洗濯物の部屋干しの臭いの原因と予防するための対策法とは!?

suppressing-odors-due-to-drying-in-a-room
Sponsored Link

梅雨などの雨の多い季節や一人暮らしであまり洗濯物を干すスペースがない場合にはどうしても部屋干しする機会が多くなってしまいますよね。そんなときにどうしても気になってしまうのが部屋干しの臭い。あの生乾きの臭いが出てくると部屋が臭くなるだけでなく、せっかく洗ったものが乾いても使うのをためらってしまいます。

ということで、今回は部屋干しの臭いの原因と臭いを予防するための対策法についてのまとめていきます。

 

部屋干しの臭いが発生する原因

部屋干しの臭いの原因は雑菌の繁殖

部屋干しをしたときに発生するあの生臭いニオイの原因は、洗濯したときに落としきれなかった皮脂や垢などの汚れが変質したり、養分となって雑菌を繁殖させてしまうことによって臭いの元が生成されてしまうためです。

 

臭いを発生させる主な成分としては、

 

  • 中鎖アルデヒド
  • 中鎖アルコール
  • ケトン
  • 窒素化合物
  • 硫黄化合物
  • 脂肪酸

 

などがありますが、結局は洗濯したときに汚れが十分に落としきれていないためにこうしたものが発生して、臭いの元の成分が生成されてしまうのです。

 

kensuke
部屋干しの臭いの原因は洗濯物に付着した汚れということですね!

 

 

乾くのが遅いと臭いの原因になる

部屋干しをすると外に干したときに比べて乾くのが遅いため、外に干したときに比べて生乾きの時間が長くなってしまう傾向があります。そうなると洗濯物に付着した雑菌が繁殖できる時間が増えるので、臭いの原因である雑菌がどんどんと増殖してしまい、部屋干し特有のあの臭いが発生してしまうんですね。

 

kensuke
部屋干しをだと日光による殺菌効果も期待できないのも、雑菌が繁殖してしまう要因になります。

雑菌を増やさないためには、洗濯のときになるべく雑菌を落として素早く乾かすことが重要なんですね。

 

Sponsored Link

 

部屋干しの臭いを防ぐための対策法

洗濯物を部屋干しするときにはしっかりとした方法で洗濯をしてあげることで、あの独特の部屋干しの臭いを防ぐことができます。ここからは部屋干しの臭いを防ぐための対策を紹介していきますね。

 

 

洗濯槽をキレイにしておく

洗濯物の汚れを落とす前に、洗濯をするための洗濯機は綺麗でしょうか?洗濯槽が汚れているといくら洗濯をしても、汚れが付着してしまうのでせっかく洗濯をしてもまるで意味がありません。

洗濯をした後に洗濯物に黒い海苔のようなものが付着する場合は、洗濯槽の裏側についた汚れが剥がれて洗濯物についている証拠です。このような状態にならないように、まずは定期的に洗濯槽を掃除をして、常に綺麗な状態で洗濯物ができるような状態にすることが部屋干しの臭いを防ぐための第一歩です。

 

 

洗濯物の雑菌をなるべく落とすようにする

部屋干しのときに臭いが発生するのは洗濯物に付着した汚れが原因です。洗濯物をするときにはしっかりと洗濯をしてなるべくたくさんの雑菌を落とすようにしてあげることが大切です。

 

洗濯物の雑菌を落とすコツ

洗濯機に洗濯物を入れすぎない

洗濯のときに洗濯機に洗い物を入れすぎてしまうと、洗濯の効率が落ちて汚れが落ちにくくなってしまいます。特に一人暮らしのときや洗い物が少ないときにはもったいないのである程度洗濯物を溜めてから洗濯しがちですが、なるべく少ないうちにした方が洗濯の効率も良くなって汚れも落ちやすくなります。

 

kensuke
目安とする量は洗濯槽の7分目以下で洗濯をするように心がけるといいですよ!

 

洗剤の量を適量入れる

実は洗剤の量も重要で、少なすぎると効果が薄れて洗濯物の汚れが落ちませんし、多すぎると今度は溶けきれなかった洗剤が洗濯物に付着したり、洗濯機の内部に残って雑菌が増殖する原因になってしまいます。

 

kensuke
洗濯の際には使用する洗剤の用法・用量はしっかり守って使用することが基本ですね!

 

温水で洗う

40℃以上の温水で洗濯物を洗うことで汚れが落ちやすくなり、洗剤の効果も上がります。普段は冷たい水で洗濯をしていて汚れが気になる場合には、こうしたお湯を使う方法で洗濯をしてみるのもひとつの手ですね。

 

Sponsored Link

 

すすぎのときには残り湯を使わないようにする

節水やエコのためにお風呂の残り湯で洗濯をする場合もあるかと思いますが、最後のすすぎのときにはお風呂の残り湯は使わないようにすることで洗濯物に雑菌がつくのを防ぐことができます。

お風呂のお湯を使うことは節水にはなりますが、雑菌がたくさん入っているので洗濯物をするのにはあまり適していません。

 

kensuke
お風呂の残り湯を使って洗濯をした場合には、すすぎのときだけでも綺麗な水を使うことで洗濯物に雑菌が付着するのを防ぐことができます。

 

洗い終わった洗濯物はなるべく早く干す

部屋干しのときの臭いの原因となる雑菌の繁殖を防ぐためには、洗濯が終わったらできるだけ早く洗濯物を干してあげた方がいいです。洗い終わった状態の洗濯物の塊には湿気がこもっていて湿度が高い状態になっているので、雑菌が繁殖しやすい状態になっています。

その状態のまましばらく時間を置いてしまうと、時間の経過とともにせっかく洗った洗濯物に雑菌が増殖してしまうんです。雑菌の増殖を防ぐためにも洗い終わった洗濯物はなるべく早く干すように心がけるといいですよ!

 

 

洗濯物はなるべく早く乾かす

部屋干しの洗濯物の匂いが発生するのは、洗濯物の乾きが遅いことも原因のひとつです。前述しましたが、洗濯物の生乾きの状態が長く続いてしまうと、雑菌が増殖しやすい環境が長く続いてしまうことになるからです。

ということは、逆に部屋干しの臭いを予防するためには、なるべく早く洗濯物を乾燥させることもひとつの対策です。

洗濯物を早く乾かすためのポイントとしては、

 

  • 風を当てる
  • 除湿をする
  • 室温を上げる

 

などの方法が効果的です。

洗濯物を早く乾かす方法については「洗濯物を早く乾かす方法!干し方を工夫すれば断然早く乾く!」の記事を参考にしてみてください。

 

 

kensuke
除湿機と扇風機を組み合わせるのも洗濯物を乾かすのには効果が高いですよ!

 

 

洗濯物を溜め込まない

臭いの元になる雑菌の繁殖を防ぐためには洗い物はなるべく溜め込まずに、できるだけ早く洗濯をしてあげることが大切です。特に一人暮らしのときなどには1日の洗い物の量が少ないので、1日分では洗濯をするのをためらってしまいますが、そうなると洗い物に付着した雑菌が繁殖して増えてしまいますし、時間が経つことによって汚れも落ちにくくなってしまいます。

特に一人暮らしをしている場合には、外に干せるスペースがない部屋の場合もあるかもしれないので、必然的に部屋干しになってしまうこともあるかもしれません。そうした場合には部屋干しによる臭いの発生を防ぐためにも、洗い物が少量であってもできるだけ毎日洗濯をするようにした方が洗濯物の臭いを防ぐことができます。

 

kensuke
水道代や洗剤がもったいない気もしますが、毎日洗濯をしてあげることで結果として衣服などが長持ちして節約になる場合もありますよ!

 

 

すすぎのときにお酢を使う

洗濯物の臭いを防ぐ対策のひとつに洗濯のときにお酢を使う方法があります。お酢には殺菌効果があるのですが、これが洗濯物に発生する雑菌にも効果を発揮してくれるんです。

お酢を使った殺菌の方法は、2回目のすすぎのときに大さじ1〜2杯程度のお酢(食物酢)を入れるだけです。お酢の臭いはほとんどないですが、気になる場合には1回目のすすぎのときから入れておけば臭いはなくなります。

 

kensuke
お酢には殺菌効果以外にも漂白効果や色落ち防止効果などもあるので、用途に応じて使ってみてください!

 

Sponsored Link

 

あとがき

洗濯物がなかなか外で干せずに部屋干しが続くのは仕方がないですが、せっかく洗濯したものは気持ち良く使いたいですよね。基本的には外に干して日光にしっかりと当ててあげれば、雑菌の繁殖も防ぐことができるので洗濯をした際の臭いは予防することができます。

ただ、どうしても部屋干しをしなくてはいけないという場合には、こちらで紹介した方法を試してみてください。いつもよりも部屋干しの臭いを抑えることができますよ!

 

kensuke
せっかく洗った洗濯物はしっかりと乾かして、快適に使いましょう!

 

 

 

suppressing-odors-due-to-drying-in-a-room

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です