水筒やステンレスボトルの茶渋の取り方!漂白剤を使わず落とすには!?

スポンサーリンク

水筒やステンレスボトルの茶渋を取るときには、注意しないといけないことがあるのをご存知ですしょうか?

気軽に好きな飲み物を持ち運べて、外出先でも最適な温度で楽しむことができる水筒やステンレスボトルはめちゃくちゃ便利なのです。

でも、水筒やステンレスボトルの中は意外と茶渋が溜まりやすいですし、構造上汚れの落としにくい部箇所があったりして、そうした部分の汚れが落とせずに油断しているとすぐに茶渋や汚れが溜まっていってしまいます。

特にパッキンや細かい隙間などにはなかなか手も届きにくいので厄介なんですよ……

水筒に付いた茶渋や汚れをそのままの状態で放っておくと、ニオイやカビが発生する原因になりますし、中に入っている飲みものの味まで変わってしまうので、普段からできるだけ綺麗にしておきたいものです。

 

こちらの記事では、水筒やステンレスボトルの茶渋の取り方についてまとめています。

パッキンの部分の汚れの落とし方や、茶渋を落とすときの注意点についてもまとめていますので、水筒やステンレスボトルを綺麗にするときには参考にしてください。

コップやマグカップなどに付いている茶渋の汚れを落としたいときには別の方法がありますので、こちらの記事にまとめています。
>>>茶渋の取り方!コップやマグカップの茶渋は塩や重曹で落とせる!

 

水筒やステンレスボトルの茶渋の取り方

それでは早速、水筒やステンレスボトルの茶渋の取り方についてご紹介していきます。

……ですが、作業に入る前にひとつだけ注意しておいて欲しい重要なことがありますので、まずはそちらからお伝えしておきますね。

水筒やステンレスボトルの茶渋を落とすときには、このことを知らないとのちのち大変なことになってしまう場合もあるので、これだけはぜひ知っておいてください!

 

スポンサーリンク

 

ステンレス素材の水筒の茶渋を漂白剤で落とすのは危険

茶渋だけでなく、食器関係の汚れを落とす方法として、漂白剤を使うことがあると思います。漂白剤はいろいろなものの汚れを落とすことができますし、除菌もできるので万能ですよね?

ただし、水筒やステンレスボトルの茶渋を落とすときに漂白剤を使うのは、あまりよろしくないこともありますので、十分な注意が必要なんです。

 

なぜ、水筒やステンレスボトルの茶渋を落とすのに漂白剤を使ってはいけないのかというと、

漂白剤はステンレス製品を傷つたり、変色させて傷めてしまう恐れがある

からなんです。

 

水筒やステンレスボトルにもよるのですが、漂白剤に含まれている成分によって内側に傷などができてしまうと、その部分に

雑菌が溜まって繁殖したり、サビや茶渋が発生する原因

になるんですね。

 

漂白剤を使った直後は良くても、使っているうちに今まで以上に衛生状態が悪化してしまう可能性が高いので、基本的には茶渋を落とすのに漂白剤を使うことは、なるべく控えた方が良いんです。

重曹を使用するときも注意

水筒やステンレスボトルの内側の傷で言うと、重曹を使って落とすときにも注意が必要です。

重曹で清掃すること自体は悪いわけはないのですが、ボトル内の内側を重曹で強く擦ってしまうと、漂白剤を使ったときのように、傷がついてしまう可能性があるんですね。

ただ、茶渋を落とすために重曹を使う方法は別の方法を使えば効果的ですので、次の項からはそちらの方法についてご紹介していきます。

 

漂白剤を使わずに茶渋を落とすには!?

先ほどの話にも出てきましたが、漂白剤を使って水筒やステンレスボトルの茶渋を落とす方法は、内側に傷ができてしまうことがありますので、あまりおすすめしません。

こちらでは、漂白剤を使わない水筒やステンレスボトルの茶渋の落とし方として、

  • 重曹を使った茶渋の落とし方
  • 卵の殻を使った茶渋の落とし方

の2つの方法をご紹介していきます。

 

重曹を使った茶渋の取り方

先ほど話したように、重曹を使って水筒の茶渋を落とす場合には直接擦り付ける方法をとるのはNGです。

重曹を使って水筒の茶渋を取る場合には、直接個するのではなく、一手間かけて落とすようにしてください。

重曹を使って茶渋を落とす手順

  1. まずは、茶渋を落としたい水筒やステンレスボトルの中にお湯を入れるます。このときのお湯の温度は、できるだけ熱い温度の方が茶渋が落ちやすいです。逆に温度が低すぎると重曹が上手く溶けずに茶渋を落とすことができないので、注意してくださいね。
  2. 水筒のお湯の中に重曹を小さじ1杯程度入れます。茶渋や汚れがこびりついてひどいときには、様子を見ながら少しずつ量を増やしていくようにしましょう(3〜5杯程度)。
  3. 重曹を入れたら水筒の蓋をして、中のお湯と重曹がしっかりと混ざるように良く振ります。お湯と重曹が混ざりつつも、汚れが落ちるように振るといいですよ!
  4. ある程度振ったら、一度中に入っているお湯を捨ててください。ほとんどの場合、これで茶渋や汚れが落ちるのですが、まだ残っているようであれば、もう一度やってみましょう。そのときには、お湯と重曹を入れて少し振ったら、しばらく浸け置き感じで放置するのも良いですよ。

これで水筒やステンレスボトルの中の茶渋は綺麗に落ちるはずです。お湯を沸かす手間はありますが、傷をつけずに水筒の中を綺麗にすることができますので、ぜひ試してみてください。

茶渋汚れが落ちにくい場合には、1時間程度漬け置きしてから洗い流すようにしてみてくださいね!あまりに汚れがひどくてなかなか落ちない場合には、重曹と同量のクエン酸を入れてみると効果が上がります!

 

スポンサーリンク

 

卵の殻でも茶渋を落とせる

意外かもしれませんが、実は卵の殻を使うことで水筒の茶渋を落とすことができます。

「卵の殻って、ゆで卵とか目玉焼きを作る鶏の卵の殻?」

って思われた方もいらっしゃるでしょう。

そうです、その卵の殻が水筒やステンレスボトルの中の茶渋を落とすのには効果的なんです。

 

水筒やステンレスボトルは、飲み物など口に入れるものを入れるためのものなので、薬品を使うのに抵抗がある場合には、卵の殻って中身を洗浄するのがいいですね。

卵の殻を使って茶渋を落とす手順

  1. 卵の殻を細かく砕いてください。手でも簡単にできますが、角で指を切ったりしないように怪我には注意してくださいね。
  2. 細かくした卵の殻と水(少量)を水筒に入れます。
  3. そのまま、水筒に蓋をして振る上下に振ります。
  4. 卵の殻を取り出して、中を水ですすぎ洗いをすれば完了です。

単純に卵の殻を細かく砕いて水と一緒に水筒に入れるだけなので、手間もかからないですし、簡単ですね。

ただ、卵の殻を使う場合には重曹を使う場合に比べて洗浄力が弱いので、頑固な茶渋や汚れの場合には落としきれない場合もあります。どちらにせよ、汚れが溜まってくるとどの方法でも落としにくくはなってきますので、水筒の茶渋はできるだけ定期的に洗浄するようにしましょう!

 

 

 

パッキンの洗い方

水筒やステンレスボトルの本体に茶渋等の汚れがつきますが、飲み口のあたりにあるパッキンなどの細かい隙間にも汚れは溜まりますよね?

せっかく、中の茶渋や汚れを落として綺麗に使っているのであれば、パッキンの部分に溜まった細かい汚れも重曹を使って一緒に落としてしまいましょう!

 

パッキンの汚れを落とす場合には、タッパーなど密閉できる容器の中に重曹と水を入れてから、その中にパッキンや分解した中蓋などを漬け込んでいきます。

そうしたら、中身の茶渋や汚れを落とすときと同じように、その状態のままでタッパーを振って洗えばOKです。

あとは、汚れが落ち切っていない隙間などの細かい部分については、楊枝や綿棒などを使えば綺麗にすることができます。楊枝を使って細かい部分の汚れを落とすのって、気分もスッキリするので個人的には良いストレスの解消にもなります(笑)

 

スポンサーリンク

 

パッキンにカビが生えてしまった場合には……

パッキンは洗浄がしにくいので、雑菌が溜まりやすいですし、その上乾燥もしにくいので、ふとしたときにカビが生えてしまったりしてしまいます。

口に入れるものなので、かび自体生えてしまったものを使うのも嫌ですが、特に飲み口の部分となると、目に見えてしまうので嫌ですよね?

 

もし、水筒やステンレスボトルのパッキンにカビが生えてしまった場合には、酵素系の漂白剤を使って落とせるか試してみてください。

決して、塩素系の漂白剤は使ってはいけませんよ!

漂白剤を使ってカビを落とすと、カビが落ちてくれるだけでなくて、全体の除菌にもなるので衛生的にもかなり良いです。

 

ただし、注意したいのは、漂白剤を使う場合には洗浄力が強すぎてパッキン本体を傷めてしまうことがあるということです。

長時間浸け置きすれば除菌効果が高くなって衛生的には良さそうですが、口をつける部分に近いですし、漂白剤にパッキンを漬ける時間はなるべく短時間(30分以下)で済ますように心がけましょう。

 

こうしたこともありますので、漂白剤を使うときには必ず水筒の表示確認をして、使っても大丈夫か確認してください。

水筒やステンレスボトルは、どんなものでも一見すると同じ素材でできているようにも見えますが、ものによっては漂白剤が使えないものもあるので注意が必要なんです!

 

 

あとがき

毎日水筒を使っている場合には、なかなか細かいところまで掃除ができなかったり、乾燥が不十分なまま次の日に使ってしまう場合もありますよね?

ただ、そうしたことを続けているといつの間にか水筒の内部やパッキンの部分に茶渋や汚れが溜まってしまいます。そうなると飲みものの味も落ちてしまいますし、衛生上も良くないんですよね……

毎日細かい部分まで掃除するのはなかなか難しいかもしれませんが、せめて週に1回くらいは細かい部分まで掃除をしてあげるようにすると、良い状態をキープすることができて、かなり長持ちしてくれますよ〜

 

kensuke
水筒は口から入るものを入れるためのものなので、なるべくいつも綺麗な状態で使うように心がけています!

 

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です