青空レストランの徳島産のアオリイカは通販のお取り寄せで購入可能?

スポンサーリンク

2016年12月3日に放送された「青空レストラン」にて、宮川大輔さんとゲストの吉本の芸人尼神インターの2人が、徳島県の牟岐町(むぎちょう)でアオリイカの漁に挑戦しました。このアオリイカは国産のものは一般的にはあまり流通することがないので、家庭の食卓にはあまり並ぶことがないかもしれないですが、産地によっては実はネットの通販などで購入することができるので、簡単にお取り寄せをすることができるんです。

 

日本国産のアオリイカは高級食材として扱われている

アオリイカの特徴としては、弾力性に富んだ肉質で甘みがあって、栄養面でも国産の以下としては遊離アミノ酸が最高水準に含まれているために旨味が強いんです。それなので、刺身にして自然の味わいでも美味しいですし、天ぷらや一夜干し、フライなんかにしても美味しいんですよ!

ただし、冒頭でも書きましたがこの「アオリイカ」は国産のものは一般的にはあまり流通することがないので、近くのスーパーなどの鮮魚コーナーなどではあまり見かけることが少ないかもしれません。通常見かけることが多いのは、料亭や小料理屋などで扱われているのもがほとんどで、そうしたところでは高級食材として扱われていることが多いですね。

 

アオリイカの旬はいつ?

このアオリイカは通念を通して収穫ができるんですが、物によっては夏ころが旬であったり、秋からのシーズンが旬のものがあったりします。基本的には親のアオリイカの旬は産卵のために集まってくる春から夏にかけてが旬とされていて、子供のアオリイカは冬に向けて深場に移動する前の10月〜11月ころが旬と言われています。

青空レストランではこの秋の時期の子供のアオリイカを狙って漁に出たということですね。

 

スポンサーリンク

 

徳島産のアオリイカの特徴

徳島のアオリイカは瀬戸内海の栄養豊富な海で育っているので、甘みが強くてモチモチとした食感があるのが特徴ですね。瀬戸内海では、アオリイカのエサになるエビや魚類が豊富に生息しているので、そうしたエサをバクバクと食べてしっかりと成長したアオリイカは、身もしっかりとしていて甘みのあるモチモチとした食感が出てくるんです。

 

kensuke
栄養とエサの豊富な海で育っているので、コリコリとした食感と旨味を楽しむことができるんですね!

 

 

アオリイカのお取り寄せ・通販での購入方法

今回「青空レストラン」で放送されたアオリイカは徳島産のものなのですが、実は徳島産のアオリイカはネットなどでは販売されていないので手に入れることができないんです。番組を観ていてぜひ食べてみたいと思ったので残念でした。

ただ、国産のアオリイカに関しては徳島の近くである淡路産のものであればネットでお取り寄せをすることができます。徳島産のものではないですが、同じ瀬戸内海の豊富なエサを食べて成長したアオリイカなので、もちろんこちらの味も負けていないはずです!

 

 

 

kensuke
水揚げから即日発送してくれる活〆のアオリイカというところが嬉しいですね!見ているだけでもよだれが出てきます……

 

 

あとがき

以下の種類ってそこまで気にしたことがなかったですけど、今回の放送でアオリイカを観ていたら「イカを食べるときにはアオリイカを食べたいっ!」って思いました。食については、そこまで気にしたことはなかったですが、旬の時期や産地をしっかりと調べておくと季節に応じて美味しいものを食べることができそうですね。日本は四季があって季節に応じて美味しい食材が変わっていくので、日本人として少しでもそうしたものに関心を持って、「食」についてももっと楽しんでいきたいです。

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです