壁紙についたタバコのヤニの落とし方とヤニを防ぐ方法

Sponsored Link

部屋でタバコを吸い続けてしまった場合には、壁紙にヤニがついてしまうことがありますよね。壁紙がタバコのヤニで汚れてしまうと見た目も悪いですし、特に賃貸などで部屋を借りている場合には退去時に問題になってきたりします。

さらに壁紙についたヤニは見た目を悪くするだけでなく、同時に部屋の中にタバコの臭いも残ってしまうので、あまり嬉しいことではないですよね。こうしたタバコのヤニが部屋の壁紙についた場合には、できるだけキレイに落としたいですし、できることであればハナから壁紙にヤニがつかないようにしたいです。

 

kensuke
ということで、今回は壁紙についたタバコのヤニの落とし方とヤニを防ぐ方法についてまとめます。

 

壁紙がタバコのヤニで汚れる原因

部屋の壁紙にヤニで汚れてしまう原因はタバコから発生するタールです。タールはタバコに含まれている成分のひとつですが、粘着性を持っているので壁につきやすくそのまま蓄積してしまうと、どんどん落としにくくなっていってしまうんです。

 

壁紙にこのタールがつくのは、タバコの煙にのったタールが壁紙に触れたときにそのまま少しずつ付着して徐々に固まっていってしまうからなんですね。さらに、タール自体にはタバコの臭いも含まれているので、壁紙にヤニがついてしまった場合には部屋全体がタバコ臭くなってしまいます。

 

kensuke
部屋の壁紙にヤニがつく原因はタバコを部屋で吸うからなんですね。

壁紙にヤニがついてしまうと見た目も悪くなるだけでなく、臭いも残ってしまうので最悪です……

 

Sponsored Link

 

壁紙についたタバコのヤニの落とし方

壁紙についたタバコのヤニの落とし方にはいくつか方法があるので紹介していきます。

 

 

重曹を使って壁紙のヤニを落とす方法

重曹を使って壁紙についたタバコのヤニを落とす場合には重曹をそのまま使うのではなくて、重曹を水で溶かして重曹水を作って汚れを落とします。重曹水はアルカリ性なのでヤニを落とすときには効果的なんですよ。

壁紙についたヤニの汚れのほとんどは強い油性のタールなんですが、この汚れはアルカリ性のものを使うことで落ちやすくなるんです。

 

重曹水で壁紙のヤニを落とす場合には、スプレーボトルなどに重曹水を入れて汚れの気になる部分に直接噴きかけるか、雑巾やスポンジなどに重曹水を染み込ませて汚れを拭き取ってください。

それから、拭き取った後の仕上げとして必ず乾燥した雑巾などで乾拭きをしてくださいね。そうしないと、壁に残った重曹水や湿気によって壁紙が傷んでしまうことがあります。

 

 

アルコールを使って壁紙のヤニを落とす方法

壁紙についたヤニはアルコールを使っても落とすことができます。ただ、アルコールの場合は先ほど挙げた重曹に比べて汚れを落とす力が弱いので、どちらかというと壁紙にヤニがつきたての初期段階のときの対処法として行ってください。

 

kensuke
アルコールを使っても汚れが落ちない場合には無理に強く擦って落とそうとしないで、洗浄力の強いもので落とすようにしましょう。

あまり力を入れて壁を擦ると汚れを落とすどころか、壁紙自体を傷つけてしまう原因になってしまいますよ……

 

 

漂白系洗剤を使って壁紙のヤニを落とす方法

壁紙についたヤニは漂白系洗剤を使うことでも落とすことができます。ただ、漂白系洗剤を使う場合に注意して欲しいのは、必ず水で薄めて使うことです。漂白系洗剤の洗浄力はかなり強力なので下手にそのまま使ってしまうと壁紙を傷つけたり、最悪の場合には壁紙自体の色が変色してしまいます。

それから、当たり前だとは思いますが漂白系洗剤を使う場合には、ゴム手袋をはめてしっかりと換気を行ってくださいね。そうしないと汚れを落とすどころか命の危険すらありますよ!

 

Sponsored Link

 

セスキ炭酸ソーダを使って壁紙のヤニを落とす方法

セスキ炭酸ソーダは重曹よりもさらに強アルカリなので、ヤニが落ちにくい場合には重宝します。単純にセスキ炭酸ソーダ自体を購入してもいいですが、最近ではセスキ炭酸ソーダを組み合わせた壁紙の汚れ落とし用のスプレーなども販売しているので、そういったものの方がヤニを落とすのには効果が高いですね!

 

 

壁紙についたタバコのヤニの落とすときのポイント

  • 水よりもお湯を使うと汚れが落ちやすい
    重曹などに水を混ぜる場合には冷たいものよりも温かいものの方が汚れが落ちやすくなります。温度としては45℃くらいで大丈夫です。
  • 洗浄効果の強いものは少しずつ試す
    洗浄効果の強いものはいきなり使ってしまうと壁紙を傷つけたり変色の原因になります。効果の強いものは初めはかなり薄めた状態で使い始めて、汚れの落ち具合に応じて濃くしていくようにしてください。試す際には壁紙の目立ちにくい場所から試すのがいいですよ!
  • 壁紙のつなぎ目に水分が入らないように
    壁紙のつなぎ目は以外と水分が入りやすく、一度水分が入ってしまうとそこから壁紙が剥がれてしまう原因になります。つなぎ目の汚れを落とす場合にはなるべく水分の少ない状態で、注意しながら汚れを落としてください。
  • 仕上げには乾拭きを行おう
    重曹の項目のところで先述しましたが、汚れを落とした後には必ず乾拭きを行って壁紙を乾燥させた状態にしてください。そうしないと残った水分や洗浄成分などによって壁紙が傷ついてしまったり、変色をしてしまう恐れもあります。

 

 

 

部屋の壁紙にタバコのヤニがつくのを防ぐ方法

ここまで壁紙についたタバコのヤニを落とす方法についてご紹介してきましたが、こうしたことをするのは実際にはかなり面倒ですよね。であれば壁紙にはハナからヤニがつかないようにすることが何より一番です。

 

 

部屋でタバコを吸わない

当たり前ですが、部屋でタバコを吸わなければ壁紙にタバコのヤニはつきません。ヤニの原因自体がなくなるわけですからね。少し手間かもしれませんが、タバコを吸う場合にはベランダに出たりするなど工夫をしていけば、かなりヤニの付着を防ぐことができます。

 

ただ、部屋でタバコを吸わないとなると面倒だし、なかなか難しい場合もあるかもしれません。その場合には次に挙げる方法を取り入れてみてください。

 

 

部屋でタバコを吸う場合には換気などに注意する

どうしても部屋でタバコを吸いたい場合には窓を開けたり、換気扇をつけたりしてその周辺でタバコを吸うようにするとある程度はヤニの付着を防ぐことができます。

それから最近の空気清浄器にはタバコ専用のモードなどもついていますので、そうしたモードにセットして空気清浄器にタバコの煙を吸わせるようにするとヤニの付着を予防することができますよ。

 

kensuke
空気清浄器を使う場合にはフィルターの清掃も定期的に行ってくださいね。フィルターが詰まった状態で使ってもまるで効果がないですよ!

 

Sponsored Link

 

あとがき

部屋の壁紙にタバコのヤニがつくのは見た目も悪くなりますし、臭いもついてしまうのでできるだけ避けたいですよね。こうした汚れが壁についてしまうと、一人暮らしで賃貸を借りている場合などには退去のときにかなり面倒になりますからね。

普段からなるべくヤニがつかないように工夫したり、ついてもなるべく早い段階で落とすなどの対応をすると部屋をキレイな状態にしておけますよ!

 

kensuke
ぼく自身はタバコを吸わないので、部屋でタバコを吸われるとヤニの付着がかなり気になりますね……

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです