安倍晋三首相が岡田准一と会食した西麻布のフランス料理店の場所はどこ?

スポンサーリンク

2017年2月24日に安倍晋三首相と、ジャニーズ事務所所属V6の岡田准一さんや俳優の鈴木亮平さんが西麻布のレストランで会食したことが話題になっていますね。

確かに安倍首相と会食をした岡田准一さんと鈴木亮平さんは芸能人なので、安倍首相とは何か接点があったのかもしれませんが、一体なぜこのような会食が開催されたのでしょうか?

こちらの記事では、安倍晋三首相と岡田准一さんや鈴木亮平さんが会食をした西麻布のフランス料理店がどこなのかについてまとめています。

 

安倍晋三首相と岡田准一が会食をした西麻布のフランス料理店はどこ?

安倍晋三首相と岡田准一や鈴木亮平さんが会食を行なったフランス料理店については、ニュースでは「西麻布のフランス料理店」とだけ報道されていたので、このフランス料理店が一体どこなのか気になりますよね?安倍首相が来店するくらいなので、相当良いレストランであることは間違いないです。

調査して見たところ、フランス料理店は「マルゴット・エ・バッチャーレ」であることがわかりました。

 

 

マルゴット・エ・バッチャーレは平日は18時から24時までの6時間しか営業しておらず、土曜日に至っては18時から23時までとたったの5時間しか営業していない高級フランス料理店ですね。コース料理は1,1000円以上します。

3,000円のキャビア最中も気になりますね。

 

 

スポンサーリンク

 

なぜ会食が行われたのか?

そもそも、いくら岡田准一さんや鈴木亮平さんが人気芸能人とはいえ、なぜ安倍首相と会食を行なったのかが気になりますよね?

この理由についてはおそらく、安倍首相が2人が出演している「海賊と呼ばれた男」の映画を鑑賞して、映画の内容に興味を持ち、2人と何らかの関係を持つようになったのか、その映画のを通して良い演技をしてくれた2人に対して激励の意味を込めて、安倍首相の方から会食を開いたのかもしれませんね。

日本の首相が芸能人と会食をする話はあまり聞きませんし、2人にとってはこれはかなり貴重な機会だったのではないでしょうか?しかも、現在は安倍首相は国会の最中とかなり忙しい中での会食の開催です。

そんな多忙なスケジュールの合間であっても、2人に対して何か伝えたかった言があったのかもしれませんね。

 

 

あとがき

安倍首相が忙しいスケジュールの中、岡田准一さんや鈴木亮平さんと会食をしたのには何か意味が有馬そうですね。ぼくはまだ映画を鑑賞してはいないのですが、安倍首相も鑑賞したということでかなり興味が湧きました。

映画に出演した2人を招いて会食を開催するということは、映画に何か特別な意味があるのかもしれませんね。

 

こちらの記事も人気です!
>>>2017年の衆議院解散の時期はいつ?経済への影響や選挙の日程を検証
>>>築地市場の豊洲移転時期はいつ?場外市場の今後も調査
>>>平成の次の元号(新年号)の決め方と候補!ルールや条件は誰が決める?
>>>豊洲市場の地下水モニタリング調査の担当会社がどこか判明!
>>>豊洲市場の工事を施工したのはどこの建設会社(ゼネコン)なのか?

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです