窓の結露の対策方法!家庭にあるアレで簡単に結露を防止できる!

Sponsored Link

寒い季節になると気になるのが窓にできてしまう結露。知らないうちに窓に水滴がついて垂れてきてしまうと、周辺がビショビショになってしまいますし、下手をすると周辺の床などにカビが発生してしまう原因にもなります。カーテンも汚れますし、最悪ですよね。

窓にできる結露、なるべくであれば予防したい!実は、家庭にあるものを使うだけで意外にも簡単に予防することができるんです。

 

kensuke
ということで今回は、窓の結露の対策方法についてまとめます。

 

窓の結露の原因

窓の結露の原因は室内の温度と室外の温度の温度差によって生じます。

基本的に空気中に存在する水分の量は温度が高ければ高いほど空気中にたくさん存在することができるので、室内の温度が外の温度に比べて高い場合には室内の空気の方がたくさんの水分を含んでいることになります。

その空気が窓の周辺に来たときに窓を境に室外の温度に触れると、空気の温度が冷やされてしまうので水分を含みきれなくなって窓に水滴の形で出てきてしまうんですね。これが窓の結露の原因です。

 

特に夜ぼく達が眠っている間にはたくさんの汗をかいたり、呼吸によって空気中に水分が吐き出されているので、知らぬ間に室内の湿度が上昇してしまっているんです。こうして室内に含まれる水分量がさらに増えてしまうことで、より窓に水滴がつきやすくなってしまうんですね。

 

kensuke
ということは逆に、室内のと室外の温度の差をなくしてあげれば窓の結露を防止できるということですね!

 

窓の結露を防止するためのポイント

  • 室内の気温と窓周辺の気温の差を出来るだけなくす
  • 室内の湿度を上げすぎないようにする

 

Sponsored Link

 

窓の結露の対策・防止法

窓の結露の対策・防止するための方法はいくつかありますのでご紹介します。窓の結露の対策のためにはわざわざ何か特別なものを準備しなくても、家庭にあるもので効果的な対策を取ることができるんです!

 

 

台所用洗剤で窓を拭く

家庭にあるもので簡単に結露の対策をすることができる方法がこれです。キッチンにある台所用洗剤を20倍程度に薄めて雑巾などにつけて窓を拭いてください。たったそれだけで、台所用洗剤に含まれる界面活性剤の効果で窓に膜ができて水滴がつかなくなります。

洗剤がついた雑巾で窓を拭いた後には、何もついていない雑巾で乾拭きをすることも忘れないでくださいね。そのままだと、拭き跡が残って窓が汚くなってしまいますよ。

 

kensuke
この効果は5日くらい続きますので、週に1〜2回程度窓の掃除も兼ねて拭いてあげると効果が持続します!

これ以外にも結露防止用の専用スプレーも販売されていますので、そうしたものを使うのもいいかもしれませんね。

 

 

 

眠る前に換気をする

先ほども書きましたが、ぼく達が眠っている間には汗や呼吸によってかなり室内の湿度が上昇してしまっています。この状態で夜が深まっていくとさらに室内と室外の気温の差が大きくなって、よりたくさんの水滴が窓につくようになってしまうんですね。

ということで、眠る前に一度窓を開けて換気をしてあげることで、室内の温度を室外の温度に近づけることができて、結露を予防することができるんです。

 

kensuke
ただ、この方法は一時的なのでなるべく他の方法と組み合わせて使う方がいいですね。

 

 

緩衝材(プチプチ)を窓に貼り付ける

緩衝材であるプチプチは衝撃を和らげるだけでなく、空気の空間ができるので断熱効果も備えています。この緩衝材(プチプチ)を窓に貼り付けると、室内と室外に空気の隙間ができるので室内の空気が直接窓に触れずに、窓の結露を防ぐことができます。

ホームセンターなどでも安く買うことができるので、割とお手軽にできる方法ですね。

 

kensuke
見た目は悪くなりますが、プチプチ自体は透明ですので光も入ってきますし効果は抜群ですよ!

 

 

 

結露防止シートを窓に貼る

先ほどの緩衝材(プチプチ)に似ていますが、ちゃんと結露防止用のシートも販売されています。こちらの場合は窓に直接貼るものとサッシに貼るものと2種類ありますので、サッシの結露も気になる場合には使ってみてください。特にサッシが金属製の場合には熱を通しやすいのでかなり結露が生じやすいです。

安いものであれば100均などでも売っていますし、ホームセンターでも販売されています。可愛いイラストがあるものも多いので、緩衝材(プチプチ)に比べて見た目を崩さないのがメリットですね。

 

kensuke
剥がすときにはシール剥がしなどで剝がせますので、賃貸の部屋などでも使いやすいですよ!

 

 

 

 

サーキュレーターなどで部屋の空気を循環させる

結露を防止するためには部屋の空気を循環させる方法もあります。窓に結露ができる場合には室内の同じ空気が窓に常に接した状態になってしまうために、その部分の空気だけ局所的に冷やされて水滴が出てきてしまうんですね。

ただ、サーキュレーターなどで室内の空気を循環させている場合には、窓周辺の空気が常に入れ替わっている状態になるので、その部分の空気だけが冷やされてしまうということが起きにくくなり、結露もしにくくなるんですよ。

他にも空気を循環させるためにカーテンを極力開けておくものいいですね。カーテンを閉めた状態だと窓とカーテンの間にある空気は循環しにくくなるのでその部分だけ冷やされて結露が起きやすくなります。

 

kensuke
ただ、カーテンを開けたままでは外から丸見えになってしまうので状況を考えながらやってくださいね!

 

 

 

新聞紙を窓に貼り付ける

これも新聞をとっている家庭であれば行いやすい方法です。窓に結露が出はじめたときにいらなくなった新聞紙を窓にそのまま貼り付けてしまいましょう。そうすると新聞紙がそのまま窓についた水滴を吸いとってくれますし、その後に水滴がつきにくくなります。新聞紙によって断熱効果もあるので部屋の保温にもなりますよ。

 

さらに朝になってから、濡れて窓にくっついている新聞紙でそのまま窓を拭いてあげると、新聞紙のインクの油の効果によって窓がピカピカになるので、掃除もできて一石二鳥です。

 

Sponsored Link

 

あとがき

窓の結露はカーテンや周辺の床が汚れるだけでなく、カビなどの原因になるのでなるべくであれば防ぎたいですよね。今回紹介したように台所用の洗剤や新聞紙など家庭にあるものでも簡単に対策をとることができますので、手軽にできそうなものから試してみてください。

 

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです