豆乳は便秘解消に効果的!豆乳で便秘になってしまう人の共通点は?

Sponsored Link

豆乳は栄養価も高くて、健康や美容に効果がある飲み物として毎日飲んでいる方も多いのではないでしょうか?実は豆乳にはそうした面だけでなく、便秘の解消にも効果的な飲み物なんですよ!

ただ、注意したいのは「豆乳の摂取量」です。いくら健康にいいからといって飲みすぎてしまうと逆に健康被害が出てしまう恐れもあります。

 

kensuke
今回は豆乳の便秘解消効果とその他の豆乳の効果についてのお話です。

 

豆乳が便秘解消に効果的な理由

大豆イソフラボンがホルモンバランスを整える

豆乳の成分としてよく耳にするのが大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは大豆の胚芽に含まれているポリフェノールの一種で、体内に入ると女性ホルモンと似たような働きをしてくれます。

特に男女共ホルモンバランスが崩れて便秘になりやすい人にとっては効果的な成分ですね。ホルモンバランスが崩れたときには肌荒れなども起こるので、そうしたときに大豆イソフラボンを摂取することでホルモンのバランスがとれて、便秘になりにくくなりますし、肌ツヤも良くなるんですよ〜

 

食物繊維が便を柔らかくしてくれる

豆乳には多くの食物繊維も含まれています。食物繊維が便秘解消に効果的なのはよく聞く話ですが、豆乳に含まれている食物繊維は水溶性食物繊維という食物繊維です。水溶性食物繊維は腸内にある便を柔らかくしてくれる効果があるので、特に便が硬くなって出しにくい人にとっては効果がありますね。

 

kensuke
食物繊維は便秘解消のためには単純にとればいいというわけではなくて、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂取する必要があります。便秘解消のために豆乳を飲むときには不溶性食物繊維もしっかりと摂るようにしましょう!

ちなみに豆乳には100mlあたり0.2gの水溶性食物繊維が含まれていますよ〜

 

 

オリゴ糖が腸内環境を整える

豆乳にはオリゴ糖が含まれていますが、このオリゴ糖は腸内細菌である善玉菌のエサになることで、善玉菌の働きを活性化させて腸内環境を整えるのに効果を発揮してくれるんですね。腸内環境が整うことで腸の活動も活発になって排便活動が高まるので便秘解消につながるんですよ〜

 

マグネシウムが便に水分を与えてくれる

豆乳に含まれるマグネシウムは、腸内にある水分を集めて便を柔らかくしてくれる効果があります。水溶性食物繊維と同じ効果ですね。便が柔らかくなると腸内をスムーズに移動できるようになるので、スルリとした快便が期待できるようになるんですね!

 

Sponsored Link

 

豆乳を飲むことで得られる便秘解消以外の効果

豆乳を飲むことで便秘解消の効果以外にも美容や健康面に様々な効果が得られます。

豆乳を飲むことで得られる効果

  • 美肌効果
  • 筋トレやダイエット効果アップ
  • バストアップ効果
  • 抜け毛予防
  • ムダ毛が薄くなる

これらの効果は豆乳に含まれる大豆イソフラボンの影響が大きいですね。特にバストアップについては、豆乳を飲みすぎた男性の胸が膨らんだとういう事例も報告されているほどです。

 

kensuke
肌も綺麗になったり、ダイエット効果があったりと嬉しい効果がたくさんありますね!

 

 

 

豆乳を飲むときの注意点

豆乳の1日の摂取量に注意する

豆乳の1日の摂取量は豆乳の量ではなく、豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」ベースで決めるのがいいですね。特にこの「大豆イソフラボン」は摂りすぎると逆にホルモンバランスを崩してしまう原因になるので適量を摂取するように注意しましょう。

豆乳に含まれるイソフラボンの量については、豆乳メーカーとして有名な紀文の豆乳でイソフラボンを比較してみると、

 

soymilk

 

となっています。

 

イソフラボンの1日にとるべき摂取量は70〜75mgとされているから、豆乳以外のものからも摂取するようなら豆乳の飲む量を調整する必要があります。もし、1日のうちイソフラボンを何からも摂取しないのであれば、無調整豆乳ならほぼコップ一杯(200mℓ)の量で摂取できて、調整豆乳でも300mℓ飲めば摂取できますね。

逆に飲みやすい豆乳飲料はイソフラボンの量は少なくなっていて、いくら豆乳飲料だからといってもイソフラボンの摂取にはあまり向いていないんですね。豆乳飲料で大豆イソフラボンの1日の必要量を摂取しようとするのであれば、1日に800mℓ以上飲まなくてはいけないので結構大変です。

 

豆乳を飲んで便秘になってしまうのはなぜ?

豆乳を飲んで便秘が悪化してしまったという人もいるみたいですが、そうした人は1日の摂取量や食物繊維の摂取量が関係していることが多いです。豆乳を飲んで便秘が悪化してしまった場合には「イソフラボンの摂取量が多すぎないか」「食物繊維はバランスよく摂れているのか」に注意してみましょう。

もしそれでも改善されないようであれば、豆乳自体が体に合っていない可能性もあるので控えるようにした方がいいかもしれません。

 

Sponsored Link

 

あとがき

豆乳は健康や美容面に効果的ですが、便秘解消にも効果があるので取り入れられるようであれば積極的に摂取するようにした方がいいですね。ただ、飲みすぎてしまうとホルモンバランスが崩れてしまうので1日の摂取量には注意するようにしましょう!

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです