おたまじゃくしのエサは何がいい?おたまじゃくしの飼い方・飼育法

Sponsored Link

暑い季節になってくると田舎の小川や田んぼなどではおたまじゃくしを見かける機会も多いのではないでしょうか?子供の頃に初めておたまじゃくしを見たときにはよく捕まえて持ち帰っていたのを覚えています。

子供が捕まえてきて「飼いたい!」と言ったおたまじゃくし、どうやって育てるのか知っている人は結構少ないと思います。特にエサなんてそもそもおたまじゃくしは何を食べて生きているのかわかりませんよね。

そこで今回はおたまじゃくしのエサについてと飼い方・飼育法方についての書いていきます。

 

おたまじゃくしは成長によってエサを変える

おたまじゃくしは雑食性なので基本的に家庭にある食材のあまりをエサとして使って問題ありません。ご飯粒やお麩、パンやかつお節、煮干しなど家にあるものをエサとして代用することができますので、わざわざ何か買って用意する必要もないのでエサを要することはそこまで難しくはないはずです。

 

kensuke
もし、家庭で金魚やメダカなども買っているようでしたら、金魚のエサやメダカのエサでも十分に代用できますよ。

 

それから、おたまじゃくしは成長してカエルになると肉食になるので、足が生えてカエルに近くなってきたら、昆虫など動物系のエサが必要になってきます。こうなると結構飼育が面倒になってくるので、ぼくはこの段階でそっと元の小川や田んぼに逃がしてあげていましたね。

おたまじゃくしからカエルまで育てられただけでも満足でしたよ。特にカエルになってしまうと特別何か変化があるわけではないので子供は飽きやすいかもしれないですね。

 

Sponsored Link

 

おたまじゃくしを飼うとき用意するものやお手入れ

おたまじゃくしを飼う場合には水を入れる容器が必要になると思いますが、基本的には水が溜められれば何でもいいです。わざわざ水槽を買わなくてもプラスチックの虫かごやバケツなんかで十分です。もちろん観察をするのであれば透明な容器の方がいいですね。

 

容器に入れる水の量はそこまで多くする必要はありません。だいたい、5〜10cm程度の深さがあれば十分です。容器の底にはなるべく自然の環境に近づけるために砂や泥を入れておたまじゃくしが住みやすい環境を作ってあげましょう。水草なども入れられれば、おたまじゃくしが隠れる場所や日陰にもなりますし、足が生えてきたときに捕まって休むことができます。

 

それから、水は2〜3日に一回程度定期的に取り替えるようにしてください。特に小さい容器でエサの食べ残しなどがあるとすぐに水が腐って腐敗臭がしてきますし、おたまじゃくしの生息環境としてもよくありません。水を取り替えるときに水道水を使うときには直接使うのではなく、バケツなどに1〜2日程度溜め置きしたて、塩素を抜いたものを使ってくださいね。それから、水を替えるときには一気に全部の水を取り替えるのではなくて、半分くらいの水を残して取り替えるようにしてください。いきなりすべての水が変わってしまうと、生活環境が一気に変わりすぎておたまじゃくしが驚いてしまいます。

 

 

 

おたまじゃくしを飼育するときの注意点

陸地を作る

おたまじゃくしが成長してカエルになるときには、エラ呼吸から肺呼吸へと呼吸方法が変化します。そうしたときに陸地などの水から出られる場所がないとそのまま溺れてしまいます。

おたまじゃくしは後ろ足が生えてから1週間程度で前足が生えて、それから1〜2日で尻尾がなくなります。それなので、おたまじゃくしの後ろ足が生え始めたらなるべく早めに容器の中に陸地を用意してあげるようにしてください。

 

 

温度に注意

おたまじゃくしは水温の変化に敏感です。特に家の庭やベランダなどで飼育している場合には直射日光が当たって水温が一気に上昇してしまう場合もありますね。小さい容器で飼育している場合にはなおさら注意が必要です。

飼育している容器を置く場所は直射日光があまり当たらずに、水温があまり上昇しない場所を選んでおくようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

あとがき

おたまじゃくしは田舎だと小川や田んぼなどで比較的簡単に手に入れることができて、飼育にもそこまで手間がかからないので、子供が生き物を育てるのにはいい勉強になります。特にカエルになるまでの成長期間も短いので、飽きやすい子供でも比較的熱中して飼育に取り組めるはずです。

子供がおたまじゃくしを持ち帰った場合には面倒くさがらずに、一緒に育ててみるといいですよ!

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です