レッドウィングブーツのサイズ・ワイズ(ウィズ)の表記と選び方

スポンサーリンク

ぼくは社会人になってからブーツを履き出したのですが、レッドウィングのブーツの魅力に取り憑かれてしまって、今では何をするにも出かけるときには基本的にレッドウィングのブーツを履くことがメインになっています。

そんなレッドウィングのブーツにドップリなぼくでも、初めてブーツを買うときにはサイズ感などに戸惑ってしまって、何を選べばいいのか右も左も分からない状態でした。今ではなんとか大丈夫ですが、やはり初めてブーツを手にする人にとってはブーツを購入する際に出てくる「サイズ」と「ワイズ」には戸惑ってしまうと思います。

 

kensuke
ということで、今回はレッドウィングブーツのサイズ・ワイズ(ウィズ)表記と選び方についてまとめていきますね!

 

レッドウィングのブーツのサイズとワイズ(ウィズ)

レッドウィングのブーツを選ぶときに考慮しなくてはならなくなってくるのが「サイズ」と「ワイズ」です。

「サイズ」はもちろんスニカーや革靴など通常の靴を選ぶときにも出てくるものなので、日本人のぼく達にも馴染みのあるものですが、「ワイズ」と言われても今まで靴を購入する場合に選んでこなかった場合には一体なんなのかわかりませんよね。

ワイズとは足の幅に関わるもので、通常スニーカーなどを購入する場合にはあまり気にすることがないかも知れません。こちらではブーツを購入する際のサイズとワイズのサイズ感などについてご紹介していきますね!

 

レッドウィングのブーツを選ぶときのサイズについて

レッドウィングのブーツを選ぶときには基本的に海外の表示で表記されたもので選ぶことになります。最近はスニーカーなどでもそうしたもので表示されていることが多いので、慣れている人もいるかも知れませんが、わからない場合には下の表を参考にしてください。

靴のサイズ換算(US表記)

  • 男性
    5(1/2)→23.5cm
    6→24.0cm
    6(1/2)→24.5cm
    7→25.0cm
    7(1/2)→25.5cm
    8→26.0cm
    8(1/2)→26.5cm
    9→27.0cm
    9(1/2)→27.5cm
    10→28.0cm
  • 女性
    4(1/2)→22.0cm
    5→22.5cm
    5(1/2)→23.0cm
    6→23.5cm
    6(1/2)→24.0cm
    7→24.5cm
    7(1/2)→25.0cm
    8→25.5cm
    8(1/2)→26.0cm

 

kensuke
あくまで換算なので多少の誤差はあります。男性用と女性用でもサイズが変わってくるので注意してくださいね!

 

レッドウィングのブーツを選ぶときのワイズ(ウィズ)について

ワイズは先述しましたが「足の幅」を示すもので、正確には足をぐるっと一周したときの周囲を表しています。表記の方法としてはアルファベットが使われていて、日本で販売されているレッドウィングのワイズは基本的にはDとEのみになりますね(ただし、並行輸入で海外のものを取り扱っている店舗ですと、他のワイズも置いてある場合があります)。

ワイズの表記

ワイズはサイズの小さい方から

A→B→C→D→E→EE(2E)→EEE(3E)

といった表記で表されます。

※英国表記の場合にはE以降はFとGで表しますので、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

レッドウィングのブーツの選び方

ということで、サイズとワイズがわかったところであとは好きなブーツを自分の足に合わせるだけですね。レッドウィングのブーツのサイズやワイズを自分の足に合わせるときにはポイントがあるので、それについてご紹介しますね。

 

ブーツは必ず試着をしよう!

先ほどサイズやワイズの話がありましたが、知識だけあっても実際に現物を履いてみないとわからないことは結構あります。レッドウィングのブーツはシリーズによっても多少サイズやワイズに差があったりするので、欲しいシリーズの実物を履いてみて自分の足にどのサイズとワイズが合っているのかを確かめておきましょう。

 

少し小さめのサイズを選ぶ

レッドウィングのブーツを選ぶときのサイズについてですが、レッドウィングのブーツのサイズは通常よりも多少大きめに作られているので、いつも履いているスニーカーなどのサイズよりはワンサイズ小さめのものを選ぶといいですね。

スニーカーなどで27.0cm(USサイズ9)を履いているのであれば、8(1/2)か8を履いてみてください。意外としっくりくるはずです。あとはワイズとの絡みになってくるので、サイズが決まったら、それぞれのワイズで違いを比べてみましょう。ワイズがDのときのサイズは8(1/2)だったけど、ワイズがEになるとサイズは8の方がしっくりくるなんてことはよくあります。

 

小指が当たらないものを選ぶ

履いてみたときにまだブーツが足に馴染んでいない状態で小指が当たっているようなものは確実にサイズとして小さいので、もうワンサイズあげるようにしましょう。いくらブーツが時間とともに足に馴染んでくると言っても、初めからそれでは足を痛めてしまいます。

ワイズについても足の甲が痛くならないものにするといいですね。ワイズについては靴紐や靴下の厚さで多少は調整することもできるので、ある程度のゆとりがあっても問題ないです。

 

kensuke
何よりも実際に履いてみることが一番いいということですね!

 

 

あとがき

レッドウィングのブーツはシリーズなどによってもサイズやワイズに多少の差はあるので、一度選んで購入したとしても、新しいものを改めて購入する場合にはもう一度実際に履いてみて自分の足にフィットするかどうか確認した方がいいですね。

レッドウィングのブーツを購入するには3万円前後の資金が必要になってきますし、そんなにバカバカと購入できるものではありません。せっかくいいものを買うのですから、しっかりと自分の足に合ったものを選ぶようにしましょう!

 

kensuke
履いたときのフィット感を大切にするといいですね!

 

 

 

スポンサーリンク

 

自分の趣味や好きなことが人の役に立って収入になる!

結婚して子育てや家のことをしながら働くのって大変じゃないですか? 子供も落ち着いたし、多少は時間はあるもののパートなどに出るのもちょっと微妙で……

ぼくの周りにはそんな友人が多いのですが、「就職するよりも家でできる仕事があれば一番良い!」という意見がほとんどです。

 

 

ぼくの友人にはそんな悩みから解放されるために、ネットをうまく利用して自分の趣味や好きなことを副業にしている方がいます。しかも、特に難しいことはしていません(笑)

ココナラ という自分の趣味や好きなことをサービスにすることができるサイトを使っていました。

彼女は旅行が好きなので、「旅行に出かけるときのプランを一緒に立てるお手伝い」をしたり、子育てもしているので「出産や子育ての相談」をしています。

しかも、お金をいただきながら ^ ^

 

 

ぼくも初めは「そんなのお金にならないよ……」なんて思っていたのですが、ちょっとしたことでも必要としてくれる方っているんですよね。

 

例えば、

・恋愛に悩んだときに誰かに相談したい

・浮気や不倫について誰かに話を聞いて欲しい

・脱毛しようと思うけど、体験した人の話を聞いてみたい

・カメラを買うのに、どれを買えばいいのかわからないので誰かに相談にのって欲しい

 

他にも色々な悩みがありますが、悩みを抱えつつも周りに相談ができないで悩んでいる方も結構いるんです。

もし、自分の経験がそんな人のためになって、喜んでもらえたら嬉しいですよね!?

自分の中では「そんな大したことじゃないから……」と思っていたことは、他の人からしてみたら実はかなりすごいことだったりするんです。

 

 

他のサービスでも、

・今まで色々な恋愛をしてきたから、デートプランを考える

・絵が得意なので、似顔絵やイラストを描いてあげる

・楽器が弾けるけど、初心者向けに楽器始め方の相談を受ける

・車を買うときの選び方や保険についての相談にのる

なんてことで、自分の趣味や得意なことでお金をいただいていたりします。

 

 

転職経験の多い親友は、 「転職の相談・アドバイス」や「ESの作成や添削」などをしていますね。

世間では夏休みの宿題代行なんてビジネスまで存在するくらいなんですから、意外なものでお金がいただけたりするんです。

 

 

ダメ元でもいいので、自分の得意なことをサービスにして出品してみたら、意外なほど人気が出るかもしれませんね!

初めは自身がないかもしれませんので、ワンコインとか定額でサービスを出品してみるといいですよ。

サービスを買ってもらえたときはめちゃくちゃ嬉しいですし、自分の中でもかなり自身になります。

人気が出てきたらそこから新たなビジネスにしてもいいですね。自分の好きなことが人の役に立って、しかもお金もいただけるなんて、こんな素敵なお仕事はないです。

 

 

とりあえず、登録(無料) すれば色々な人が出しているサービスを見ることができるので、登録だけしてみて、どんなサービスが出ているのか見ているだででも面白いですよ ^ ^

「こんなものまでサービスになるの?」って驚きのものまでありますので、それを見ているだけでも楽しいです。

 

 

ちなみに、登録すると自分でもサービスを購入することもできるので、面白いものがあったら使ってみると良いですよ!

ぼくは「イラスト作成」や「ロゴ作成」「ブログ相談」なんかのサービスを使いました。

500円とか1,000円のサービスがあるので、格安なのが嬉しいですし、ぼくは絵を描くのが苦手なので、そういうもが得意な人に手伝ってもらってかなり助かりました!

記事をシェアしていただけたら嬉しいです