RADWIMPS(ラッドウィンプス)のライブチケットの取り方!値段や倍率は?

スポンサーリンク

映画「君の名は。」の大ヒットもあって、さらに知名度が高まったRADWIMPS、今までも人気のバンドでしたが、これだけ人気になってしまうと、ライブのチケットを取るのもまたさらに大変になってきます。

特にRADWIMPSは、ツアーライブ自体の本数もそんなに多くないので、ファンとしてはライブが開催される機会にはどうしても参加したいですよね?

こちらの記事では、RADWIMPSのライブチケットを取るために、RADWIMPS(ラッドウィンプス)のライブチケットの取り方と値段や倍率についてまとめていますので、チケットを取る際にはぜひご参考にしてください。

 

RADWIMPS(ラッドウィンプス)のライブチケットの取り方

RADWIMPSのライブは毎年確実に行われているというわけではないので、その時々によって効果的な入手方法が変わってくることが予想されそうですが、基本的にはCDなどの購入特典による先行予約に応募することが、最も確率の高い方法であると言えます。

やはり、人気アーティストということもあって、一般販売になるとガクッと確率も落ちますし、そもそもほとんど枚数も用意されていない感じがあるんですよね。ただ、会場によっては普通に一般販売でも手に入る場合もあるので、こまめに公式ホームページを見るようにしましょう。

彼らがライブを発表したときには、ホームページで情報を得ようと見ているんですが、会場によっては普通に募集ができたりしますので、空いている会場の近くに住んでいる方はチャンスですよ。

 

ファンクラブでの先行予約はあるのか?

基本的にアーティストなどはファンクラブなどを持っていて、会員に対してライブチケットの先行予約の抽選を行うことが多いのです。ただ、RADWIMPSの場合にはこれまで、ファンクラブというものが存在しておらず、ライブが行われる際のチケットの先行予約については、CDの購入特典による先行予約が一番のメインとなっていました。

そもそも、RADWIMPSの場合にはアルバムの発売に合わせてのツアーを組むことがほとんどなので、そのときのCDの購入者に予約の特典をプレゼントするのは当たり前と言えば、当たり前かもしれませんね。

しか〜し、実はRADWIMPSは2016年10月末からファンクラブを設立しています。ただ、こちらのファンクラブに関しては、スタッッフの側からも、会費をとってチケットの先行予約などを実施することに対して少々抵抗があるようで、今の所は無料での運営と情報の発信が主になっていて、特別チケットの先行予約などに応募できるといったようなものではありません。

 

ファンクラブではファン同士でのチケット売買が可能

ただ、そちらのファンクラブでは、RADWIMPSファン同士でチケットの譲り合いができるような仕組みづくりがなされていて、マッチングサービス「リセール」を通じて、ファン同士が定価でチケットのやり取りができるようになっています。

「せっかくチケットが手に入ったのに急遽行けなくなった」など、転売を目的としないファンの方がチケットを譲りたいときには便利なサービスですね。確かに、ラッドのファンであれば、チケットの転売でお金儲けするよりは、純粋に「同じファンに自分の代わりにライブを楽しんでもらいたい」と思うでしょうから、お互いメリットがあります。

 

スポンサーリンク

 

ライブチケットの値段

RADWIMPSのライブについてですが、チケットの値段は各会場の規模などによっても変わって来ます。だいたいですが、4,000〜6,000円くらいの間くらいになることが多いですね。そこまで、高すぎるという値段の設定ではないです。 

 

転売によるチケットの値段はやはり高騰

でも、やっぱり、人気アーティストということもあって、チケット自体がなかなか入手しにくく、チケットの転売サイトなどでは、高騰が目立ちます。

チケット販売サイト大手の「チケットキャンプ」でも見てみましたが、ほとんどの会場で1枚あたり15,000円以上となっていて、1枚あたり2万円台で販売されているものもざらでしたね。本家の公式サイトだけでは、やはりそうそう自分の都合よくチケットが手に入るものでもないでしょうから、RADWIMPSのライブに参戦する確率を上げるのであれば、こうしたサイトの利用も重要になってきます。

あとは、チケットの販売価格とお財布を天秤にかけて、判断ですね。

 

チケットキャンプ

 

 

RADWIMPSのチケットの倍率

RADWIMPSのライブチケットの倍率については予想計算してくれている方がいて、その方の予想計算だと日本全国平均で1.43倍くらいではないかという数字が出ています。そちらの結果では、倍率の高いところは北海道で3.95倍、地方では逆に定員割れして1倍にも満たないところなどありましたが、首都圏などの大きな都市での倍率はだいたい1〜2倍の間くらいでした。

確かに、キャパの大きなさいたまスーパーアリーナや横浜アリーナなんかがあることを考えると、このくらいの倍率は順当かもしれません。

 

倍率は土曜日が高くなる傾向がある

それから、基本的にライブチケットの倍率は、ライブが土曜日に開催されるものが一番高くなる傾向があります。首都圏での開催でライブの時間が日曜日の夜だと、地方から参戦した方は終電などに間に合わなくなってしまう可能性がありますからね。せっかくライブに行くのであれば、最後まで思い切り楽しんで、ゆっくりと過ごしたいでしょうから、時間を気にしなくてもいい土曜日に人気が集中するんです。

逆に言えば、日曜日の遅い時間での開催や金曜日などお休み前以外の平日であれば、比較的地方からの参戦者が減る傾向にあるので、競争率が減ってチケット当選の確率は上がります。

 

 

あとがき

RADWIMPSのチケットに関しては、取りにくいものの、そこまで倍率は高くないようなので何度か申し込んでいれば当選する確率は割と高いでしょう。ただ、ツアー自体が毎年あるわけでもないので、「ライブを見に行ける機会」ということは割と少なくなってしまいます。

もちろんこれは、単独でのライブでの話なので、フェスなどの観戦にけば生で見ることのできる可能性は増えます。でも、やっぱり、単独ライブだと演出なども変わってくるので、ファンとしてはぜひ単独ライブを観に行きたいですよね。

チケット入手の手順としては、まずは自分で先行予約申し込み、ファンクラブで行けなくなったファンの方から譲ってもらう、「チケットキャンプ」などのチケットサイトから購入するといった形になります。もちろん、転売のものを購入するときには、値段も割高になってきますので、行きたい気持ちに勝るような値段のときだけ買うようにするといいですね!

 

こちらの記事も人気です!
>>>君の名はカフェの混雑状況と待ち時間!営業期間や予約についても調査

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです