ワンセグとフルセグの違いとは?画質以外に受信感度にも違いがある!

Sponsored Link

ワンセグとフルセグ耳にしたことがある言葉ですが、あまり違いをわからずに使っている方も多いのではないでしょうか?

どちらもTVを視聴するためのデータの受信形式なのですが、2つの間には大きな違いがあります。特にカーナビなどの購入を検討している場合には、しっかりと違いを理解して購入することで買った後に後悔することもなくなりますよ!

ということで今回はワンセグとフルセグの違いについてのお話です。

 

ワンセグとフルセグの違い

ワンセグとフルセグは簡単に言うとどちらも携帯端末向けの異常はデジタル放送のことです。どちらも電波を受信してTVを観るといったことに違いはありませんが、この2つで決定的に違うのは画質です。

ワンセグは画質が荒く動きも滑らかではないのに比べて、フルセグは自宅にあるTVを観るのとほとんど変わらないくらいの高画質の画像を携帯端末で観ることができるんです。

 

kensuke
いつもフルセグでTVを観ていた人がワンセグで観ると結構ストレスを感じますよ!

 

 

 

画質の差は名前の通りセグメントの違いによるもの

「ワンセグ」「フルセグ」って言いますが、2つの言葉の後ろについている「セグ」は「セグメント」の略で、本来は「区分けされた部分」という意味を持つ言葉です。ただ、この場合にはTVなどの放送データの送受信に使う電波帯のことを指します。

この電波帯をひとつしか使っていないのがワンセグ(ワンセグメント)で、たくさん(12個)使っているのがフルセグ(フルセグメント)なんです。

 

kensuke
フルセグはワンセグに比べて12倍もの画像や音声のデータが受け取れるので画質が綺麗で動きも滑らかなんですね!

 

Sponsored Link

 

フルセグを使う場合のデメリット

「画質も綺麗で動きも滑らか」といいとこばかりのフルセグですが、ワンセグに比べてデメリットももちろんあります。

 

 

電波の受信感度が悪い

フルセグの場合は通常のTVの電波と同じものを受信してTVを視聴します。自宅のTVなどの場合には電屋外にアンテナを立てて電波の受信を上手くできるようにしていますが、スマホなどの携帯端末でフルセグの電波を受信する場合には端末本体に受信機が内蔵されているので、入り組んだ屋内などの電波が入り込みにくい場所では受信状態が悪くなるんです。

 

TVの電波は携帯の電波とは違って建物などの障害物を通過したり、避ける性質があまり強くありません。逆にワンセグの電波は携帯端末向けに改良がされているので、多少入り組んだ屋内でも電波が受信がしやすくなっています。

 

kensuke
最近のフルセグ対応の携帯端末やカーナビなどはワンセグとフルセグの両方に対応していることも多くて、状況に応じて切り替えを行うといいですよ。

電波の状況によって自動的に切り替えてくれる端末もありますね。

 

 

バッテリーの消費が早い

高画質の映像というものはそれだけデータの受信量が多いので、端末への負担も大きくなってその分バッテリーの消費も多くなります。カーナビなどはあまり関係ないかもしれませんが、スマホなどの携帯端末で高画質の動画を視聴するときにはバッテリー残量に注意して視聴するようにしましょう。

 

kensuke
フルセグの映像を見るだけでなくて、youtubeなんかも高画質のものを観ると電池の消耗は早いですよ!

 

 

フルセグ対応端末は料金が高い

これはどちらかというとカーナビに多いのですが、ワンセグ対応とフルセグ対応のカーナビを比較するとフルセグ対応のものは割高になっています。

例えば、ワンセグ対応の3万円程度のカーナビをフルセグ対応にすると6万円くらいまで価格が跳ね上がったりしますね(メーカーや機種によります)。この辺はとりあえず観れればいいのか、家族などが乗車中にゆっくりとTVが観れた方がいいのかなど用途に応じて検討するといいですよ。

 

Sponsored Link

 

あとがき

今回はワンセグとフルセグの違いについてのお話でした。フルセグの方が映像が綺麗なことがわかっていた方も結構多かったかもしれませんが、改めてその違いをまとめると、

 

  • フルセグの方が受信するデータ量が多くて画質が綺麗で動きも滑らか
  • カーナビに搭載する場合にはフルセグは割高になる
  • 受信感度はワンセグの方がいいので、屋内や入り組んだ構造の建物の内部ではワンセグの方がデータを受信しやすい
  • フルセグはデータの受信量が多いのでバッテリーを早く消耗しやすい

 

といったところですね。

 

kensuke
しっかりとTVを視聴したい場合にはフルセグがオススメですが、TV単純に情報が拾えればいいやという方はワンセグで十分ですね。

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です