水道水のカルキ抜きにかかる時間!どの方法が一番簡単にできるのか?

Sponsored Link

普段ぼく達が使っている水道水は安全に使用・飲料するためにカルキ(塩素)が含まれています。もちろん、水道水はぼく達人間にとってはそのままでも飲むことはできますし、使用もできますのでそこまで問題はないですが、やはり体の中に入るものとしてカルキは必要のないものなんですね。

さらに、カルキはぼく達人間にはそこまで悪影響はないんですが、ペットとして飼っているメダカや金魚などの魚達にとっては有毒な成分です。こうしたペット達の体に負担をかけないためにはしっかりとカルキを抜いた水を使用した方が、長生きをしてくれます。

カルキを抜く方法というと、よく「バケツに水を汲んで数日放置」なんて聞きますが、この方法、前から思っていたんですが結構時間かかっていますよね。金魚なんかを持ち帰ったときに都合よく用意してあるわけでもないですし、どうすれば素早くカルキ抜きができるのか……

 

kensuke
ということで、今回は水道水のカルキ抜きにかかる時間と簡単に短時間でできるカルキ抜きの方法についてまとめていきます。

 

水道水のカルキ抜きの方法

汲み置き

カルキ抜きと聞いて一番手軽な方法がこちらの汲み置きの方法です。やり方は簡単で、

 

汲み置きによるカルキ抜きの方法

  1. バケツやペットボトルに水道水を入れる
  2. そのまま汲み置いた状態で放置する

 

たったこれだけで水のカルキ抜きが完了です。

汲み置きする場合には日光の当たる場所に置いた方が短時間でカルキを抜くことができますが、日陰に置いておいてもカルキを抜くことはできます。

所要時間は、

 

汲み置きによるカルキ抜きに必要な時間

  • 日光に当てた場合  半日(およそ6時間程度)
  • 日陰で放置した場合 2〜3日

 

くらいを目安にしてください。

 

kensuke
簡単な分、やっぱり時間はかかりますね……

 

Sponsored Link

 

水を沸騰させる

水を沸騰させてもカルキを抜くことができます。この方法は先に出てきた汲み置きの方法に比べてかなり時間を短縮できますが、ちょっとした問題も出てきます。

 

沸騰させる方法によるカルキ抜きの手順

  1. やかんや鍋に水を汲んで沸騰させる
  2. 水が沸騰したら40分程度そのまま沸騰させる

 

以上でカルキ抜きは終了です。

水が沸騰すると10分程度でカルキがトリハロメタンに変化して、40分くらいかけてそれが抜けていきます。

この方法を使えば汲み置きに比べてカルキ抜きの時間がかなり短縮できますが、40分間沸騰させないとなると結構な時間ですよね。火を使っていると出かけたりもしにくいですし、面倒をみることを考えると少し手間がかかります。

 

それから、この方法でカルキを抜くと水分中に含まれるミネラルも壊れてしまいますし、酸素も抜けてしまいます。ペットの水槽の水の交換用に使うときには、いきなり全ての水を取り替えてしまうと、酸欠状態になってペットを弱らせてしまう原因にもなってしまうので注意も必要になってきますね。

もしこの状態でペット用に水を使用するのであれば、エアーポンプなどを使って水分中に酸素を注入してあげましょう。

 

 

kensuke
この方法は結構手間もかかりますし、酸素も抜けてしまうのであまりオススメはしないですね……

 

 

ハイポ(中和剤)を使う

ハイポ(中和剤)を使う方法もかなり簡単に水のカルキ抜きができます。ペットショップなどで簡単に入手できるので、店頭で店員さんに「ハイポください」と伝えてみてください。

 

ハイポ(中和剤)を使ったカルキ抜きの手順

  1. カルキ抜きをしたい量の水道水をバケツなどに溜める
  2. ハイポ(中和剤)を入れて5分待つ(時間は中和剤の種類によります。)

 

となっているのでかなり簡単にカルキ抜きを行うことができますね。時間も5分程度でできて時短にもなるので、この方法はかなりオススメです!

 

 

kensuke
最近では100均などにも中和剤が売っていたりしますよ!

 

 

レモン(ビラミンC)を入れる

水道水に含まれるカルキ(塩素)はビタミンCと結びつくことで抜けていきます。レモンはビタミンCが多く含まれるフルーツの代表ですが、レモンを入れることによってカルキが抜けるだけでなく、レモンの香りがカルキ臭を抑えてくれるので、飲料水として使う場合には水が美味しくなるのでこの方法はオススメです。

 

kensuke
レモンを用意するのが面倒な場合にはレモン汁などを垂らすだけでも効果がありますよ!

 

 

Sponsored Link

 

炭を入れる

炭には浄化作用があるので、水道水に含まれている塩素やトリハロメタンなどを吸着してくれます。さらに脱臭効果によってカルキ臭も抑えられますし、炭に含まれるミネラル分が溶け出すことで単なる水道水がミネラルウォーターに変化するので、飲み水としてはかなり良質なものになってくれますよ!

 

炭を使ったカルキ抜きの手順

  1. 竹炭や備長炭を用意する
  2. たわしなどを使って用意した炭をきれいに洗う
    このときに洗剤などは使わないでください。特に飲料用としてカルキ抜きをする場合にはやめましょう。
  3. 鍋に水と炭を入れて煮立てた後に10〜20分程度そのまま放置する
  4. ザルなどに取り出して冷やして乾燥させれば完了
  5. 水道水1ℓあたり150g程度の炭を入れて一晩寝かせればカルキ抜き完了

 

この方法は水道水から良質な飲み水を作る場合には効果が高いですが、炭を用意するのが面倒なのと、時間がかかってしまうのがデメリットですね……

炭に関してはカルキ抜き専用の炭も販売しているので、こうしたものを使うとより効果的にカルキ抜きをすることができます。

 

 

浄水器を設置する

今まで色々な方法を紹介してきましたが、水道水のカルキ抜きを行う方法で最も簡単なのは浄水器を設置してしまうことですね。浄水器は一度設置してしまえば、そのまま使えますし、時間をかけずにすぐにカルキ抜きをした水を使うことができます。

デメリットとして、浄水器の定期的なメンテナンスとカートリッジの交換が必要になるので、そのときに多少の手間とお金がかかりますが、時短と手軽さで選ぶのであればこの方法が一番いいですね。

 

 

kensuke
カルキ抜きの方法の中では一番お金はかかりますが、時間を買うと思えば安い投資だと思います!

 

 

 

水道水のカルキ抜きにかかる時間のまとめ

水道水のカルキ抜きの所要時間を方法別にまとめると、

 

水道水のカルキ抜きの所要時間

  • 汲み置き

日向 半日
日陰 2〜3日

 

  • 沸騰

40分

 

  • 中和剤

5分

 

1日

 

  • 浄水器

蛇口をひねればそのまま使える

 

当たり前ですが、浄水器の設置が一番早いですね。ただ、その他の方法でいくと中和剤を使う方法が手間もかかりませんし、群を抜いて早いです。

 

kensuke
家庭に浄水器がない状態でペット用にすぐに水を用意したいのであれば、中和剤を使うのが一番手っ取り早いし、楽ですね!

 

Sponsored Link

 

あとがき

カルキ抜きの方法は様々な方法がありますが、ペットなどのために行うのであれば汲み置きの方法かハイポを使った方法で行うのが手間もかからずに無難に行うことができます。特にあらかじめ水が必要な予定がわかっている場合には汲み置きで用意すれば、お金もかけずにカルキ抜きの水を用意することができますね。

 

kensuke
浄水器はないけどいい水が飲みたい場合には、カルキ抜き専用の炭を使うと美味しい水が飲めますよ!

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです