小学生のお年玉の相場はいくら?渡すときに注意すること

スポンサーリンク

新年になると子供達が楽しみにしているもののひとつにお年玉があります。ぼくも毎年のお正月の時期は色々な家に行くのが楽しみでしたね。とはいえ、逆に大人からすれば結構大変なイベントでもあります。ぼくも大人になってお年玉を渡す立場になって実感しました。

それは出費という面でもそうですが、相手に渡す金額などの細かい部分が大変なことです。年齢によってどこまで差をつければいいのかもわかりませんし、そもそも前の年にいくら渡したかも忘れてしまっているので、今年は一体いくら渡せばいいのか……

子供はしっかりと去年の金額を覚えていたりしますからね、「前の年より少ない〜」なんて言われて追加するなんてこともしばしば……(これも、子供の作戦なのでしょうか 笑)

 

kensuke
ということで、小学生に対してどのくらいのお年玉をあげればいいのか相場について調べてみました。ついでにお年玉を渡すときの注意点についてもご紹介しますね!

 

小学生に渡すお年玉の相場はいくら?

小学生に渡すお年玉の相場についてですが、小学生といえど1年生から6年生までと年齢に幅があるので、一律いくらというわけにはいきませんよね。一応調べてみた感じではみなさん低学年と高学年で大体分けるようにしているようです。

 

小学生低学年のお年玉の相場は?

小学生の1・2年生くらいだと500円や1,000円といった意見もありますが、1〜4年生までの相場で最も多かったのが3,000円です。これが全体の6割くらいの比率を占めていたので、これを目安に年齢や状況に応じて増減させるのがいいでしょうね。

 

小学生高学年のお年玉の相場は?

小学生も高学年である5・6年生くらいになってくると、お金の使い方も変わってくるので多少お年玉の額も上げた方がいいでしょうね。ただ、ここから一気に1万円というのもあるかもしれませんが、相手に兄弟がいた場合に差がつきすぎてしまうので、子供達の間で不満が出てきたりしてしまいそうです。

ぼくが色々と調べていて参考になったのが、学年や年齢に応じて金額を算出するというものでしたね。これなら、相手に兄弟がいてもそうした理由をつけて「来年はもっと増えるからね」と言えば多少は納得してくるれはずです。

学年を基準にするのであれば、学年×1,000円、

年齢を基準にするのであれば、年齢×500円、

が大体相場的にはいいところにきますね。

 

kensuke
何よりこの方法なら、前の年にいくら渡したのかがすぐに思い出せます!

 

小学生のお年玉の相場まとめ

小学生のお年玉の相場まとめ

  • 小学1・2年生くらいであれば1,000円程度を渡す人も多い
  • 小学生1〜4年生までは3,000円を基準にする
  • 学年や年齢を基準にすると計算が楽だし、公平性が出る

    学年を基準にする 学年×1,000円
    年齢を基準にする 年齢×500円

 

お年玉を渡すときに注意すること

お年玉を渡すときに注意したいことは相手との関係性です。ここで紹介したように年齢や学年でお年玉の額を算出するのもひとつの方法ですが、自分にも子供がいて相手のお子さんと年齢差がある場合には、家族間のやりとりで金額に差が出てきてしまいます。こうなると、お互い気まずい雰囲気にもなってしまうので、こうしたことに対してはあらかじめ話し合っておくのがいいでしょうね。

ぼくの場合には学年や年齢に関係なく「双方のやりとりで合計がいくら」となるように設定していますね。お金の問題は人間関係にもかなり影響してくるので、互いの家族間の関係性を保つためにも、そこはきちっと大人同士で話し合っておくようにしましょう。

 

 

あとがき

小学生の頃のお年玉って意外とこんなもんだったのでしょうか?ぼくはかなり血縁関係が近い人からもらう場合には、5,000〜10,000円くらいだった気がします。高学年の頃にもらっていた記憶が新しいので、そんな気がしてしまうのでしょうか。

それでもやっぱり毎年気がかりだったのは、弟のお年玉の額です。ぼくは弟がひとつ下なんですが、いつも同じ額だったので文句を言っていたこともありました。確かに、この辺はお兄ちゃんという立場だとなんだか自分が弟に負けている気がして嫌でしたね。ただ、基本的には弟とおもちゃを共有することが多かったので、結局弟もたくさんもらった方がいいことに気づいて、最終的には何も言わなくなりましたけどね(笑)

 

kensuke
小学生の親戚にお年玉を渡す機会がある方は、こちらの金額を参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

自分の趣味や好きなことが人の役に立って収入になる!

結婚して子育てや家のことをしながら働くのって大変じゃないですか? 子供も落ち着いたし、多少は時間はあるもののパートなどに出るのもちょっと微妙で……

ぼくの周りにはそんな友人が多いのですが、「就職するよりも家でできる仕事があれば一番良い!」という意見がほとんどです。

 

 

ぼくの友人にはそんな悩みから解放されるために、ネットをうまく利用して自分の趣味や好きなことを副業にしている方がいます。しかも、特に難しいことはしていません(笑)

ココナラ という自分の趣味や好きなことをサービスにすることができるサイトを使っていました。

彼女は旅行が好きなので、「旅行に出かけるときのプランを一緒に立てるお手伝い」をしたり、子育てもしているので「出産や子育ての相談」をしています。

しかも、お金をいただきながら ^ ^

 

 

ぼくも初めは「そんなのお金にならないよ……」なんて思っていたのですが、ちょっとしたことでも必要としてくれる方っているんですよね。

 

例えば、

・恋愛に悩んだときに誰かに相談したい

・浮気や不倫について誰かに話を聞いて欲しい

・脱毛しようと思うけど、体験した人の話を聞いてみたい

・カメラを買うのに、どれを買えばいいのかわからないので誰かに相談にのって欲しい

 

他にも色々な悩みがありますが、悩みを抱えつつも周りに相談ができないで悩んでいる方も結構いるんです。

もし、自分の経験がそんな人のためになって、喜んでもらえたら嬉しいですよね!?

自分の中では「そんな大したことじゃないから……」と思っていたことは、他の人からしてみたら実はかなりすごいことだったりするんです。

 

 

他のサービスでも、

・今まで色々な恋愛をしてきたから、デートプランを考える

・絵が得意なので、似顔絵やイラストを描いてあげる

・楽器が弾けるけど、初心者向けに楽器始め方の相談を受ける

・車を買うときの選び方や保険についての相談にのる

なんてことで、自分の趣味や得意なことでお金をいただいていたりします。

 

 

転職経験の多い親友は、 「転職の相談・アドバイス」や「ESの作成や添削」などをしていますね。

世間では夏休みの宿題代行なんてビジネスまで存在するくらいなんですから、意外なものでお金がいただけたりするんです。

 

 

ダメ元でもいいので、自分の得意なことをサービスにして出品してみたら、意外なほど人気が出るかもしれませんね!

初めは自身がないかもしれませんので、ワンコインとか定額でサービスを出品してみるといいですよ。

サービスを買ってもらえたときはめちゃくちゃ嬉しいですし、自分の中でもかなり自身になります。

人気が出てきたらそこから新たなビジネスにしてもいいですね。自分の好きなことが人の役に立って、しかもお金もいただけるなんて、こんな素敵なお仕事はないです。

 

 

とりあえず、登録(無料) すれば色々な人が出しているサービスを見ることができるので、登録だけしてみて、どんなサービスが出ているのか見ているだででも面白いですよ ^ ^

「こんなものまでサービスになるの?」って驚きのものまでありますので、それを見ているだけでも楽しいです。

 

 

ちなみに、登録すると自分でもサービスを購入することもできるので、面白いものがあったら使ってみると良いですよ!

ぼくは「イラスト作成」や「ロゴ作成」「ブログ相談」なんかのサービスを使いました。

500円とか1,000円のサービスがあるので、格安なのが嬉しいですし、ぼくは絵を描くのが苦手なので、そういうもが得意な人に手伝ってもらってかなり助かりました!

記事をシェアしていただけたら嬉しいです