台湾旅行で注意すること!知らなかったでは済まされない!

some-things-to-note-that-traveled-to-taiwan
Sponsored Link

日本からもかなり近い距離にあり、気軽に海外旅行を楽しむことができる台湾。親日国でもあり、治安もそこまで悪くないという話は聞きますが、行くのはあくまで外国です。日本とは文化も違うので、油断をしていると危険な目にあったり、法律などを犯してしまうこともあります。

 

kensuke
ということで、今回は台湾旅行で注意することについてまとめていきます。

 

台湾旅行で注意すべきこと

MRT(地下鉄)での飲食は禁止

台湾、特に台北に行ってよく利用するのがMRT(地下鉄)です。MTRは民間が運営している私鉄で、東京で言えば東京メトロみたいなものですね。深夜まで運営していて、日本で地下鉄を乗るような感覚で乗れるので現地ではかなり重宝します。

 

ただ、MRTを利用するときに注意すべき点は

「車内だけでなく、駅の駅のホームでも飲食は禁止」

ということです。

 

これについては例え外国人観光客であろうとも厳しく取り締まっています。禁止エリアにおいてペットボトルの飲み物を飲んだり、飴やガムを口に入れているのもいけません。

見つかって処罰される場合には1,500元(日本円でおよそ4,500円)の罰金を支払わなくてはならないので、普段日本で電車に乗っている感覚でこうしたことをしてしまうと、警告や処分の対象になりますので十分に注意してください。

 

電車内や駅での飲食の禁止エリアについては改札を通ってすぐに黄色い線があるのでそこからは飲食が禁止のエリアとなります。

 

kensuke
こうしたルールを決めて厳しく処分しているので、台湾のMRTはとても綺麗で利用していて気持ちがいいです。

 

 

電車内での携帯の利用や優先席について

MRTの車内では携帯電話の使用は禁止はされていませんが、通話の際には小声で話すということがマナーになっています。旅行のときにはわざわざ車内で通話することは少ないかもしれませんが、一応覚えておいてください。

 

それから、優先席についてですが、台湾では日本以上に若い人がお年寄りに席をゆずる習慣がありますので、この辺も周囲を注意しながら利用するようにしてください。

車内にある「博愛座」という部分が日本の優先席にあたるので、そのエリアには基本的に座らないようにするとトラブルを避けられます。博愛座では日本と同じようにお年寄りや赤ちゃんのいる親御さん、妊婦の方や障害者の方に席を譲ってくださいね。

 

Sponsored Link

 

夜のタクシーには一人で乗らない

MTRと同様に台湾でよく利用する乗り物がタクシーです。台湾のタクシーは日本に比べてもかなり安くて、台北市内の移動であればよほど遠くへ行かなければ100〜200元程度の料金で済みます。

 

便利なタクシーですが、注意したいのは夜の利用です。特に夜に一人でタクシーを利用することは、女性だけでなく男性であっても控えた方がいいです。

 

基本的に台湾のタクシーは日本語が通じません。中には片言の日本語を話す人もいますがそうした人に当たるのは稀で、英語ですら通じないと思ってください。そうした中でタクシーを利用してしまうと言葉の違いによってトラブルが起こったりしますし、そうしたときに夜だと外から車内が見えにくいのですし、助けを呼ぶことも難しくなります。

 

それから「日本人はお金を持っている」というイメージがあるので、強盗などにも狙われやすいです。台湾ではタクシーが停車したときなどを狙って襲ってくる強盗がいます。そのときに一人だと男性であっても命の危険があるので、いくら車内だから安心だろうと油断せずに一人であるのであればMTRが動いている時間にホテルには帰るようにしましょう。

 

kensuke
どうしても夜にタクシーを利用しなくてはならない場合には、ホテルのフロントやレストラン、警察やコンビニで呼んでもらってください。こうしたところで呼んでもらうと記録が残るので、多少は安心です。

でも、基本的には夜のタクシーは乗らない方がいいですよ!

 

 

その他にもタクシーの利用で注意すべきこと

シートベルトを締めよう

タクシーに乗ったときに前の席に乗った場合にはしっかりとシートベルトをしましょう。ドライバーに注意されても無視してシートベルトをしなかった場合は、警察に捕まると自分で罰金を払わなくてはいけませんので、当たり前ですが必ずシートベルトは閉めるようにしてください。

 

image

 

image

写真:しっかりと運転手さんの座席の後ろにも注意書きがあります。

 

 

 

ドアは自分で開け閉めする

台湾のタクシーは日本のタクシーとは違ってドアは自動では開きません。なので乗車時はもちろん降車時も自分で開けて乗り降りをしなくてはいけないので注意してください。

「なかなかドアを開けてくれないな〜」なんて待っていても無駄ですよ(笑)

 

kensuke
それから忘れがちなのがタクシーから降りたときにドアを閉め忘れてしまうことです。開けっ放しにしていくとドライバーに怒られますよ!

 

細かいお金を持っておく

タクシーに乗るとよほど遠くまで行かない限り、台北市内から台北市内などの移動であれば100〜200元程度で移動ができてしまいます。

ここで注意したいのがお釣りについてです。台湾のタクシーの場合にはドライバーが必ず細かいお金を持っているとは限りません。特に到着初日などで両替をしたばかりのときには、大きい紙幣の数も多いと思いますので、タクシーに乗るときには十分に注意しまてください。

 

 

トイレで紙は流さない

台湾のトイレは配管が細くて水圧も低いこと、また使っている紙の質もあまり良くないので、トイレに紙を流してしまうと詰まってしまいます。台湾のトイレには普通は個室にゴミ箱がありますので、そこに使用後の紙を捨てるようにしてください。(トイレの水が流せるのかどうかは場所にもよります。特にゴミ箱が置いていなければそのまま流しても大丈夫です。)

トイレ自体には基本的には紙が常備されていることが多いですが、念のためポケットティッシュを持っておくと安心です。

 

kensuke
海外ではトイレの使用にお金がかかる国もあるますが、台湾ではトイレは無料で使用できます。

 

 

むやみに犬に触らない(狂犬病に注意)

台湾では街のいたるところで犬を見かけることができます。台湾人にとって犬は友達みたいな感覚なんでしょうね。

ただ、ここでひとつ注意したいのは狂犬病です。台湾では狂犬病はなくなったと思われていましたが、数年前に再び狂犬病が発見されました。

台湾の街ではコンビニだろうとレストランだろうと本当に至る所で犬を見かけることができるので、可愛いとついつい触りたくなりますが、狂犬病の可能性が決してゼロとは言えないのでなるべく触らないほうがいいです。

 

kensuke
触らぬ神に祟りなし……です!

 

 

夜市の生水やフルーツはなるべく食べない

台湾旅行の楽しみのひとつに夜市があると思いますが、そこでの飲食には十分な注意が必要です。不用意に生水や生のフルーツを食べてしまうとお腹を壊したり、食中毒になる危険もあります。できるだけそういった生ものは控えるようにした方がいいですよ。

 

kensuke
水が飲みたくなったらコンビニでミネラルウォーターを買って飲んだ方が無難です。旅の途中で体調を崩してしまったら、せっかくの旅も楽しめなくなってしまいますからね…

 

Sponsored Link

 

あとがき

海外旅行に行くとついつい気分も浮かれがちになって、色々と問題が発生したりしてしまうこともありますよね。まずは、旅行に出かける前には事前に情報を入手して、問題が起こらないように注意することが第一ですが、いざ問題が起こったときにはどうすればいいのかしっかりとシミュレーションしておくのも大切ですね。

 

kensuke
そこまで大変なルールはないので、注意事項だけしっかりと守るようにして台湾での旅行を十分に楽しみましょう!

 

 

 

some-things-to-note-that-traveled-to-taiwan

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です