ボジョレーヌーボーの2016年の解禁日は?解禁日の意味と由来

スポンサーリンク

毎年11月になるとボジョレーヌーボーの話題が出てきますよね。「もうすぐボジョレーが解禁だ〜」なんて巷では賑わったりしますが、実際にはボジョレーヌーボーってどんなものか知らない人も多いんじないでしょうか?実はこの記事を書くまでぼくもそうでした(笑)

調べてみると、実はボジョレーヌーボーは普通のワインとは違った楽しみ方をするものであって、普通のワインのような扱いはできないものだし、味も全然違うんですよ!

 

kensuke
ということで、今回は2016年のボジョレーヌーボーの解禁日とその意味や由来についてまとめていきます!

 

2016年のボジョレーヌーボーの解禁日

ボジョレーヌーボーの解禁日は毎年11月の第3木曜日の午前0時と決められているので、2016年は11月17日が解禁日になります。

 

ボジョレーヌーボーについては本場はフランスなのですが、解禁日についてはフランスの現地時間での日付が適用されるわけではなく各国での時間が採用されるので、日本は時差の関係で世界的にも最も早くボジョレーヌーボーが楽しむことができるんですよ!

 

2016年のボジョレーヌーボーの解禁日

11月17日(木)0時〜

 

kensuke
今年のボジョレーヌーボーも例年と同じくらいの平均価格帯で、1本だいたい2,500円くらいで販売される予定ですよ〜

 

スポンサーリンク

 

ボジョレーヌーボーの解禁日の意味や由来について

毎年11月にあるボジョレーヌーボーの解禁日、なぜこんなものが設けられるようになったのでしょうか?ワインには「〜年産」というように年数を表記するのでその区切りをつけるためなの?

 

実はボジョレーヌーボーの解禁日が設けられたのはワインの質を考慮するためなんです。

解禁日が設けられたのは1967年ですが、それ以前のワイン業界ではボジョレーヌーボーが売れて儲かることに目をつけた各メーカーたちが、その年のワインをなるべく早く生産して販売するように競っていました。ただ、その競争の中で他のメーカーに負けないようにと、なるべく早く出荷するためにまだ完全に出来上がっていないような粗悪品のワインを出荷する業者も出てきてしまったんです。

このままでは利益ばかりを優先して、ボジョレーヌーボーの質がどんどんと下がっていってしまう……

そう判断した業界がこの日までは販売してはいけないといった日にちをしっかりと決めて、その日に足並みをそろえて販売できるようなルールを作ったことが始まりなんです。

 

kensuke
確かにいくら初物を早く味わいたいとはいえ、質の悪いものは遠慮したいですよね!

 

 

ボジョレーヌーボーの解禁日は当初は違った

1967年に解禁日が制定されたボジョレーヌーボーですが、実は当初は解禁日は今のようなものではなく、11月15日と決められていました。この日はフランスでは「サン・マルタン」という聖人の日で、この日に秋の収穫と冬の到来を祝う日とされていたからです。

 

ただ、毎年の15日に決めてしまうと年をまたいだときに曜日がどんどんとずれていくので、年によっては解禁日にワインショップやレストランの休業日が被ってしまって、解禁日にボジョレーヌーボーが味わえなくなてしまう人が多く出てくるようになってしまったんですね。

 

そんなことがあってから解禁日の設定を日にちではなく、なるべくショップやレストランが休業することが少ない木曜日に設定して、1985年からボジョレーヌーボーの解禁日を現在の11月の第3木曜日に設定したんです。

 

kensuke
実は18年間も11月15日に設定されていたんですね。その間にもボジョレーヌーボーが手に入れにくい年が何度かあったことを考えれば、もう少し早く設定し直しても良かったんじゃないかと思うんですが……

 

 

 

ボジョレーヌーボの意味と味について

ボジョレーヌーボーとはどんなもの?

ボジョレーヌーボーの話をここまでしてきましたが、そもそもボジョレーヌーボーってどんなワインなのか知らない人もいると思います。

ボジョレーヌーボーとはフランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区で製造される、その年に実ったブドウのみを使って発酵させたワインで、その年のブドウの出来を判断するための試飲用のワインのことなんです。

 

kensuke
ワインはブドウの出来によってかなり味が左右されるので、このボジョレーヌーボーの出来がその年のワインの出来にもかなり影響してくるんですよ!

 

スポンサーリンク

 

ボジョレーヌーボーの味は?

ボジョレーヌーボーは先ほどお話ししたように試飲用のワインなので、その年のブドウを採取してから解禁に向けて特殊な製法で急いで作っているので、普通のワインに比べて味は軽い感じになります。試飲用に作られているので味わうような感じの味でもなく、長年寝かせて味が良くなるといったようなこともないんですね。

色は基本的に赤ワインしかないですが、普通の赤ワインはブドウの皮ごと潰して発酵するので真っ赤になるのに対して、ボジョレーヌーボーの場合には皮は潰さずに発酵させるので、比較的明るい赤の色になります。味は比較的渋みがなく甘くてフルーティーなので若い人にも飲みやすい味になっているんですよ!

 

kensuke
ぼくも昔はワインは苦手でしたが、最近は結構飲めるようになりました!

 

 

 

ボジョレーヌーボが合う楽しみ方や飲み方

ボジョレーヌーボを美味しく飲むためのコツ

ボジョレーヌーボを美味しく飲むためには飲み始める1時間くらい前からしっかりと冷蔵庫で冷やすことが大切です。ボジョレーヌーボは通常の赤ワインに比べて渋みも少なくフルーティーなので、冷やすことによってこの甘みが全面に押し出されるようになるんですよ。

 

kensuke
味わい方としてはじっくりと舌の上で味わうというよりも、気軽な感じで飲む方がいいですね!

 

 

ボジョレーヌーボが合う料理

ボジョレーヌーボは赤ワインなのでもちろん肉料理には合うんですが、意外にも和食にも合うんです。ボジョレーヌーボは本来の赤ワインよりもフルーティーで甘みがあるので、肉料理や魚料理と一緒にあるジャガイモやサツマイモなどにもよく合います。

 

kensuke
次にボジョレーヌーボーを楽しむときには和食でも試してみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

あとがき

毎年11月に話題になるボジョレーヌーボーはその年のブドウの出来・ワインの出来を判断するための試飲酒だったんですね。ということで、味自体はそんなに追求していないので初物好きでなければ食事のときには無理に頼まずに、ちゃんとしたワインを頼む方が味は確実です。味を楽しむというよりはその年のワインの出来を手軽に楽しむためのものとして捉えておくべきですね。

 

kensuke
最近はボジョレーヌーボーを楽しむイベントなども多いので、「みんなで今年のワインを楽しもう!」ってワイワイやるために集まるのにはいいかもしれませんね!

自分の趣味や好きなことが人の役に立って収入になる!

結婚して子育てや家のことをしながら働くのって大変じゃないですか? 子供も落ち着いたし、多少は時間はあるもののパートなどに出るのもちょっと微妙で……

ぼくの周りにはそんな友人が多いのですが、「就職するよりも家でできる仕事があれば一番良い!」という意見がほとんどです。

 

 

ぼくの友人にはそんな悩みから解放されるために、ネットをうまく利用して自分の趣味や好きなことを副業にしている方がいます。しかも、特に難しいことはしていません(笑)

ココナラ という自分の趣味や好きなことをサービスにすることができるサイトを使っていました。

彼女は旅行が好きなので、「旅行に出かけるときのプランを一緒に立てるお手伝い」をしたり、子育てもしているので「出産や子育ての相談」をしています。

しかも、お金をいただきながら ^ ^

 

 

ぼくも初めは「そんなのお金にならないよ……」なんて思っていたのですが、ちょっとしたことでも必要としてくれる方っているんですよね。

 

例えば、

・恋愛に悩んだときに誰かに相談したい

・浮気や不倫について誰かに話を聞いて欲しい

・脱毛しようと思うけど、体験した人の話を聞いてみたい

・カメラを買うのに、どれを買えばいいのかわからないので誰かに相談にのって欲しい

 

他にも色々な悩みがありますが、悩みを抱えつつも周りに相談ができないで悩んでいる方も結構いるんです。

もし、自分の経験がそんな人のためになって、喜んでもらえたら嬉しいですよね!?

自分の中では「そんな大したことじゃないから……」と思っていたことは、他の人からしてみたら実はかなりすごいことだったりするんです。

 

 

他のサービスでも、

・今まで色々な恋愛をしてきたから、デートプランを考える

・絵が得意なので、似顔絵やイラストを描いてあげる

・楽器が弾けるけど、初心者向けに楽器始め方の相談を受ける

・車を買うときの選び方や保険についての相談にのる

なんてことで、自分の趣味や得意なことでお金をいただいていたりします。

 

 

転職経験の多い親友は、 「転職の相談・アドバイス」や「ESの作成や添削」などをしていますね。

世間では夏休みの宿題代行なんてビジネスまで存在するくらいなんですから、意外なものでお金がいただけたりするんです。

 

 

ダメ元でもいいので、自分の得意なことをサービスにして出品してみたら、意外なほど人気が出るかもしれませんね!

初めは自身がないかもしれませんので、ワンコインとか定額でサービスを出品してみるといいですよ。

サービスを買ってもらえたときはめちゃくちゃ嬉しいですし、自分の中でもかなり自身になります。

人気が出てきたらそこから新たなビジネスにしてもいいですね。自分の好きなことが人の役に立って、しかもお金もいただけるなんて、こんな素敵なお仕事はないです。

 

 

とりあえず、登録(無料) すれば色々な人が出しているサービスを見ることができるので、登録だけしてみて、どんなサービスが出ているのか見ているだででも面白いですよ ^ ^

「こんなものまでサービスになるの?」って驚きのものまでありますので、それを見ているだけでも楽しいです。

 

 

ちなみに、登録すると自分でもサービスを購入することもできるので、面白いものがあったら使ってみると良いですよ!

ぼくは「イラスト作成」や「ロゴ作成」「ブログ相談」なんかのサービスを使いました。

500円とか1,000円のサービスがあるので、格安なのが嬉しいですし、ぼくは絵を描くのが苦手なので、そういうもが得意な人に手伝ってもらってかなり助かりました!

記事をシェアしていただけたら嬉しいです