コウモリの駆除の効果的な方法!磁石や蚊取り線香は効果があるのか!?

Sponsored Link

知らないうちに住み着いて糞などを大量に散らかして家を汚すコウモリ。そのまま放っておくと巣の周辺が糞だらけになりますし、子供やペットがいる場合には病気の心配も出てきますよね。ただ、このコウモリの駆除は専門の業者に頼むと結構なお金がかかりますし、できるのであれば自分で駆除をしたいですよね。

ということで今回は、自分の力でコウモリを駆除するための方法についてまとめていきます。

 

コウモリの駆除の前に知っておくべきこと

コウモリを殺処理してはいけない

コウモリを駆除する前にひとつ覚えておいておかなくてはいけない重要なことがあります。それは、

コウモリを許可なく殺処理してはいけない

ということです。

 

コウモリは家に住んでいる害虫(ゴキブリや蛾など)を食べてくれるので、分類としては害獣ではなく益獣に分類されます。

そのため、コウモリは鳥獣保護法によって保護されている生き物なので、勝手に駆除することは法律違反になってしまいます。

特に許可なく殺処理をすることは禁じられていますので、決して自分の判断で行わないようにしてください。

 

kensuke
益獣とは人間に利益をもたらしてくれる生き物のことを指します。コウモリは害虫を駆除してくれるのでそういった意味では益獣なんですね!

 

Sponsored Link

 

コウモリを駆除するための有効な方法

家に住み着いてしまったコウモリを駆除するためには、まずはコウモリを追い払って全くいない状態にしてから、コウモリが住み家に入ってこれないように侵入経路を塞いで入ってこれなくするといった方法が一般的にとられます。

 

kensuke
コウモリ自体も臆病ですので、こちらから驚かせたりして追い払うと一時的に逃げ出してくれます。

決して攻撃したりして痛めつけてはいけませんよ!

 

 

コウモリを追い出す方法

スプレーを使って追い払う

コウモリを追い出す方法としてはコウモリの嫌がるスプレーや煙などで追い払うのが簡単です。こうしたコウモリを追い出すためのグッズはホームセンターなどで1,000円程度で購入出来るので購入できます。

使い方としてはコウモリが生息している部分に専用のスプレーを吹きかけるだけなのでかなり簡単です。ただ、吹きかけた後にはコウモリが飛び出してくるので、心の準備だけはしておいてください。

 

 

 

専用の超音波装置を使って追い払う

それから、コウモリを追い出すための専用の超音波を発生させる機械なども割と手に入れやすい価格で販売されています。こちらはコウモリだけでなくて、ネズミやカラス、ハトなどにも効果があるので、コウモリ以外の害獣・鳥獣などにも悩まされている場合にはかなりコストパフォーマンスがいいですよ。

 

 

 

 

コウモリの定住・侵入を防ぐ方法

定期的に追い払う行為を行う

コウモリは頭のいい生き物なので、一度追い出したとしても数日後にまた戻ってきて特に問題がなければ再びその場所を住処としてしまいます。コウモリを追い払った後にも定期的(2〜3日に一度くらい)にスプレーや超音波などを使って、その場所が危険な場所であることをコウモリに知らせてあげましょう。そうすることでコウモリは学習してその場所に寄り付かなくなります。

 

シャッターを定期的に開閉する

コウモリが住処にしやすい場所のひとつがシャッターや雨戸の隙間です。特にしばらく開閉をしていないような部分はコウモリにとって恰好の住処になります。これはその場所が安全な場所だとコウモリに思われているためなので、毎日開け閉めをするだけでもコウモリは住みつかなくなります。

コウモリを追い払った後には定期的にシャッターや雨戸を開閉するようにして、その場所が危険な場所であることをコウモリに教えてあげましょう。

 

kensuke
シャッターや雨戸を開閉するときには少し乱暴に音を立てたりしながら開閉すると、コウモリが驚いくのでより効果的です!

 

隙間を埋めてコウモリの侵入経路を塞いでしまう

コウモリを追い払った後には、今度は隙間などのコウモリの侵入経路を塞ぐ作業です。コウモリは1cmでも隙間があれば侵入してきますので、完全に隙間を埋めてしまい、物理的に入れなくしてしまわなくてはいけません。

ただ、コウモリは賢いので、ダンボールやガムテープ程度では簡単に食い破って侵入してきます。完全に塞ぐのであれば、金属製のものか樹脂製のもので徹底的にやらないと意味がないです。

 

kensuke
この侵入経路を完全に塞ぐ作業は素人には難しいんですよね。そういった意味ではプロに頼むのが一番無難です。

 

 

磁石はコウモリの超音波を狂わせる

コウモリを追い払うためのアイテムとして簡単に手に入れられるもののひとつが磁石です。コウモリは視力がとても弱いので、空を飛んでいるときには超音波を出して自分と周りの障害物の状況を把握しています。この超音波がしっかりと返ってこないとコウモリは何も把握できないので、空を飛ぶことができないんですね。

磁石にはこのコウモリが出す超音波を狂わせる性質があるので、コウモリが住処にしている場所の周辺に設置するだけでも、コウモリが自分の居場所を確認できなくなるので、寄り付かなくなります。

 

kensuke
コウモリの退治に使う磁石は100円均一などに売っている強力磁石でも十分に効果がありますので、手に入れられるようであれば試してみてください。

 

 

バルサンや蚊取り線香は効果があるのか?

コウモリを追い払うためにバルサンや蚊取り線香を使うのも効果的です。特に最近では害獣専用のものも販売されているので、そうしたものを使うといいですね。バルサンを使う場合にはネズミようが効果的ですよ!

ただ、バルサンや蚊取り線香もスプレーと同様に一時的にはコウモリを追い払いますが、しばらくするとコウモリがまた戻ってきますので、定期的に行って侵入経路を塞ぐ必要があります。

 

 

 

 

コウモリの駆除を業者に頼むとどのくらいの費用がかかるのか?

コウモリを駆除してくれる専門の業者に駆除をお願いすると、今いるコウモリを完全に追い出してくれるだけでなく、その後にコウモリが戻ってきても侵入できないようにしてくれます。

それなので、一度業者に駆除をお願いするとその後のことについてもかなりの安心感を持って生活をすることができるといった点では、多少高いお金を払ってでも駆除をしてもらった方がいい場合もありますね。

 

気になる駆除のお値段ですが、基本料金が大体25,000〜35,000円くらいで、それ以外にも業者によって数年間の保証などのオプションをつけることができますので、駆除の規模によっては全体的に見るとお得になる場合もあります。

 

コウモリの駆除業者は単純にコウモリを追い払うだけでなくて、

 

  • 侵入経路の調査
  • コウモリを追い払う
  • コウモリの糞を掃除して消毒
  • 侵入経路を塞ぎ戻ってこれないようにする

 

など手間のかかる作業をしてくれるので高額になってしまうのですね。

1年以内にコウモリが戻ってきた場合にはもう一度駆除をしてくれる保険などが付いていたりもしますので、全体的に見るとお得な場合が多いです。

 

kensuke
業者に頼んだ場合には素人ではなかなかできない、シャッターの開閉ができつつも侵入口を塞ぐような特殊な加工もしてくれたりするので、駆除がなかなかうまくいかない場合には業者に頼むことをオススメします。

 

Sponsored Link

 

あとがき

コウモリは一度住み着いたらよほどのことがない限りはその場から離れていってくれません。特に夏場などの暑い季節にはコウモリが大量に繁殖するので、家に住みつかれると一気に繁殖されてしまいまうんです。

そうなると、周辺が糞で汚されてしまいますし、コウモリの糞にはカビなどの菌も含まれているので、それが原因で家の至る所にカビが繁殖するようになってしまいます。繁殖したカビはぼくたちの肺に入り込んで感染症を引き起こしたりと、健康への影響も出てくる恐れがあるので、実はコウモリはかなり恐い存在でもあるんです。

 

コウモリの巣を家で見かけたらできるだけ早く対処することが、自分たちの健康や身を守るためには必要ですよ!

 

kensuke
コウモリの体にはダニやノミなども住み着いているので、そちらの方も心配ですね……

家でコウモリを見つけたらなるべく早い段階で処理をした方がいいですよ!

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です