恵方巻きの名前の由来はセブンイレブンが起源だった!

スポンサーリンク

節分の行事のときに食べるものといえば「恵方巻き」がありますよね。ただ、ぼくが子供の頃には特に恵方巻きなんてなかった気がするのですが、いつの間にか「節分=恵方巻き」が定着していた気がします。

そんな「恵方巻き」の名前は実は大手コンビニチェーンのセブンイレブンが起源であるということはご存知でしょうか?

 

恵方巻きの名前の由来はセブンイレブンだった

日本であれば全国で見つけることができるコンビニチェーンといえば「セブンイレブン」がありますが、実はこのセブンイレブンが恵方巻きの名付け親であったという説があります。

現在親しまれている「恵方巻き」はコンビニでの販売当初は「幸運の巻き寿司」や「節分の巻き寿司」「丸かぶり寿司」などと言ったネーミングで呼ばれていました。今思えばちょっと長くて呼びにくい名前ですよね。販売促進の広告をうったりするのも大変そうです。そう考えると統一された名前って便利ですね。

この「巻き寿司」を販売するときに、「恵方巻き」として販売しようと考えたのは、広島にあるセブンイレブンの個人オーナーでした。このオーナーは「大阪にある縁起のいい風習を取り入れよう」という提案をして、1989年(平成元年)に初めて節分に販売していた巻き寿司に「恵方巻き」という名前をつけたんです。

実はこのオーナーは大阪の出身の方で、節分の巻き寿司を販売する際にエリアマネージャーに「大阪には節分に巻き寿司を丸かぶりして幸運を祈る風習がある」ということを話したことで、試しにやってみようかとなったんですね。

 

コンビニで初めて節分の巻き寿司を販売したのはセブンイレブンではない?

恵方巻きの名付け親でもあったセブンイレブンですが(正確にはセブンイレブンの個人オーナーですが)、節分の巻き寿司を初めて販売したのは別のコンビニでした。そのコンビニとは「ファミリーマート」です。

ファミリーマートは1983年(昭和58年)に大阪と兵庫の店舗で初めて、節分の巻き寿司を販売していたので、セブンイレブンの1989年よりも早くから販売しています。この当時の商品のネーミングは、先ほどの「幸運の巻き寿司」や「節分の巻き寿司」「丸かぶり寿司」などが使われていたようですが、実は商品として価値を見出していたのはセブンイレブンよりもファミリーマートの方が早かったんです。

ただ、巻き寿司の販売をしていたファミリーマートも、恵方巻きの名付け親となったセブンイレブンも当初は地方のみでの販売で、本格的に全国販売を開始したのは1998年(平成10年)のセブンイレブンが初めてでした。その後はファミリーマートやローソンなど各コンビニなどでも「恵方巻き」の販売を節分に行うようになり、現在のように毎年販売されるようになったのです。

 

スポンサーリンク

 

節分に巻き寿司を食べる起源

巻き寿司を食べると言った習慣の起源は諸説あるため、正確にはわかっていないのですが、古くは15世紀後半から16世紀(1467-1576年)にかけてではないかとされています。一応、文献として残っている一番古いものですと、1708年(安永5年)に「巻き寿司」についての資料が残っているので、300年前からは食べられていたということになります。

その巻き寿司が節分の日に食べられるようになったのは、「大正初期」とされているので、今から大体100年くらい前からということになりますね。個人的には「節分=巻き寿司」のイメージは全然なかったので、これはちょっとびっくりしました。たぶん、地方性などもあるのかもしれません。

ということで、調べてみたところ「主に花街で行われていた風習」であるようで、当初は一般庶民にはあまり知られたものではありませんでした。この頃の恵方巻きはお新香を具材しにて作った巻き寿司を、「恵方に向かって食べること」で縁起を担げるということで取り入れていたんですね。

 

 

 

あとがき

恵方巻きがコンビニで全国的に販売されたのは1998年とのことなので、どおりでぼくが小さかった頃は知らなかったわけでした。確かぼくも意識して食べるようになったのは2000年代の前半だったと思うので、販売されていても多くの人が取り入れるようになるのには時間がかかるんですね。

それにしても、名付け親のセブンイレブンのオーナーはいいネーミングセンスをしていますね!

 

こちらの関連記事も人気です。
>>>恵方巻きとは?正しい食べ方や由来・起源について
>>>恵方巻きの具材の決まりごとや意味・由来!基本的な7種類とは?
>>>恵方巻きのセブンイレブンでの予約方法!予約特典や値段・カロリーは?
>>>豆まきをする時間はいつ?鬼退治に最適な時間は夜!
>>>恵方巻きの由来は花街の遊女遊び!?男性が関係する下品な下ネタだった!

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです