日光東照宮のパワースポットの石畳の場所と効果!待受画像でご利益UP

スポンサーリンク

日光東照宮の中でもエネルギーを受け取りやすく、人気のあるパワースポットが石畳の場所です。石畳の場所はしっかりとエネルギーを受け取るための設計になっているので、その場所に立って東照宮のエネルギーを感じ取れば、体の中にある生命エネルギーがより活性化されて、いろいろなことが上手くいくようになります。

こちらの記事では、日光東照宮のパワースポットの石畳の場所や効果についてまとめています。東照宮にあるその他のパワースポットについてや、より効果的なエネルギーの受け取り方についても解説していますので、最後まで是非お楽しみください。

 

日光東照宮のパワースポットの石畳の場所(位置)

日光東照宮の中でもパワースポットとして人気の高い「石畳」の場所ですが、東照宮の中にある「陽明門」の手前、青銅門のある場所に広がっています。

ただ、最もエネルギーの強いポイントは石畳全体ではなく、その中のある一箇所の1枚の石なんです。

そんな場所があるのであれば、ぜひともそこに立っておきたいですよね?

そのパワースポットの石畳の場所について、文章だけだとちょっと説明がしにくいので、図と一緒にご紹介していきますね。

 

 

石畳の中でも特にパワーをもらえる1枚の石の場所は、青銅門の手前の図の位置のあたりです。場所は図の石畳の左下の角から

三角の石から中央へ3つ、

そして青銅門の方向に2つ、

進んだ場所にある石です。

 

 

拡大すると、こんな感じですね。

この場所に立つことで、日光東照宮のエネルギーをより多く受け取ることができるということです。

東照宮で、陽明門の場所に行ったら、まずはこの場所でより強いエネルギーを頂くようにしましょう!

 

でも、こちらの石の場所に立つと一体どんな効果があるのかも気になりますよね?

次の項では、強力なパワースポットである石畳の場所での効果についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

日光東照宮のパワースポットの石畳の効果

日光東照宮の陽明門の前にある石畳のパワースポット、エネルギーの強い場所ではありますが、実際にはどんな効果があるのでしょうか?

 

実際に言われているのは、このスポットに立つことで、日光東照宮から東京(江戸)の方面に向けられて流れているエネルギーをもろに受け取ることができるということです。

ただでさえ強いエネルギーの塊である日光東照宮の中を流れているエネルギーの流れの真ん中に入れるということですね。

実際にこの場所に立った場合には、人によっては何かエネルギーを感じたり、体温が上がってポカポカとしてくる人もいます!

ぼくは立ってみたのですが、体温ポカポカほどまでいきませんでしたが、確かに強いエネルギーは受け取れた気がしますね。

 

本当にすごいエネルギーの流れのある場所なので、せっかく日光東照宮まで行ったのであれば、この場所に立ってみましょう。

 

石畳の場所はなぜパワースポットになっているのか?

日光東照宮の中でもこの場所にエネルギーの流れがあるのは、東照宮を建設したときの設計が絡んでします。

実は日光東照宮は、徳川家康のお墓でもあるのですが、天下をとった家康のパワーと、日光の土地にもともとある自然のエネルギーのパワーを、東京(江戸)に向けて送るように作られているのです。

この日光からのエネルギーの流れの通り道のど真ん中に当たるのが、この石畳の場所なんですね。

 

先ほどお伝えした石畳の場所は、日光東照宮が建設された当時の人々の平均身長(およそ150cm)から考えられていて、あの石畳の場所から陽明門の方向を見ると青銅門の中に陽明門がフレームに囲まれたように見ることができます。

そして、そこから見える陽明門の真上にちょうど北極星が来るように設計されているんです。

 

 

写真で見るとこんな感じですね。陽明門の前にちょうど北極星が来ています。こんな写真が撮れたらめちゃくちゃご利益がありそうです。

 

そして、この石畳の場所と北極星の間には徳川家康のお墓である「奥宮宝塔」が存在します。

この北極星と奥宮宝塔のを結んだ線の延長線に江戸(東京)があり、北極星と家康の2つの大きなエネルギーがこの場所を通して送られるようになっているんです。

パワースポットとして知られている石畳の1枚の石は、そのエネルギー通り道のまん真ん中に位置する場所ということなんですね。

 

 

スポンサーリンク

 

一応、当時の平均身長に合わせて設計されているので、背の高い(150cm)以上の人がこの場所から青銅門の方向を見ても、うまい具合に陽明門が収まりませんが、そのときには少し背を低くして見てください。青銅門の中に上手く収まった陽明門が見えるはずですよ!

ただ、ご紹介した石畳の位置が良いとされていますが、身長が高い人にとっては少し青銅門側に進んだ方向にある石畳がパワースポットと言っても良いのではないでしょうか?結局は北極星と家康の墓の延長線上にあれば、エネルギーの通り道ということになりますからね。

 

もし、混雑していてなかなか踏めない場合には、臨機応変に多少前後しても、エネルギーは受け取れますよ!ひとりの人に集中して取られてしまうほど、エネルギーの流れは弱くありませんから(笑)

 

 

その他のパワースポット

さてさて、ここまでは日光東照宮にある石畳のパワースポットの場所と効果について解説してきましたが、世界遺産にも登録されている有名パワースポットということもあって、他にもまだまざたくさんのパワースポットが存在します。

ここからは、日光東照宮にあるその他のパワースポットについてもご紹介していきます。

 

神厩舎(しんきゅうしゃ)

 

神厩舎と聞いても「ピンっ!」とこない方も多いと思います。ただ、ここは東照宮内でもかなりの有名スポットです。

「三猿」って聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

「見ざる・聞かざる・言わざる」の3匹の猿のことですね。この三猿がいる建物が「神厩舎」と呼ばれる場所です。「厩舎」って言葉はあまり聞かないかもしれませんが、馬のお部屋ですね。

 

この三猿のいる神厩舎には、その名の示すように実はちゃんと馬が生活できるように厩舎になっていて、今でも厩舎の中に馬がいるときがあるんですよ。

神厩舎は建物自体もパワースポットでもあるんですが、この馬のいるタイミングで厩舎に行くことができると、さらに運気が上がるとされています。

中国では「馬上の猿」という諺(ことわざ)があって、「出世が早くなる」という意味のある非常に縁起の良いものとされているんです。そんな意味も込めてしっかりと厩舎の上に猿が来るように建物が建てられているんですね。

 

馬も白馬ってところがさらに神聖さを感じさせてくれますよね?

神厩舎に行ったときにタイミング良く馬を見ることができたら「かなりラッキー」と思ってください。ちなみにこの神厩舎の馬は基本的には朝の9時30分頃から12時頃にいることが多いです。この時間を狙っていけば、出会える確率が増えますよ!

 

鳴き龍(薬師堂)

 

TERUさん(@teru.1128x)がシェアした投稿

 

薬師堂の鳴き龍は現地では有名ですが、パワースポットとしてはあまり名前が出てこないですね。やはり、その他の場所が人気だからでしょうか?

ただ、こちらの鳴き龍は実際に音として東照宮の神聖さを体験することができますので、ぜひとも聞いていただきたいですね。

薬師堂の建物自体もそうですし、何より天井に描かれている龍の絵にもかなり迫力があります。

 

スポンサーリンク

 

龍の鳴き声を聞いた人は「運が開ける」と言われていますので、神聖な場所の音からも東照宮のパワーを感じ取って、受け取りましょう。

ちなみに、動画などの映像から聞いても効果があると言われていますので、youtubeなどで見つけたら聞いてみましょう。きっと東照宮のパワーを受け取ることができますよ!

(ということで、youtubeで見つけた「鳴き龍」の鳴き声の入った動画を載せておきます。龍の場所の音だけが、不思議な響きのある音になって聞こえてきますよね?

なんだか、普通の音の波動とは違う波だというのが、動画からでもわかります。その不思議なパワーを持ったエネルギーの波が、ぼくたちの耳から直接体の中に入ってきているということですね。)

 

 

ちなみに日光東照宮では鳴き龍の音を発する鈴も販売されています。こちらの音色も普通の鈴の音とは違って、不思議な感じです。

 

 

奥宮宝塔・叶い杉

 

日光東照宮のパワーの源のひとつと言っても良いくらいすごいエネルギーを発しているのが徳川家康のお墓である「奥宮宝塔」です。

天下を取った人が眠る場所ですから、日光東照宮の中でも最も神聖な場所と言っても良いですね。神聖な場所ということだけあって、周囲にはかなり厳かな雰囲気がある場所です。

 

そして、その奥宮宝塔の横には「叶い杉」という杉が立っています。こちらの杉の根元のあたりには、穴が空いているのですが、その穴に向かってお願いごとを唱えると願いが叶うとされています。願いが叶うから「叶い杉」なんですね(笑)

この杉自体もかなりエネルギーを発信しているので、両手の手のひらを向けて杉からのエネルギーを受け取るようにすると良いですよ!

 

そして、場所の近くには井戸が設置されています。

この井戸はあまり気にしない人が多いのですが、願いごとをした後には井戸の水に触れて、願いごとが体の中に染み込んで定着するようにすると良いんです。あまり多くの人がしていないからこそ、これを知っている人は運気を上げるチャンスかもしれませんね。

 

上神道(かみしんみち)

日光東照宮には「上神道」と呼ばれる参道があります。この参道は日光東照宮と隣にある日光二荒山神社を結ぶ道で、2つの神聖な場所を結ぶエネルギーの通り道でもあります。

ここを通るだけでも、2つの場所を行き交うエネルギーに触れることができるんですね。ちなみに、参道を歩くときには、参道の真ん中ではなく端を歩くのが良いとされています。

もともと参道は神様が通る道ですので、その真ん中を堂々と歩いてしまうのは良くないんですね……

この場所を通るエネルギーももちろん神様のエネルギーなので、それを邪魔しないように歩くようにしましょう!

 

 

日光東照宮は東照宮全体がパワースポットなので、その場所に行くだけでもたくさんのエネルギーを受け取ることができますが、せっかくであれば、よりエネルギーが強くてパワーを受け取りやすい場所を参拝することでさらに運気を上げることができます。

ぼくも東照宮を訪れたときには時間が許す限りは、こうした場所でより強いエネルギーを受け取るようにしていますね。

さらに場所に対してもそうですが、受け取るときにもしっかりと受け取る準備をすることで受け取るエネルギーを増やしたり、受け取ったエネルギーをより効果的に生かすことができるようになります。

次の項では、その方法についてご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

日光東照宮のパワースポット効果を生かすコツ

日光東照宮では、単純にパワースポットに行くだけでなく、よりエネルギーを受け取りやすくしたり、東照宮から帰った後にもそのパワーの効果を維持できるような方法もあります。

「実際にどこまで効果があるの?」と言われると、なんとも言えませんが、験担ぎくらいな感覚で実践してもらえれば、実際に運が良くなっているように感じることができます。

 

待ち受け画面にするとご利益がある

最近はスマホがかなり普及したこともあって、待ち受け画面に縁起の良いものを表示している人も多いのですが、日光東照宮のある場所の写真を待ち受け画面に設定するとご利益があると言われています。

その場所とは……

徳川家康のお墓である「奥宮宝塔」

です。

 

この奥宮宝塔を待ち受け画面にすると、家康のパワーをスマホの画面から受け取ることができると言われているんですね。

そして、待ち受けにする写真は先ほど奥宮宝塔をご紹介するときに一緒に出てきた「叶い杉」が一緒に写っているとさらに良いんです。

特に一番良いのは宝塔と叶い杉が重なるように撮影されているものなんですよ!

 

奥宮宝塔を写真に撮る場合には、「奥宮宝塔」と「叶い杉」が重なるような1枚も撮っておきましょう!

 

 

願いごとは周囲と共に成長して行くイメージで願う

徳川家康といえば、天下統一を果たして江戸幕府を開いた方として有名ですよね。それほど偉大なことを成し遂げた人なので、かなりのパワーを持っていたのは間違い無いですが、でも、いくら徳川家康といえど決して一人では天下統一は成し遂げられません。

天下統一のためには、徳川家康を信頼しているたくさんの人たちからの助けと、その人たちを上手くまとめ上げるような家康のリーダーとして資質がうまく絡み合ったからでしょう。

 

そういったこともあって、日光東照宮でお願いごとをする場合には自分一人でのことだけでなく、「自分を支えてくれている周囲の人と一緒に成長していけるようなお願いごとをする」と良いんです。

 

仕事のことで悩んでいるのであれば「自分の部下や上司とともに良いプロジェクトを完成できること」、

家族の悩みであれば「家族みんなが健康で幸せになること」、

などを願いようにすると良いですね。

 

例えば、「お金が欲しい」という願いごとがあったとしたら、

単純に「お金が欲しい!」

と願うのではなく、

何か人を幸せにできるようなことのために必要なお金を願ったりする方が良いでしょう。

 

そうすれば、素晴らしいリーダーであった徳川家康さんがあなたとあなたの周りの人たちを幸せにするために力を貸してくれるはずです。

 

スポンサーリンク

 

お願いごとをするときには自分の身も清めておく

神社や神様にお願いごとをするときにあまり気にしていない人もいるのですが、神聖な場所で神聖な存在に触れるときにはできるだけ自分の身も清めておくようにした方が良いです。

最低限でも、参拝前に手と口の中をすすぐようにすると良いですよ。そうしたときには手を拭くためにハンカチが必要になりますので、ぼくは神社などに参拝に行く場合には必ずハンカチを持って行くようにしています。

社会人だと当たり前かもしれませんが、休日のプライベートのときにはハンカチを持ち歩く人は少なくなりますからね。これが結構役に立ちますので、普段ハンカチを持ち歩く習慣のない人は忘れないようにすると良いですよ!

 

晴れた日の朝の早い時間帯が願いが伝わりやすい

実は日光東照宮にはお願いごとが伝わりやすい時間帯があります。

それは、

晴れた日の早い時間帯

です。

 

良い天気の朝に起きて窓を開けたときってめちゃくちゃ気持ちがよくないですか?

それは自然のエネルギーが活性化していて、部屋の中に流れ込んでいるからです。それだけ天気の良い日は自然のエネルギーも活性化しているということですね。

特に日光東照宮の周辺には自然が多いので、より強くこの効果を感じることができるでしょう。

 

そして、なぜ早い時間帯が良いのかというと、

日光東照宮は毎日かなりの人数の観光・参拝に訪れる方がいらっしゃるからです。

人が多いということは、毎日訪れた人の数だけ願いが放たれているということです。もちろん神様にお願いする願いごとに優劣なんかないのですが、お願いごとも人間から放たれるエネルギーですからね。

それがたくさん集まってしまうと、エネルギーの巡りも上手くいかなくなってしまうんです。

それなので、まだ参拝に訪れる人が少なくて、そこまでたくさんのお願いごともされていない、早い時間帯がお願いごとのエネルギーを発するのには良い時間帯なんですね。

 

ということなので、日光東照宮でお願いごとをするときには、

晴れた日の朝の早い時間帯が良い!

ということになるんです。

 

日光東照宮にで参拝をするときには、ぜひ、こちらでご紹介したこともご参考にしてみてくださいね。

 

 

 

ご利益について

ここまでは、日光東照宮が凄まじいパワーの詰まった場所であることはお伝えしてきましたが、東照宮で参拝をした場合には実際にはどのようなご利益があるのでしょうか?

 

これについてはよく言われているのは、

  • 仕事運
  • 勝負運

などですね。

ただ、先ほどの「願いごとは周囲と成長していくイメージで願う」のところでもご紹介しましたが、あくまでも自分一人としての願いではなく、自分の周りにいる家族や仲間と一緒に幸せになっているように願うことで、こうした運がご利益としていただけるようです。

他には、単純にエネルギー自体もすごいので、「生命力」が向上するとも言われています。

特にお願いごとはない人は無理にお願いをしなくても、体の底から溢れてくるようなエネルギーは受け取れますね。そのときには、無理にエネルギーを受け取ろう・感じようとせずに、リラックスして自然体でそこにいることを楽しむようにするとエネルギーを受け取りやすいですね。

 

これ以外には「恋愛運」が上がるという話もありますが、恋愛運の場合には東照宮ではなく、すぐ隣にある「日光二荒山神社」の方が良いですね。恋愛についてお願いする場合には上神道を通って日光二荒山神社に行くようにすると、東照宮からのエネルギーが後押ししてくれるのではないでしょうか!?

 

スポンサーリンク

 

日光東照宮はなぜパワースポットになったのか?

ところで、ぼくは気になったのですが、なぜ日光東照宮は世界遺産にも登録されていて、日本の中でも屈指の有名なパワースポットなのでしょうか?

 

実は日光東照宮はたまたま、エネルギーの高まっている場所ということではなく、風水学や陰陽道の知識をふんだんに取り入れて、そして、江戸にエネルギーを送るのに適した場所を選んだからなんです。

日光東照宮がある場所は、関東でも屈指の龍穴で、近くにある「男体山の力強いエネルギー」と「女峰山の柔らかいエネルギー」が交差する場所であり、陰と陽のバランスの取れた場所なんですね。

エネルギーの通り道でもあって、そのバランスも保たれている場所ということになります。

 

実際に日光東照宮を建設するときには、当時の風水師でもあった南光坊天海という人が、江戸の北側ある強力な龍穴ポイントを探してここを選んだとされています。

その場所に天下統一を果たした徳川家初代の家康の墓を建てることで、現地(日光)のエネルギーを家康のエネルギーに乗せて、江戸の徳川家へ送るために設計されているんです。

風水や陰陽道の様々な考え方を取り入れて選んでいるので、北極星と東照宮の位置関係など、パワーの源であるものを結んだ先には江戸(東京)があるのはそのためなんですね。

 

ちなみにですが、日光東照宮の中にある主要な構造物を結んでいくと、北極星の近くにある北斗七星と同じ配置になります。

こんな感じで、日光東照宮はもともとエネルギーの強力な場所に、さらに風水学や陰陽道などの色々な手法を織り交ぜているのでエネルギーの源であるだけでなく、エネルギーの発信地としても有名になったんですね。

>>>北極星の見つけ方!位置は北斗七星からの距離で判断できる

 

 

あとがき

日光東照宮のパワースポットである石畳の場所や効果についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

日光東照宮の石畳の場所は、日光から東京(江戸)に向かって強力なエネルギーの通り道なので、そこに立てばより強いパワーを受け取ることができるんですね。

日光に行かれる際には、石畳もそうですが他にもたくさんのパワースポットがありますので、それぞれの場所で発信されているエネルギーを上手く受け取るようにしましょう!

 

日光のおすすめグルメ情報はこちらです!
>>>日光湯葉(湯波)料理のランチでおすすめ店は?お土産の人気商品も紹介

日光へのアクセス方法についてはこちらをご参考にしてください!
>>>日光東照宮へのアクセスは車か電車?駅からの行き方は徒歩よりバスで!

日光周辺の観光スポットの情報はこちらです!
>>>日光江戸村の入場料金割引チケット!割引手形クーポンをスマホで提示

こちらの記事も合わせて読まれています!
>>>榛名山神社のパワースポット効果を紹介!アクセス方法と駐車場は?
>>>吹割の滝の無料駐車場のおすすめは?アクセスや紅葉の見頃時期も紹介
>>>群馬県の焼きまんじゅうのお店!作り方(レシピ)や通販についても紹介
>>>佐野ラーメン麺屋ようすけはケンミンショーで紹介された有名店!

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです