下痢の時は水分不足に!?おすすめの水分補給方法と注意すべきこと

Sponsored Link

下痢の症状が発症したときには下痢を悪化させてしまうことがあるので、水分補給はできるだけしない方がいいという話がありますが、実際にはそれは体に良くありません。下痢の症状が発症しているときには逆に体の水分やミネラル分が排泄されてしまうので、しっかりと水分を補給してあげる必要があるんですよ。

 

kensuke
今回は下痢のときの水分補給と効果的な水分補給方法についてまとめていきますよ〜

 

下痢の時ほど水分補給をすべき

下痢の症状が発症しているときには体の水分やミネラル分が不足する

下痢のときには体の中にあるの水分量が多すぎるので、水分を摂らないようにすれば下痢が止められるなんて話を聞いたことがあるかもしれないですが、実はこれは大きな間違いなんです!

実際に下痢の症状を発症したときには、下痢便と共に水分や体にあるカリウムや塩分などのミネラル類も一緒に排泄されてしまいます。それをそのままの状態で水分を摂らないでいると、体が水分不足になってしまい脱水症状になってしまう恐れがあるんですね。

一緒にミネラル類も排泄されてしまうので、下痢を止めるどころか体全体の機能が支障をきたし出して、体調が悪くなる原因になってしまうんです。下痢の症状が発症したときにはできるだけたくさんの水分とミネラル類を摂取するようにする方が、実は体のためになるんです。

 

水分と健康の関係

人間の体の60%は水分で構成されているんですが、体から1%の水分が失われると喉が渇き、3〜5%失われると頭痛やめまいなどの症状が発生すると言われています。そこからさらに5%失われることで脱水症状や熱中症などの症状があらわれて、15%失われると生命活動の維持にも支障をきたし、最終的に20%失われると命を落とす危険もあるんですよ……

 

kensuke
実は水分不足やミネラル不足はかなり怖い症状でもあるんです……

 

Sponsored Link

 

おすすめの水分補給方法

胃や腸が吸収しやすいもので摂取する

水分を摂取するときにはただの水でも多少は効果はありますが、下痢のときにはミネラル類も排泄されてしまっているので、なるべくそうしたものも一緒に摂取するように心がけるといいですね。

それから、下痢の症状が発症しているときには胃や腸の働きが通常とは違った状態になっているので、なるべく負担のかけない吸収率の高くて水分の保持効果の高いもので水分を摂取してあげると効果的です!

水分補給といえばスポーツドリンクなどをイメージするかもしれませんね。実際にそうしたものは水分補給には適していますが、スポーツドリンクも種類によって体への吸収率が違ってくるんです。下痢の症状のときには胃や腸からの吸収率の高くて水分の保持効果も高いハイポトニック系のスポーツドリンクを選ぶのがおすすめです!

 

体の吸収率が高いのはハイポトニック系のスポーツドリンク

水分の体への吸収率の違いは、浸透圧が体液に近いかどうかで決まってきます。ハイポトニック系のスポーツドリンクはポカリスエットなどのアイソトニック系のスポーツドリンクと比べて体への吸収率が高いのが特徴なんです。そして、ただの水に比べて体内での水分保持効果も高いので、下痢の症状が出ているときの水分補給としては効果的な飲み物なんですね!

 

kensuke
アイソトニック系のスポーツドリンク、ハイポトニック系のスポーツドリンクと言われてもなかなか馴染みがないと思いますので、代表的なものを紹介しますね!

 

 アイソトニック系のスポーツドリンク

  • ポカリスエット
  • アクエリアス
  • ゲータレード
 ハイポトニック系のスポーツドリンク

  • スーパーH2O
  • アミノバイタル
  • ヴァームウォーター

 

下痢のときに水分補給として摂取するのであれば、アイソトニック系のスポーツドリンでも薄めてあげることでハイポトニック系のスポーツドリンクと同じような吸収率にすることもできます。

体への吸収率との関係は飲み物に含まれる糖質の量との関係になってくるので、アイソトニック系のスポーツドリンクを2〜3倍程度に薄めてあげるとハイポトニック系のスポーツドリンクと同じような吸収率で体に摂取されるようになるんですよ!

 

 

水分補給をするときに注意すべきこと

水分を摂取するときは体を冷やさないようにする

水分を摂取するときにはなるべく体を冷やさないように、常温のものか温めたもので水分を摂取するとことをおすすめします。水分を摂取するときに冷たいもので体を冷やしてしまうと、内臓の機能を鈍らせてしまったり、新陳代謝が低下してしまうので、下痢の症状で弱っている体へ別の悪影響も出てきてしまう恐れもあるからです。

 

 

あとがき

下痢の症状を止めるためには、水分の摂取量でコントロールするのではなくて、腸の状態を元に戻すような努力をするのが最も効果的な方法です。下痢になるときの腸の異常はストレスが影響していることも多いので、生活習慣などを見直して、ストレスの原因を取り除いたり、うまくストレスを解消するようにするのも効果的ですね。

 

kensuke
下痢の症状が発症しているときには体の水分やミネラル分が排泄されてしまうので、しっかりと補給するようにしましょう!

 

Sponsored Link

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです