小学生のお年玉の相場はいくら?渡すときに注意すること

Sponsored Link

新年になると子供達が楽しみにしているもののひとつにお年玉があります。ぼくも毎年のお正月の時期は色々な家に行くのが楽しみでしたね。とはいえ、逆に大人からすれば結構大変なイベントでもあります。ぼくも大人になってお年玉を渡す立場になって実感しました。

それは出費という面でもそうですが、相手に渡す金額などの細かい部分が大変なことです。年齢によってどこまで差をつければいいのかもわかりませんし、そもそも前の年にいくら渡したかも忘れてしまっているので、今年は一体いくら渡せばいいのか……

子供はしっかりと去年の金額を覚えていたりしますからね、「前の年より少ない〜」なんて言われて追加するなんてこともしばしば……(これも、子供の作戦なのでしょうか 笑)

 

kensuke
ということで、小学生に対してどのくらいのお年玉をあげればいいのか相場について調べてみました。ついでにお年玉を渡すときの注意点についてもご紹介しますね!

 

小学生に渡すお年玉の相場はいくら?

小学生に渡すお年玉の相場についてですが、小学生といえど1年生から6年生までと年齢に幅があるので、一律いくらというわけにはいきませんよね。一応調べてみた感じではみなさん低学年と高学年で大体分けるようにしているようです。

 

小学生低学年のお年玉の相場は?

小学生の1・2年生くらいだと500円や1,000円といった意見もありますが、1〜4年生までの相場で最も多かったのが3,000円です。これが全体の6割くらいの比率を占めていたので、これを目安に年齢や状況に応じて増減させるのがいいでしょうね。

 

小学生高学年のお年玉の相場は?

小学生も高学年である5・6年生くらいになってくると、お金の使い方も変わってくるので多少お年玉の額も上げた方がいいでしょうね。ただ、ここから一気に1万円というのもあるかもしれませんが、相手に兄弟がいた場合に差がつきすぎてしまうので、子供達の間で不満が出てきたりしてしまいそうです。

ぼくが色々と調べていて参考になったのが、学年や年齢に応じて金額を算出するというものでしたね。これなら、相手に兄弟がいてもそうした理由をつけて「来年はもっと増えるからね」と言えば多少は納得してくるれはずです。

学年を基準にするのであれば、学年×1,000円、

年齢を基準にするのであれば、年齢×500円、

が大体相場的にはいいところにきますね。

 

kensuke
何よりこの方法なら、前の年にいくら渡したのかがすぐに思い出せます!

 

小学生のお年玉の相場まとめ

小学生のお年玉の相場まとめ

  • 小学1・2年生くらいであれば1,000円程度を渡す人も多い
  • 小学生1〜4年生までは3,000円を基準にする
  • 学年や年齢を基準にすると計算が楽だし、公平性が出る

    学年を基準にする 学年×1,000円
    年齢を基準にする 年齢×500円

 

お年玉を渡すときに注意すること

お年玉を渡すときに注意したいことは相手との関係性です。ここで紹介したように年齢や学年でお年玉の額を算出するのもひとつの方法ですが、自分にも子供がいて相手のお子さんと年齢差がある場合には、家族間のやりとりで金額に差が出てきてしまいます。こうなると、お互い気まずい雰囲気にもなってしまうので、こうしたことに対してはあらかじめ話し合っておくのがいいでしょうね。

ぼくの場合には学年や年齢に関係なく「双方のやりとりで合計がいくら」となるように設定していますね。お金の問題は人間関係にもかなり影響してくるので、互いの家族間の関係性を保つためにも、そこはきちっと大人同士で話し合っておくようにしましょう。

 

 

あとがき

小学生の頃のお年玉って意外とこんなもんだったのでしょうか?ぼくはかなり血縁関係が近い人からもらう場合には、5,000〜10,000円くらいだった気がします。高学年の頃にもらっていた記憶が新しいので、そんな気がしてしまうのでしょうか。

それでもやっぱり毎年気がかりだったのは、弟のお年玉の額です。ぼくは弟がひとつ下なんですが、いつも同じ額だったので文句を言っていたこともありました。確かに、この辺はお兄ちゃんという立場だとなんだか自分が弟に負けている気がして嫌でしたね。ただ、基本的には弟とおもちゃを共有することが多かったので、結局弟もたくさんもらった方がいいことに気づいて、最終的には何も言わなくなりましたけどね(笑)

 

kensuke
小学生の親戚にお年玉を渡す機会がある方は、こちらの金額を参考にしてみてくださいね!

 

Sponsored Link

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです