豊洲市場の地下水モニタリング調査の担当会社がどこか判明!

スポンサーリンク

東京都の築地市場の豊洲への移転問題について、2017年1月14日に開かれた「専門家会議」で調査結果が公表されました。その結果、豊洲新市場の地下水には最大で環境基準の79倍ものベンゼンが観測される他に、環境基準としては検出されてはいけないシアンなども検出されたという調査結果でした。

今回の調査結果については、これまで8回に渡って行われてきた地下水モニタリング調査では検出されなかったものが、なぜ今回に限って検出されたのかについても疑問が残るところです。こうしたことがおこてしまうと、調査会社と東京都との間にも何か不正があったのではないかと疑問に思われても仕方がありません。

東京都は調査を依頼した会社に何か指示をしていたのでしょうか?

こちらの記事では、豊洲市場の地下水モニタリング調査の担当会社がどこであるのかについてまとめています。

 

地下水モニタリング調査を行なった担当会社はどこ?

東京都の東京都中央卸売市場のHPにて、地下水のモニタリング調査として第8回までの「観測井設置箇所」「調査結果一覧」「計量証明書」などが公表されています。実は調査を担当した会社は、1〜3回目、4〜8回目、9回目とそれぞれ異なる調査会社が行なっていました。

公表されているPDF資料では、担当会社の部分が黒塗りで塗りつぶされていますが、多少見えている部分もあり、以下の会社が調査を担当したのではないかと考えられます。

 

1〜3回目の地下水モニタリング調査の担当会社

環境計量:株式会社日立プラントサービス
試料採取:株式会社日水コン

 

4〜8回目の地下水モニタリング調査の担当会社

環境計量:ユーロフィン日本環境株式会社
計量証明:IAS Japan 株式会社産業分析センター/草加試験所

 

9回目の調査会社については、新たな民間機関に調査を委託していて、まだ計量証明書が出ていないので明らかになっていません。

 

 

検査の結果について調査に問題はあったのか

今回の調査結果では基準値の79倍ものベンゼンが検出され、さらに検出されてはいけないシアンなども検出されたことから、さすがに専門家たちも想定外の結果であったとコメントをしています。

確かにこれまでの調査では、基準値に収まっていたはずの調査結果が、今回に限ってこう言った結果になったのには疑問が残りますよね。これまでの検査に対しては、データを改ざんしていたとは言いませんが、早期に豊洲に市場を移すためになんとか基準値に収まるような調査の方法をとっていたのではないかと疑いを持たれても仕方がありません。

実際に今回の調査の対象となっていたベンゼンなどは、揮発性が高いので、採取時にしっかりと密閉していないと空気に触れていればすぐに気化してしまいます。そのため、試料の採取をしっかりと行わないと、正確な調査の結果がデータとして現れないのです。

こうったこともあるので、もしデータを安全側に入れたいのであれば、データの改ざんはしていなくとも、そう言った結果が出るような調査はできるということです。

 

スポンサーリンク

 

再調査は専門家議会のメンバーの立会いのもとで実施

そして、今回の調査結果がこれまでのものと比べてあまりにも差が出てしまったので、調査の方法についての正確性の確認を行うために、代表的な地点で、専門家議会のメンバーの立会いのもとで採取を実施しています。

そして、分析についても、「東京都環境科学研究所」と「民間分析会社」2社の合計3つの機関で行って、検査精度を高めるということになっています。

 

 

地下水の異常値は問題になるのか?

今回の地下水モニタリング調査の結果については、「あくまでも地下水の値であるので、地上には問題ない」ともされていますが、ただ、やはり生鮮食品を扱う場所だけに、イメージとしてはあまり良くないでしょうね。

こうした問題が、メディアなどを通して騒がれてしまうと、豊洲自体のイメージも悪くなって言ってしまうので、生活をしている人たちのことを考えると、報道が大きくなるのはあまりいいことではないかもしれません。

 

 

あとがき

今回の豊洲新市場の地下水モニタリング調査は、2016年8月に小池都知事が移転の延期を決定していなければ行われなかった問題です。移転のために準備をしていた築地の方達にとってはかなり痛手となってしまいましたが、調査をしなければ問題の残ったまま移転をしてしまっていたことでしょう。

賛否両論あるとは思いますが、今回の小池都知事の判断は東京都としてのこれまでの在り方を改善していくのには、素晴らしいものであったと言えるはずです。

 

こちらの記事も読まれています。
>>>築地市場の豊洲移転時期はいつ?場外市場の今後も調査
>>>豊洲市場の工事を施工したのはどこの建設会社(ゼネコン)なのか?
>>>トランプ大統領の就任式は日本時間のいつ?場所やTV中継があるか調査
>>>2017年の衆議院解散の時期はいつ?経済への影響や選挙の日程を検証
>>>平成の次の元号(新年号)の候補予想と決め方!誰が決めるの?

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです