スペースワールドの氷の水族館の開催期間と営業時間は?

Sponsored Link

2016年11月12日から福岡県のスペースワールドで開催されている「氷の水族館」に話題が集まっています。注目というよりも非難に近い感じの意見が多いのですが、氷の水族館とは一体どんなものなんでしょう?そして非難が集まっているということですが、開催期間についてはいつまでなのでしょうか?

 

氷の水族館とは?

 

氷の水族館は福岡県にあるスペースワールドで開催されているイベントで、スケートリンクの氷の中に本物の魚が氷漬けの状態で入っている上をスケートをするという2016年から登場したアトラクションです。

前代未聞のアトラクションで日本初、いや世界初間違いなし!!

あり得ないシチュエーションでスケーティングが楽しめる、見たことも聞いたこともないアトラクション。キミはその体験者となる。

参考:スペースワールドHP

スペースワールドのHPではこんなことが書かれていますが、確かにこんなシチュエーションでスケートなんてしたことない……

ただ、話だけ聞くと面白そうではありますが、実際に写真を見たら魚が浮き出ている部分があったりして落ち着いて滑れなそうだし、氷漬けのタイとかがいたりして「市場かっ!?」ってツッコミを入れたくような要素が満載でした(写真の掲載は控えさせていただきます)。

 

kensuke
一度行ってみたいという気持ちはありますけどね!

 

氷の水族館の開催期間と営業時間は?

氷の水族館の開催期間と営業時間についてですが、開催は2016年11月12日(土)からで終了の時期については5月の営業終了までとされています。半年以上とは結構長い期間やりますね。そんな時期までスケートをしている人っているのでしょうか?

それから営業時間に関しては11:00〜スペースワールド閉園時間の30分前までとなっているので、スペースワールドの開演時間内の一部での開催ということですね。

 

Sponsored Link

 

ネット上では非難の声が多い

今回のこの氷の水族館に関してですが、ネット上では非難の声えがかなり集まっていますね。

 

 

 

まぁ、確かに残酷といえば残酷かもしれないですね。ただ、魚に関しては実は実際に生きているものを使っているわけではないということがスペースワールド側から発表されています。

 

 

実際に使用している魚は市場から降ろされたものやプリントされたもの

非難轟々の氷の水族館ですが、こちらでは実際には生きた魚は使っておらず、公設市場の鮮魚店から降ろしてもらったものを使用していて、エイやジンベイザメなどの大きいものは、プリントされた写真を実物大に引き伸ばして氷の中に入れているとのことでした。

ただ、いくら市場から卸してもらったといえどこれに対してもいいイメージはあまりないかもしれないですね。やっぱり本物の魚が氷の下にいるとなると、ちょっと滑るのに気を使ってしまいそうです。

 

 

というか、こうしたことがあったのであればスペースワールド側はイベントの注意書きとしてアナウンスしておけば、ここまでの誤解による炎上の騒ぎにはならなかったかもしれません(それでも非難はあるかと思いますが……)。もう少しその辺は気を使った方がよかったですね。

 

 

あとがき

氷の水族館、かなり意外なものでしたね。確かに企画としては面白いとは思いますが、氷の上から見たときには本物の魚かどうかは分からないので、本物を使わなくてもよかったかもしれませんね。

初めから偽物を用意して、かつ「この魚は本物ではありません」といったようにアナウンスしていれば、非難もなくイベントも盛り上がったのではないかというのが個人的な意見です。まぁ、本物であることが話題性があって重要であるのかもしれませんが、その辺をスペースワールドがどう判断していくのか……

予定では来年以降も開催予定であるとのことなので、その辺を改良して来年のイベントにつなげて欲しいですね。

スペースワールド氷の水族館

住所:北九州市八幡東区東田四丁目1番1号
開催期間:2016年11月12日(土)〜2017年5月の営業終了後まで
営業時間:11:00〜スペースワールド閉園時間の30分前まで
料金:フリージングポートでの入場は無料(スペースワールドへの入園は別途有料)
靴の貸し出し 1足420円(16~31cm)※フリーパス対象外
TEL:093-672-3600

 

 

Sponsored Link

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです