スマスマで椎名林檎とSMAPが共演した曲の曲名は何?歌詞やPVも

スポンサーリンク

12月19日に放送されたスマスマ(SMAP×SMAP)では、最後の放送となるビストロスマップにタモリさんがゲストとして出演しました。そしてS-LIVEではこれまた大物「椎名林檎」さんを迎えてのコラボレーションライブ、個人的に椎名さんは好きなアーティストなのでかなり楽しみにしていました。SMAPが年内で解散してしまうとなると、もうこんなコラボレーションを観れることはないんですね……

 

椎名林檎とSMAPが共演した曲の曲名は?

スマスマのS-LIVEで椎名林檎さんとSMAPのメンバーが共演した曲は、椎名林檎さんの「青春の輝き」という楽曲です。

こちらの楽曲は元々は2011年に栗山千明さんに提供された楽曲ですが、2014年の椎名林檎さんのアルバム「逆輸入 ~港湾局~」にて、セルフカバーが行われた楽曲なんですね。他にも椎名林檎さんがヴォーカルを務めていた東京事変の解散ライブでも演奏されていました。

 

青春の瞬きの歌詞やPV

「青春の輝き」ミュージックビデオは、「やり直しの利かない今この瞬間の美しさと儚さ」を表現したとされていますが、SMAPの現在の状況を考えながらこのミュージックビデオを観ていると、そういったメッセージも込めてこの楽曲が選ばれたのかとも考えてしまいます。

 

 

スポンサーリンク

 

青春の輝きの歌詞

青春の輝き

作詞:椎名林檎
作曲:椎名林檎

美しさと正しさが等しくあると
疑わないで居られるのは若さ故なんだ
子供みたいに疲れを忘れて寄り掛り合えば
僕らはたった独りでいるよりも有りの侭になる
時よ止まれ 何ひとつ変わってはならないのさ
今正に僕ら目指していた場所へ辿り着いたんだ

新しさと確かさを等しくもとめ
生命をほんの少しだけ前借りしたんだ
大人になって恥じらい覚えて寄り掛り合えば
僕らはきっと互いの重さを疎ましく思うだろう
いつも何故か 気付いた時にはもう跡形も無い
伸ばす手の先で消え失せる物程欲しくなるんだ

 

「時よ止まれ 何ひとつ変わってはならないのさ」という歌詞は、できることであればSMAPとしての現在の形をそのまま残しておきたいという、本人たちやスタッフの思いも込められているのかもしれません。そういう思いを込めてこの楽曲を選んでいるのだとしたら、かなり貴重な映像になりますね。

 

 

あとがき

SMAPがS-LIVEでの共演者としてなぜ椎名林檎さんをゲストに迎えて、そしてこの楽曲を選んだのかはわかりませんが、きっとメンバーやスタッフ達からの深い思い入れがあっったのではないでしょうか。

「今正に僕ら目指していた場所へ辿り着いたんだ」

の歌詞は、現在の状況が彼らが本当に目指していた場所かはわかりませんが、今までの色々な状況を乗り越えてのものなのでしょう。今後の彼らがどういった路を進んで行くのかはわかりませんが、また、素晴らしい目的地を目指して、そして辿り着いて欲しいと願っています。

 

こちらも関連記事です。
>>>SMAPの解散撤回の可能性はあるのか!?解散騒動は演出だという噂
>>>SMAP最後の大晦日の打ち上げ会場の焼肉屋の場所がどこだか判明!

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです