プレアデス星団(和名すばる)の神話と宇宙人の話!見つけ方も紹介

スポンサーリンク

プレアデス星団(和名すばる)は神話にも登場する有名な星団であるということをご存知でしょうか?きらめく幾つもの星を観測することができるプレアデス星団は、星空の中でも見つけやすいので、天体観測の対象として初心者にも人気があります。

そして、このプレアデス星団には「実は宇宙人がいる!」ということも、話題になっていますね。

こちらの記事では、プレアデス星団の神話と宇宙人についての話や天体観測をするときの情報などをまとめていますので、最後までお楽しみください。

 

プレアデス星団とは

「プレアデス星団」とは、地球から見て牡牛座の方角に見える光り輝く恒星の集まりで、青白く輝く恒星の集まりが5〜7つくらい固まっている星団のことです。実際に地球からは細かく見える星まで集めると、およそ120個ほどの恒星の集団であるということが分かっています。

この恒星の集まりのことを指す言葉として「散開星団」というものがありますが、「プレアデス星団」はこの「散開星団」に当てはまるんですね。

散開星団とは

散開星団は恒星の集まりである「星団」を指す言葉ですが、もうひとつの星団の種類である「球状星団」とは違って、比較的若い星団を指します。「散開星団」の場合には存在する星自体の年齢も若くて、比較的近い位置にまとまっていて、星団を生み出したガス星雲に包まれていることが多いのが特徴になってきます。

 

 

fushikiyさん(@fushikiy)がシェアした投稿

 

プレアデス星団はかなり明るい星で、うまく撮影をすることができると星雲も写真に収めることができます。こんな綺麗な写真撮ってみたいですね〜

>>>星空をスマホ(iphone/Android)で撮影する方法!おすすめのアプリも紹介

その前に、まずは観測をするための見つけ方からですね。次の項では、プレアデス星団の見つけ方について解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

プレアデス星団の見つけ方

プレアデス星団は比較的明るい星の集まりであるので、天体観測の初心者にも見つけやすいのが特徴です。しかも、地球上からは視力の良い方なら肉眼でも見つけることができるので、視力を測るときなどにも使われたりしますね。

ちなみに、視力の悪い方はかなり見えにくいので、双眼鏡を使って観測をすることをおすすめします。天体観測用の双眼鏡を選ぶときにはこちらの記事も参考にしてみてください。

>>>天体双眼鏡の選び方!天体観測の初心者におすすめの倍率や値段は?

 

プレアデス星団の見つけ方のコツと位置

プレアデス星団の見つけ方は、牡牛座を見つけることから始まりますが、牡牛座を見つけるのは初心者には結構難しいんですよね。それなので、ぼくがおすすめする方法は「オリオン座から辿って牡牛座の位置を見つける」方法です。

「オリオン座」は冬の星座として有名ですが、小学校や中学校の教科書にも出て来るので、知らない方はほとんどいないと言ってもいいくらいメジャーな星座ですよね?「オリオン座」は星座の中でもかなり見つけやすい部類の星座なので、まずは星空から「オリオン座」を見つけてみましょう。

ちなみに「オリオン座」は秋の夜くらいから見え出し始めて、春くらいまで観察することができます。秋の夜には東の空に、冬の夜には南の空、春の夜には西の空で観測することができるんです。夏場は観測することができないので、注意してくださいね。

 

 

「オリオン座」を見つけることができたら、オリオン座の真ん中にある並んでいる3つの星を基準に探します。並んだ星を直線で結んでその直線上にそのまま右の方向に進めば牡牛座の目の部分にあたる1等星の「アルデバラン」という赤い星にたどり着くはずです。そこまで行けば、その右上くらいに青白くて明るい星の集団を見つけることができるので、それが「プレアデス星団」です。

 

スポンサーリンク

 

観測しやすい時期はいつ?

プレアデス星団は地球から観察すると、牡牛座の方向にあり位置はちょうど牡牛の肩のあたりで発見することができます。なので「プレアデス星団」を観察する時期も「牡牛座」をよく観察することができる冬に観測をするのが最も適した時期ということになりますね。

ちなみに、牡牛座は秋の夜くらいから見えるようになるので、時間を気にしないのであればプレアデス星団は秋から春先くらいの期間に観測することができます。

 

距離はどのくらい離れているの?

地球から観測してもかなり強く光り輝いているプレアデス星団ですが、実は地球からはかなり距離が離れています。星って地球に届く光の量が多いからといっても実は距離が近いというわけではないんですね。

地球とプレアデス星団との距離について、現段階では443光年前後(440〜448光年くらい)離れていると言われています。1光年がおよそ9.5兆kmなので、プレアデス星団は地球から4,200兆kmくらい離れているということになりますね。

これだけの距離があると時速3万kmで進むことができるスペースシャトルを使っても、プレアデス星団に到着するためには1,600万年もの時間がかかります。

これだけ時間がかかるとなると、現在の技術では人類は到底プレアデス星団にたどり着くことはできませんね……

 

プレアデス星団の和名

プレアデス星団について、ここまではそのままの名前で話を進めて来ていましたが、実はプレアデス星団には和名があるんです。

プレアデス星団の別名(和名)は「すばる(昴)」と言います。なぜこのような名前がついたのかというと、プレアデス星団はいくつもの星が集まってできていますよね?星が集まっているということはmプレアデス星団が星を「統べる」様子から転じて「統ばる」となり、現在の「すばる」という名前になっているんです。

ぼくは「すばる」という言葉の意味を知らなかったのですが、実はこれ富士重工のブランド「スバル」の名前の由来にもなっている有名なものなんですね。ぼくの地元のブランドでもあるにも関わらず知らなかったなんて、お恥ずかしい限りです(笑)

 

スポンサーリンク

 

プレアデス星団と神話の関係

プレアデス星団はギリシャ神話に登場するのですが、その話はプレアデス星団の近くにある星座のオリオン座とも関係があるんです。

ギリシャ神話の話では、プレアデス星団の元は7人の姉妹であったとされています。仲の良い7人の姉妹達が森で遊んでいるときに迷い狩人である「オリオン」という人物が姉妹の元にやってきました。オリオンは姉妹が可愛かったので、遊びに誘ったのですが、姉妹は断ったのです。

しかし、姉妹があまりに可愛くて諦めきれなかったオリオンは、彼女達と無理やり遊ぼうとしまいたが、怖くなった彼女達はそこから逃げ出したのです。それでも追ってくるオリオンが怖くなった7姉妹はついには鳩に姿を変えて空へと逃げていったのです。そしてそのまま星となり、現在のプレアデス星団に仲良く暮らしているということです。

……ただし、この話には続きがあって、追いかけていたオリオンは、逃げていった姉妹ですら捕まえようと、自分も星になってしまったのです。そう、プレアデス星団のすぐ横にはオリオン座がありますよね?星空を見ていると、オリオン座は常にプレアデス星団のある牡牛座を追いかけるように移動しています。

星になった7人の姉妹は今でもしつこい狩人のオリオン座に追いかけられているということですね……

オリオン座って見つけやすいですし、結構好きだったのですが、この神話を聞いてなんとなくイメージが悪くなりました(笑)

こうやって、星座と神話の関係なんかを紐解いていくのも天体観測の楽しみでもあるんですね!

 

 

プレアデス星団には宇宙人が存在する?

地球からかなりの距離が離れているプレアデス星団ですが、実はプレアデス星団にある幾つかの星にはプレアデス星人と呼ばれる宇宙人(?)が住んでいると言われているんです。

このプレアデス星人は、ぼく達地球人に似たような生物で、地球人よりも少しだけ背が高く、肌の色も白い生物であるとされています。広い宇宙ですから、ぼくらと同じような形の生物がいてもおかしくはないと思いますが、ちょっと信じがたいですよね?

ちなみに、プレアデス星人はぼく達よりも文明などが進んでいるので、離れた距離であっても一瞬で地球まで来ることができて、地球人に紛れて生活をしていたり、憑依のような形をとったりいて、人類にアドバイスをしてくれています。

スピリチュアルの世界では「プレアデスからのメッセージ」などといった感じでよく聞きますが、特にこれといった証拠などもないので、信憑性としては疑問符がつきます。この辺については各個人がそれぞれ信じるのか信じないのか判断をしていくしかないですね。

都市伝説みたいですが「信じるか信じないかはあなた次第」ということです。

個人的には、プレアデス星人からの言葉は普通とは違った視点・切り口で物事を捉えていたりするので、面白いと思う部分もあります。完全に信じるかは別として、一度彼らの言葉を聞いてみるのもいいでしょう。

ただし、プレアデス星人にも良い人(?)と悪い人(?)がいるようなので、あまりのめり込み過ぎてしまうと、騙されてしまうかもしれないので、注意してくださいね(笑)

 

ちなみにプレアデスからのメッセージはこんな感じです(下記動画参照)。

スピリチュアルが好きな人にとっては結構面白い動画ですよ。こういったものが多くあるので、気になった方は他にも動画サイトなどで検索すると結構出て来ます。

 

 

 

あとがき

プレアデス星団について、神話や宇宙人の話をまとめて来ましtがいかがでしたでしょうか?

神話を聞いてみるとうまいつくりになっていて、面白いですよね?宇宙人については実際にいるのかはわかりませんが、彼らのメッセージは独特の視点や切り口で表現されているので、大変興味深いものはあります。

「プレアデス星団」については、神話のこと、宇宙人のことなどの知識を入れつつ天体観測をすると、観測がかなり楽しくなりますね!

 

天体観測のためのこちらの記事も人気です!
>>>北極星の見つけ方!位置は北斗七星からの距離で判断できる
>>>オリオン大星雲の撮影方法!見つけ方(位置)や双眼鏡/望遠鏡の選び方も
>>>馬頭星雲の撮影方法!位置や場所・大きさ・距離についても解説
>>>暗黒星雲とは?ブラックホールとの違いや大きさについても解説

流星群に関する情報は……
>>>4月こと座流星群が見れる方角やピーク(極大)時間は?

天文学に関するこちらの記事も人気です!
>>>宇宙旅行の費用はどのくらい?実は日本人の芸能人も応募していた!
>>>地球の寿命の残りと年齢はどのくらい?人類生存には移住が必要!
>>>宇宙の果てにあるものは何?果てまでの距離が何光年かは観測できない!
>>>月の裏側が見えない理由!秘密基地や宇宙人・かぐや姫の噂も検証!?
>>>満月のときの願い事の書き方!金運がアップする願い事の方法
>>>新月とは?満月と新月の違いや意味を解説
>>>中秋の名月はいつ?意味と由来は?【中秋】と【仲秋】は実は違う!

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです