクリスマスイブとクリスマスの違いについてまとめていきますよ〜

 

そもそもクリスマスとは何の日?

そもそもクリスマスとは「キリスト教」の行事のひとつで、救世主である「イエス・キリスト」の誕生日である12月25日を祝うための日です。クリスマスは英語表記にすると「christmas」でこれは「christ(キリスト)」と「mas(ミサ)」の2つの単語から成り立っています。

「christ」はもちろん「イエス・キリスト」のことを指しますが、「mas(mass)」は教会で行う礼拝のことを指すんです。もともと「christmas(クリスマス)」とは「キリストの誕生日にお祈りをする」というところからきているんですね!

 

クリスマスイブとは?

クリスマスイブの「イブ」は英語にするとわかりやすいです。クリスマスイブの「イブ」は英語に直すと「Eve」で「Evening」の略で「夕方」や「晩」を指す言葉ですね。ということでクリスマスイブとは「クリスマスの日の夕方や晩」を指す言葉なので、本来は25日の夜を指すんですが、現在の24日になっているのにはある理由があるんです。

 

kensuke
次はクリスマスイブが24日の理由についてご紹介しますよ〜

 

クリスマスイブが24日の理由

クリスマスイブが24日になったのには理由があってクリスマスを決めたときの「暦」が関係しているんです。実はクリスマスを制定したときにはユダヤ教の暦を使ったので、クリスマスは現在の24日の日没からになっているんですよ。

教会の暦では1日の変わり目というのは「日没」になっています。それなので、現在の使われているものに照らし合わせると24日の日没からがクリスマスの日付に入っているんですね。なのでキリスト教で神様への礼拝の儀式が行われるのは24日の日没〜25日の日没まで(教会暦の1日)となっているので、本当のクリスマスとはここにあたるんです。

ちょっとわかりにくいので、まとめてみると、

クリスマスイブとクリスマスの違い

クリスマスイブ 24日の日没から25日の0時(24日の24時)

クリスマス   24日の日没から25日の日没

となります。

現在使われている24時を日付の変更基準とするとこんな感じになりますね。

 

kensuke
ということで、クリスマスイブとは本来は「クリスマスの日の中のある一定の時間」なんですね!

 

 

海外と日本のクリスマスの違い

日本では恋人と過ごすといったイメージの強いクリスマスですが、海外ではそうした傾向はあまり強くなくて、むしろ家族でそろっってクリスマスを過ごすといった傾向が強いです。

 

海外のクリスマスの過ごし方

海外では日本よりもキリスト教信者が多い傾向があるのですが、キリスト教の信者でなくてもクリスマスには家族そろってお祝いをする傾向があります。これはどちらかというとお正月に近い感じで、みんなでゆっくり過ごすのが風習になっているんですね。

海外の企業ではクリスマスの前になると休暇を設けている場合も多くて、そのままクリスマスホリデーに入って年を越す企業もあったりするんです。他にも日本ではクリスマスが終わったらクリスマスツリーや飾りは片付けますが、海外ではクリスマスが終わった後も年越しまで残している国も多いんですよ!

 

日本のクリスマスの過ごし方

一方、日本ではクリスマスには恋人と過ごすといったイメージが強いですよね。海外と違ってクリスマス休暇などもないので、クリスマスイブやクリスマスが平日に当たった年には、仕事があることが普通です。仕事帰りに予定を合わせて恋人とデートをしている風景をよく見かけますよね。

日本でクリスマスを家族で過ごさないのはその1週間後にある年末年始に帰省をして家族と過ごす機会があるからかもしれません。忙しい1年の終わりに恋人と過ごして、年の締めと始まりには家族と過ごす。日本らしい良い習慣ではないでしょうか。

 

 

あとがき

クリスマスイブとは本来はクリスマスの日の一部で、24日と25日に別れているわけではなかったんですね。日本では恋人とすごすことの多いクリスマスですが、最近では24日を恋人と25日を家族で過ごすといった感じで、過ごし方を分けている方もよく見かけます。

どちらにせよ、特に師走の時期で忙しい12月なので、1年の終わりに恋人や家族とゆっくり過ごせる機会があるのは良いことではないでしょうか。仕事で忙しいかもしれませんが、たまにはこうしたイベントの日はゆっくりと時間を作るのも良いかもしれませんよ!

 

 

Sponsored Link

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです