茶渋の取り方!コップやマグカップの茶渋は塩や重曹で落とせる!

Sponsored Link

ぼくはよくお茶を飲むんですが、自分専用のコップ(マグカップ)の底にこびりついた茶渋が気になることがよくあります。別にそこまで汚いと思ったことはないのですが、やっぱり飲みものを飲んでいるときにそういったものが目についてしまうと少し残念な気持ちになるのは確かです。ただ、これを落とそうにもスポンジなどで擦ってもなかなか落ちないんですよね……

コップでお茶を飲んだときには、必ず茶渋はついてしまうものなので仕方がないのであろうとは思ってはいますが、やっぱり新しい綺麗なコップで飲みものを飲んでいると気分もいいです。コップ自体を買い替えてもいいですが、お気に入りのコップの場合には愛着があるので、なかなかそうもいきません。なんとかこのコップの茶渋を落とせないものか……

ということで、今回はコップやマグカップについた茶渋の取り方についてまとめていきます。

 

 

茶渋はなぜつくのか

茶渋はお茶に含まれるポリフェノールと水に含まれるカルシウムなどの金属イオンが結びつくことによって、コップに付着して着色するものです。

茶渋がコップに付着すると見た目的にも良くないですし、それを見るとあまりいい気分にはならないです。さらに、そのまま茶渋が付着した状態だとお茶の味も変わってしまうので、なるべく茶渋がついたらすぐに落とすようにしたいですよね。

 

Sponsored Link

 

茶渋の取り方

塩を使って茶渋を取る

茶渋を落とすことができるもので一番身近なものが「塩」です。塩であれば大抵の家庭にはあると思いますし、漂白剤などの薬剤とは違って特別取り扱いに注意することもありません。何より口に入るものを入れる食器に使うものとしては安心して使用できるところがいいです。

 

塩を使って茶渋を取る手順

  1. 茶渋を取るコップに塩と水を少々入れる
  2. スポンジをコップに入っている水で濡らしながら、カップの内側についてる茶渋を研く
  3. 茶渋の汚れがしつこいときには、塩をひとつまみ指でつまんで落としたい箇所に直接指で擦り付ける
  4. 茶渋が取れたら、水で洗い流して完了

 

kensuke
塩の粒が研磨剤の役割をしてくれて、コップに付着した茶渋を落とすことができるんです!

 

 

重曹を使って茶渋を取る

重曹も比較的手に入れやすく、茶渋以外にも水回りの清掃にも使えるので重宝するアイテムです。重曹を使って茶渋を落とす場合には2通りの方法があります。

 

重曹を使って茶渋を取る手順

比較的軽度な茶渋の場合
  1. スポンジに重曹をつけて、コップについている茶渋の部分をそのまま研く
  2. 重曹が取れたら水ですすぎながら洗い流して完了

 

頑固な茶渋の場合
  1. 鍋に水と重曹を入れたら、一緒に茶渋がついているコップを鍋の中に入れる
  2. そのまま点火して、鍋を沸騰させる
    ※重曹が入った水は沸騰しやすくなっているので、注意しながら加熱する
  3. 沸騰したら火を止めて30分程度そのまま放置する
  4. 最後に水で洗い流して完了

 

重曹は水に混ぜて温めるとアルカリ性が強くなるので、手が触れてしまうと荒れの原因になります。作業をするときにはゴム手袋などをはめて、直接触れないように注意するといいですよ。

 

kensuke
重曹を使うときには食器用の重曹を使って落とすようにしましょう!

 

 

 

メラニンスポンジで茶渋を取る

最近では水垢や頑固な汚れなどを研磨して落とすことを目的としたメラニンスポンジなどが販売されていますので、こうしたものを使って茶渋を落とすのもひとつの手です。メラニンスポンジの場合には特に難しいことはなくて、単純にスポンジで茶渋が気になる部分をこするだけで汚れが落ちます。

汚れが落ちたらあとは水で洗い流すだけですね。これだけ聞くとメラニンスポンジが一番簡単そうに聞こえますが、素材によっては傷をつけてしまったり汚れが落ちにくい場合もあるのでその辺りは様子を見ながら使うことをオススメします。

 

 

kensuke
頑固な茶渋にはメラニンスポンジと塩や重曹を組み合わせて使うのも効果がありますよ!

 

 

漂白剤で茶渋を取る

漂白剤は茶渋を落とす効果はありますが、酸性が強いので取り扱いには十分な注意が必要なのと、コップの素材によってはコップ自体を傷めてしまう恐れもあるので注意して使いましょう。

特に赤ちゃんや子供が使う食器に漂白剤を使用するときには、口に触れるものなので心配ですよね。ニオイもきついですし……

そこまで頑固でない茶渋程度の汚れであれば、先に紹介した塩や重曹で十分に対応できますので、心配な場合はそちらの方法で茶渋を落とすことをオススメします。

 

Sponsored Link

 

あとがき

茶渋ってついているのに気づいても面倒でなかなか手が回らなかったりするんですよね。でも実はそこまで頑固な茶渋でなければ塩を使う程度で落ちてしまうので、簡単に落とすことができます。ぼくも茶渋ってなかなか落ちないものなんだろうと思っていましたが、塩で取れることを知ってからは、洗い物をするついでにこまめに取るようになりました。

簡単にできるのでぜひ試してみてください!

 

kensuke
こまめに手入れをしていればいつでも綺麗な状態で使えるので、飲みものを飲むときも気持ち良く飲むことができますよ!

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です