さつまいもを長持ちさせる保存方法!冷凍保存は可能?保存期間は?

スポンサーリンク

さつまいもを家庭などで栽培したり、芋掘りなどに行った場合にはかなりたくさんのさつまいもが手元に残ってしまうことってありませんか?ある程度はご近所さんや知り合いに配ったりはできても、まだまだ、たくさん残ってる……

さつまいものシーズンになるとそんな状況はよくあると思います。さつまいもはしっかりとした保存方法で管理すれば、収穫した秋の季節から春先まで保存することができますが、逆に管理がしっかりとしていないとすぐにダメになってしまいます。一体どうすればさつまいもを長期間保存できるのでしょうか?

 

kensuke
ということで、今回はさつまいもを長持ちさせる保存方法についてまとめていきます。

 

さつまいもを保存するときの注意点

さつまいもを水洗いしてはいけない

さつまいもを保存するときに最も注意しなくてはいけないのがこれです。畑などから採ってきたばかりのさつまいもにはたくさんの泥が付いているので保存する前に水で洗いたくなりますが、実はこの行為はさつまいもを早く腐らせてしまう原因になってしまいます。

保存するときには水洗いをせずに泥のついたまま保存するようにしてください。

 

kensuke
さつまいもを水洗いしてしまうと、表面から水分を吸収してしまって、カビたり痛みやすくなってしまうんです……

 

 

密閉保存をしてはいけない

食材などを保存するときには酸化を防ぐために密閉して保存する場合もあるかもしれませんが、この方法はさつまいもを保存するときには向きません。さつまいもをそのまま保存する場合には、まだ、さつまいもは表面から呼吸をしているので、通気性のない状態にしてしまうと二酸化炭素が増えすぎて呼吸ができなくなってしまい、さつまいもが腐りやすくなってしまいます。

 

それから、通気性が悪い状態で密閉されたてしまうと、中に残った水分によってさつまいもにカビが生えてしまうんです。

 

kensuke
さつまいもを保存するときには、ビニール袋や発泡スチロールなどの密閉容器は避けて、ダンボールや新聞紙などある程度通気性のあるもので保存するようにするといいですよ。

 

 

冷蔵庫での保存もNG

さつまいもは元々中南米に生息していた植物なので、寒い状態は、さつまいもにとって快適ではありません。

野菜などを冷蔵庫で保存する感覚でさつまいもを冷蔵庫に入れてしまうと、低温障害を起こしてしまって、早く痛む原因になってしまいます。

 

kensuke
さつまいもは冷蔵庫には入れずに常温で保存するようにしてください!

 

スポンサーリンク

 

さつまいもの保存方法

さつまいもを保存する際にはここまで挙げてきた、

 

さつまいもを

  • 水洗いしない
  • 密閉保存しない
  • 冷蔵庫に保存しない

 

の内容に注意しながら保存するようにしましょう。

 

手順として、

 

  1. 掘ってきたさつまいもは水洗いをせずに周りの土はそのままの状態で、雨や日の当たらない場所などで新聞紙を広げて乾燥させてください。3〜4日程度乾燥させると周りについている土も乾燥しているので、手で払っただけでもある程度落ちてキレイになります。
  2. それから、新聞紙に包んでダンボールなどのある程度通気性の確保できるもので保管すればOKです!包むものはタオルや毛布などであればさらにいいですね、捨てるものや要らないものがある場合には使ってみてください。

 

こんな感じで保存すれば大丈夫です。

保存のときには、気温の変化が少なくて日の当たらない暗い場所で保管するようにしてください。床下収納などがあるのであれば、そちらでいいと思います。さつまいもは日に当たってしまうとすぐに発芽してしまうので、注意してくださいね。

 

それから保管するときの温度と湿度ですが、温度は10〜15℃程度、湿度は80%程度で保管するのがさつまいもにとっては良好な環境です。

 

kensuke
湿度80%って意外と高いですよね、さつまいもが育っていた土の中の感覚なのでしょうか……

 

 

 

保存期間

さつまいもの保存期間についてですが、

畑から採ってきたものや土のついたままのさつまいもの場合は、先ほど挙げたような注意点を守りながらうまく保存すれば3ヶ月程度は保管することができます。

ただ、スーパー等の売り場に出されているものは、すでに水洗いをしてキレイにしてしまったものが多いので、基本的には長期の保存には向いていないです。そういったものは保存はせずにすぐに食材として使ってください。

 

kensuke
本当に上手に保管すれば春先まで持つこともありますよ!

 

 

 

さつまいもを冷凍保存するためには

寒さに弱いさつまいもですが実は冷凍保存する方法もあります。さつまいもを冷凍で保存する方法は、「さつまいもを一度加熱処理をしてから冷凍保存する」これだけでOKです。

 

さつまいもを加熱して通して芯まで火を通したり、焼き芋にしたりしてしっかりと火を通すことで冷凍保存が可能になります。加熱したさつまいもを保存するときには、ラップなどに包んで保存するようにしてください。使うときにはレンジで加熱するだけで大丈夫ですよ!

 

 

kensuke
さつまいもは寒さに弱いので生のまま冷凍保存してしまうと細胞が壊れて味や風味を落とすだけでなく、舌触りも悪くなります。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

甘くて美味しい旬の時期に採れたさつまいもは、なるべく長い期間美味しい状態で保存しておきたいですよね。さつまいもを保存するときには、

 

  • 水洗いしない
  • 密閉保存しない
  • 冷蔵庫に保存しない

 

といった基本的な部分を守れば、長持ちさせることができます。

さつまいもを採りすぎてたくさん余ってしまった場合には、ぜひこちらの方法を参考にして保存してみてください!

 

 

 

自分の趣味や好きなことが人の役に立って収入になる!

結婚して子育てや家のことをしながら働くのって大変じゃないですか? 子供も落ち着いたし、多少は時間はあるもののパートなどに出るのもちょっと微妙で……

ぼくの周りにはそんな友人が多いのですが、「就職するよりも家でできる仕事があれば一番良い!」という意見がほとんどです。

 

 

ぼくの友人にはそんな悩みから解放されるために、ネットをうまく利用して自分の趣味や好きなことを副業にしている方がいます。しかも、特に難しいことはしていません(笑)

ココナラ という自分の趣味や好きなことをサービスにすることができるサイトを使っていました。

彼女は旅行が好きなので、「旅行に出かけるときのプランを一緒に立てるお手伝い」をしたり、子育てもしているので「出産や子育ての相談」をしています。

しかも、お金をいただきながら ^ ^

 

 

ぼくも初めは「そんなのお金にならないよ……」なんて思っていたのですが、ちょっとしたことでも必要としてくれる方っているんですよね。

 

例えば、

・恋愛に悩んだときに誰かに相談したい

・浮気や不倫について誰かに話を聞いて欲しい

・脱毛しようと思うけど、体験した人の話を聞いてみたい

・カメラを買うのに、どれを買えばいいのかわからないので誰かに相談にのって欲しい

 

他にも色々な悩みがありますが、悩みを抱えつつも周りに相談ができないで悩んでいる方も結構いるんです。

もし、自分の経験がそんな人のためになって、喜んでもらえたら嬉しいですよね!?

自分の中では「そんな大したことじゃないから……」と思っていたことは、他の人からしてみたら実はかなりすごいことだったりするんです。

 

 

他のサービスでも、

・今まで色々な恋愛をしてきたから、デートプランを考える

・絵が得意なので、似顔絵やイラストを描いてあげる

・楽器が弾けるけど、初心者向けに楽器始め方の相談を受ける

・車を買うときの選び方や保険についての相談にのる

なんてことで、自分の趣味や得意なことでお金をいただいていたりします。

 

 

転職経験の多い親友は、 「転職の相談・アドバイス」や「ESの作成や添削」などをしていますね。

世間では夏休みの宿題代行なんてビジネスまで存在するくらいなんですから、意外なものでお金がいただけたりするんです。

 

 

ダメ元でもいいので、自分の得意なことをサービスにして出品してみたら、意外なほど人気が出るかもしれませんね!

初めは自身がないかもしれませんので、ワンコインとか定額でサービスを出品してみるといいですよ。

サービスを買ってもらえたときはめちゃくちゃ嬉しいですし、自分の中でもかなり自身になります。

人気が出てきたらそこから新たなビジネスにしてもいいですね。自分の好きなことが人の役に立って、しかもお金もいただけるなんて、こんな素敵なお仕事はないです。

 

 

とりあえず、登録(無料) すれば色々な人が出しているサービスを見ることができるので、登録だけしてみて、どんなサービスが出ているのか見ているだででも面白いですよ ^ ^

「こんなものまでサービスになるの?」って驚きのものまでありますので、それを見ているだけでも楽しいです。

 

 

ちなみに、登録すると自分でもサービスを購入することもできるので、面白いものがあったら使ってみると良いですよ!

ぼくは「イラスト作成」や「ロゴ作成」「ブログ相談」なんかのサービスを使いました。

500円とか1,000円のサービスがあるので、格安なのが嬉しいですし、ぼくは絵を描くのが苦手なので、そういうもが得意な人に手伝ってもらってかなり助かりました!

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です