佐野ラーメン麺屋ようすけはケンミンショーで紹介された有名店!

スポンサーリンク

栃木県の佐野市は佐野ラーメンが有名で、栃木県でも屈指のラーメン激戦区になっています。ぼくの出身は群馬県なのですが、栃木県にかなり近い場所に住んでいたので、ラーメンを食べに栃木まで行くこともしばしばありましたね。

そんな佐野ラーメンの中でも人気店のひとつが「麺屋ようすけ」さんです。こちらの記事では、人気の佐野ラーメンの店舗である「麺屋ようすけ」さんについてご紹介していますので、最後までお楽しみください。

 

佐野ラーメンの特徴

栃木県で有名な佐野ラーメンはスープが澄んでいて、全体的にあっさりとした仕上がりになっているのが特徴で、各店舗で仕上げられた青竹打ちの手打ち麺が多く、モチモチでツルッとした麺がそのスープによく合います。

店舗によってスープに使っているベースが異なっていて、豚骨ベースや醤油ベースなど様々な味のスープを楽しむことができるのが佐野ラーメンのいいところ。それぞれ違った味を楽しむことができるので、なんどいっても新しい味へのワクワク感が薄れません。しかも、佐野ラーメンの麺はコシがかなり強くて、その麺の感じに惚れてくせになる人も多いんですね。

 

 

麺屋ようすけ

そして、今回ご紹介する「麺屋ようすけ」さんは、食べログのベストラーメン2012・2013・2014を3年連続受賞し、他にもJapan Ramen Award 2016も受賞しているほどの実績をもつ実力店であり現地での有名店です。

人気はかなりのものがあるので、開店前から行列ができていることがほとんどで、2時間くらい待つこともザラです。駐車場も50台分用意されていますが、回転から1時間も経たずに全ての駐車場が埋まってしまうこともあります。

しかも、平日のランチタイムは14:30までの営業時間で麺がなくなり次第終了ということで、たとえ平日であっても、タイミングを間違えば食べることができないほどなんです。

 

麺屋ようすけさんの店舗は、東北自動車道の佐野藤岡ICから国道50号線バイパスを西に走って行くとある、東武鉄道佐野線の田島駅の近くなので、駅から歩いて行くこともできますね。

麺屋ようすけ

住所:栃木県佐野市田島町232
営業時間:平日 11:00~14:30 17:00~21:00
土日祝 11:00~21:00
定休日:火曜日
駐車場:あり(50台)
TEL:0283-85-9221

地元の人ならわかると思いますが、この周辺は車がないとなかなか移動が大変なんですね……

「麺屋ようすけ」さんは田島駅からも徒歩圏内なので、電車でラーメンを食べにいきたい場合でもかなり簡単に行くことができるのが良いですね!

車の場合でも佐野アウトレットからの距離も近くて、10分も走らせれば辿り着くことができますので、アウトレットに行ったついでや「ようすけ」さんでラーメンを食べてアウトレットで買い物なんて流れも良いかもしれませんね。

 

秘密のケンミンショーでも紹介された麺屋ようすけのラーメンの特徴

人気佐野ラーメン店である「麺屋ようすけ」さんのラーメンは、佐野ラーメン特有の透明系スープを使用していて、麺も佐野ラーメンの特徴である青竹打ちの平打ちの縮れ麺を使用しています。この手打ち麺は佐野ラーメン特有の麺のコシがかなり強くて、モチモチ感も味わえるんですよ。スープは醤油ダレベースのスープで、ダシの風味もきいていて旨みが出ています。

 

 

スープは醤油感が強い澄んだ褐色をしていますが、見た目ほど濃い感じはなくて、意外とあっさりしていますね。それでも、物足りなさもないですし、まろやかな口当たりがかなり麺とマッチします。

上に乗っている具材はチャーシュー、メンマ、ネギ、ナルト、ほうれん草と一般的なものですが、チャーシューは香ばしい香りがして甘酢技ない味付け、メンマの歯応えも良くて麺とスープの邪魔をしない程よい感じのトッピングが丁度良いです。

「麺屋ようすけ」さんはラーメン以外のメニューにもおつまみなどの一品料理もありますし、お酒も置いてあるので一杯やりながら締めにおいしいラーメンなんて楽しみ方もできますね!

「麺屋ようすけ」さんは佐野ラーメンの人気店と言うだけあって、「秘密のケンミンショー」や「鉄腕ダッシュ」などのTV番組でも紹介されているんですよ!

 

 

kensuke
餃子も美味しいですし、ラーメンと一緒にべるチャーシュー丼もまたたまらなくいいですよ〜

 

 

現地に行けない人はお取り寄せで麺屋ようすけの味を楽しめる

「麺屋ようすけ」さんのラーメンが美味しいのはわかったけど、佐野が遠くてなかなか行けない……

と言う場合には、ネットでお取り寄せをすることもできます。しっかりと「ようすけ」さんの味を楽しめるように「生麺でスープ付き!」ですよ〜

 

 

 

あとがき

ぼくは20代の頃は豚骨系のこってりラーメンをよく食べていましたが、最近は佐野ラーメンのようなこうしたあっさり系のスープのラーメンの方が好きですね。もちろん、店舗によっては豚骨系のスープを使用しているところもありますが、思ったほどドロドロした感じがしないのが佐野ラーメンのいいところでもあります。

 

kensuke
特に醤油ベースのあっさり目のラーメンを食べたいときには「麺屋ようすけ」さんはおすすめですよ〜

 

こちらの記事も人気です!
>>>群馬県の焼きまんじゅうのお店!作り方(レシピ)や通販についても紹介
>>>上州太田焼きそば岩崎屋はソースが特徴!持ち帰りや取り寄せはできる?
>>>佐野ラーメン麺屋ようすけはケンミンショーで紹介された有名店!
>>>群馬県桐生市グリーンカップゴルフクラブの早朝ラウンドが安い!
>>>太田イルミネーションの開催期間と営業時間・駐車場・混雑状況
>>>伊勢崎花火大会の穴場スポットはココ!交通規制の時間帯は?

 

スポンサーリンク

 

自分の趣味や好きなことが人の役に立って収入になる!

結婚して子育てや家のことをしながら働くのって大変じゃないですか? 子供も落ち着いたし、多少は時間はあるもののパートなどに出るのもちょっと微妙で……

ぼくの周りにはそんな友人が多いのですが、「就職するよりも家でできる仕事があれば一番良い!」という意見がほとんどです。

 

 

ぼくの友人にはそんな悩みから解放されるために、ネットをうまく利用して自分の趣味や好きなことを副業にしている方がいます。しかも、特に難しいことはしていません(笑)

ココナラ という自分の趣味や好きなことをサービスにすることができるサイトを使っていました。

彼女は旅行が好きなので、「旅行に出かけるときのプランを一緒に立てるお手伝い」をしたり、子育てもしているので「出産や子育ての相談」をしています。

しかも、お金をいただきながら ^ ^

 

 

ぼくも初めは「そんなのお金にならないよ……」なんて思っていたのですが、ちょっとしたことでも必要としてくれる方っているんですよね。

 

例えば、

・恋愛に悩んだときに誰かに相談したい

・浮気や不倫について誰かに話を聞いて欲しい

・脱毛しようと思うけど、体験した人の話を聞いてみたい

・カメラを買うのに、どれを買えばいいのかわからないので誰かに相談にのって欲しい

 

他にも色々な悩みがありますが、悩みを抱えつつも周りに相談ができないで悩んでいる方も結構いるんです。

もし、自分の経験がそんな人のためになって、喜んでもらえたら嬉しいですよね!?

自分の中では「そんな大したことじゃないから……」と思っていたことは、他の人からしてみたら実はかなりすごいことだったりするんです。

 

 

他のサービスでも、

・今まで色々な恋愛をしてきたから、デートプランを考える

・絵が得意なので、似顔絵やイラストを描いてあげる

・楽器が弾けるけど、初心者向けに楽器始め方の相談を受ける

・車を買うときの選び方や保険についての相談にのる

なんてことで、自分の趣味や得意なことでお金をいただいていたりします。

 

 

転職経験の多い親友は、 「転職の相談・アドバイス」や「ESの作成や添削」などをしていますね。

世間では夏休みの宿題代行なんてビジネスまで存在するくらいなんですから、意外なものでお金がいただけたりするんです。

 

 

ダメ元でもいいので、自分の得意なことをサービスにして出品してみたら、意外なほど人気が出るかもしれませんね!

初めは自身がないかもしれませんので、ワンコインとか定額でサービスを出品してみるといいですよ。

サービスを買ってもらえたときはめちゃくちゃ嬉しいですし、自分の中でもかなり自身になります。

人気が出てきたらそこから新たなビジネスにしてもいいですね。自分の好きなことが人の役に立って、しかもお金もいただけるなんて、こんな素敵なお仕事はないです。

 

 

とりあえず、登録(無料) すれば色々な人が出しているサービスを見ることができるので、登録だけしてみて、どんなサービスが出ているのか見ているだででも面白いですよ ^ ^

「こんなものまでサービスになるの?」って驚きのものまでありますので、それを見ているだけでも楽しいです。

 

 

ちなみに、登録すると自分でもサービスを購入することもできるので、面白いものがあったら使ってみると良いですよ!

ぼくは「イラスト作成」や「ロゴ作成」「ブログ相談」なんかのサービスを使いました。

500円とか1,000円のサービスがあるので、格安なのが嬉しいですし、ぼくは絵を描くのが苦手なので、そういうもが得意な人に手伝ってもらってかなり助かりました!

記事をシェアしていただけたら嬉しいです