ビュッフェとバイキングの意味の違いは?海外では意味が通じない!?

Sponsored Link

並んでいる料理の中から好きなものを選んで時間内であれば好きなだけ食べられるということで人気のビュッフェ、ひと昔前はホテルなどでしか開催していなかった気がしますが、ここ最近はいろいろな場所で楽しめるようになりましたよね。

でも、考えてみればぼくが小さかった頃は「ビュッフェ」じゃなくて「バイキング」って呼んでいたのに、いつの間にかビュッフェが主流になってる……

個人的にはどちらも同じ意味だと思って使っていましたが、「そもそも違いはあるの?」って気になったので、調べてみましたよ。

今回はビュッフェとバイキングの意味の違いについてです。

 

バイキングは海外では通じない!?

バイキングが食べ放題の意味がで通じるのは日本だけ

バイキングという言葉は帝国ホテルが1958年にオープンした「バイキングレストラン」の名前に由来しています。このレストランは当時の帝国ホテルの支配人がデンマークで見た食べ放題形式の「スモーガスボード」をホテルに取り入れようとしたときに「スモーガスボード」では名前が覚えにくいということで「バイキング」が採用されました。

「北欧といえばバイキング」という発想と当時上映していたバイキングという映画の中で豪快な食事シーンがあったのでそこから名付けられています。

ということで、バイキングという言葉は帝国ホテルのレストランの名前が由来した食べ放題という意味を持つ言葉なので、海外では通じません。

 

kensuke
食べ放題のバイキングはレストランの名前のことだったんですね。

 

 

英語で食べ放題を指す言葉は?

英語で「食べ放題」を指す言葉は「all you can eat」と言います。直訳そのままですが、言いにくいですよね。もっと簡単な単語にできないもんかね……

ただ、地域によっては「スモーガスボード(smörgåsbord)」の方が通じる場合があります。これはスウェーデン語。こちらはひと単語だけど覚えにくい!

 

Sponsored Link

 

ビュッフェには本来食べ放題の意味はない

続いてビュッフェですが、ブッフェはフランス語のbuffetから来ていて、元々は部屋の中央や端にあるテーブルに並べられた料理を自由に取って食べるパーティー形式のスタイルのことを指します。

……ので、ビュッフェ自体には食べ放題の意味はなくて、セルフ方式で好きに食べたいものを選ぶというスタイルが現在の食べ放題のときの状況と同じような感じから結果的にビュッフェ=食べ放題になったのではないかと推測されます。

 

Sponsored Link

 

あとがき

バイキングは元々は帝国ホテルのレストランの名前から来ているので、他の飲食店からすると使いにくい言葉ですね。だから最近は「ビュッフェ」っていうようになったのでしょう。

日本で使うのであれば基本的にはビュッフェでもバイキングでもどちらでも「食べ放題」の意味で通じるとは思いますが、ビュッフェ形式と書いてあるところで食べ放題なのかどうが気になった場合には、スタッフの方にこっそりと聞いてみるといいですよ。(スタッフの方もそもそも2つの意味の違いを知らないかもしれませんが……)

 

kensuke
もう最近は食べ放題に行っても、元を取れる気はしないです……(笑)

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です