MIIDAS(ミーダス)の無料診断で自分の市場価値を調べてみた

Sponsored Link

社会人として経験を積んでいくと、転職を考えることも多くなってきませんか?友達と話していると特に別の業界の話はとても面白そうだし、同じ業種でも「いいな〜」って思うことってけっこうあります。隣の芝は青く見えるってやつですけど、 ただ、そうは言っても、ぼくは30歳にして会社に雇われての社会人としてのキャリアなんて、3年半くらいしかないのも事実で、ちょっとその辺に関しては負い目を感じています。友達のほとんどが、ぼくの倍以上の社会人経験があるわけですから、転職の面接に行こうものなら、「面接官に鼻で笑われて終わり」なんて場面を想像してしまうわけです。 でもでも、

 

たまたま見つけてしまったので、ちょっとやってみたくもなるでしょう。「あなたの市場価値は〜万円」って感じで出してくれます。

 

 

 

市場価値の診断

診断は登録なしで無料でできます。自分の年齢、学歴、社会人としての経験とか資格なんかを入れていきます。

 

miidasu2

 

miidasu4

 

miidasu5

 

みたいな感じで、どんどん入力をしていきます、割と入れる項目多いです。というか、資格を入力していたら、資格証を紛失していることに気づく...笑えない。

 

Sponsored Link

 

自分の市場価値は!?

さて、ちょっとショックな出来事がありましたが、いよいよ結果が出ました。ワクワク...

 

miidasu1

 

577万!       ...

 

 

なんだろう、すごくリアクション取りにくい数字です。

っと、ここまでは登録なしで無料で診断してくれて、登録をすればここから転職先を探せます。ちゃんとした転職サイトなので、転職が頭をよぎっている方はやってみましょう。単純に「俺いくら?」でやってみても面白いと思います。ちなみにここまででプロフィール関係は入力済みなので、登録はメールアドレスの登録くらいで出来るみたいです。 MIIDAS(ミーダス)

 

 

 

あとがき

ぼくも割といい歳なので、転職やれ仕事のことについて色々と考えるんですけど、今回の結果だけ見れば、こんなどうしようもないぼくにお金を払ってくれようとしてくれる(かもしれない)企業がこれだけあるだけで少し救われた気がします。ただ、ぼく自身は今までいた業界に戻る気がまるでないので、そうすると結局転職サイトなんかで今までの自分の経験から市場価値を調べたところで、ぼくにとってはまるで意味がないんですよね(やるだけやっておいて...)。

ここに出た結果は、「その市場におけるぼくの価値」でしかなくて、「別の市場におけるぼくの価値」はここで出たものに比べれば落ちる方向にしか向かないんです。 よく転職サイトなんかで出てくる、「自分の強み」や「キャリア」はその業界での自分の価値。だから、一度崩してしまえば大した価値も持たなくなります。

今までのキャリアを全て捨てて、別業界への転職をするときは、「自分のやりたいこと」と「その市場での自分の価値」が適度にバランスが取れるところで折り合いをつけなくてはいけないんです。「それでもぼくは新しいことにチャレンジしたい!」って思わせてくれるいい診断でした。 (...と言いつつ、実は資格の再発行が面倒なだけ。)      

 

 

 

周藤賢祐のプロフィール

prof1

著者:周藤賢祐

群馬県出身 岡山大学卒

『自分の好きなこと・やりたいことをしながら人生を楽しく生きていく』をテーマに、自分の人生を実験として生活しています。

詳しいプロフィール

Facebook https://www.facebook.com/kensuke.shuto

Twitter  https://twitter.com/kensukeshuto

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です