洗濯物を早く乾かす方法!干し方を工夫すれば断然早く乾く!

Sponsored Link

ぼく達が日常を生きていく中でほぼ毎日欠かせないもののひとつに洗濯があります。極論を言えば洗濯をしなくても生きてはいけますがニオイなどのエチケットを考えるとそうもいきませんよね。

洗濯物は季節によっては雨が続いてなかなか乾かすことが難しいことがあります。特に洗濯物が乾くまでに時間がかかってしまうと、洗濯物の雑菌が増殖してしまってあの生乾きのニオイの原因になってしまうので、なるべく早く乾かしたいですよね。こうした雨が続いて部屋干しをしなくてはいけない時期にはいかに効率良く早く洗濯物を乾かすかがポイントになってきます。

ということで今回は洗濯物を早く乾かす方法と洗濯物の干し方の工夫についてのまとめていきます。

 

洗濯物を早く乾かす方法

洗濯物を干す前に洗濯物の水分をできるだけとる

洗濯物を早く乾かすためには干す前にできることもあります。それは洗濯物に含まれる水分をできるだけとっておくことです。ここでは洗濯物の水分を取る方法についてご紹介しますね。

 

脱水を2回かける

通常、洗濯機で洗濯をすると脱水された状態で洗濯が終わると思います。いつもであれば洗濯物を干すときにはそのまま干しますよね。ここで、もう一手間かけてもう一度洗濯機の脱水機能を使ってみてください。

実は思った以上に洗濯物には脱水しきれていない水分が溜まっていて、2回目の脱水をかけることで一気に洗濯物に含まれる水分を減らすことができるんです。

そうすることで洗濯物を干したときに乾くまでの時間を大幅に短縮することができるので、洗濯機の機能で脱水時間を長くしたり回数を設定できる場合には、設定を変えて試してみてください。

 

乾いたタオル(バスタオル)で洗濯物の水分をとる

洗濯物に含まれる水分をとる方法として乾いたタオルで水分をとる方法があります。やり方は、乾いたタオルを広げて洗濯物を挟むだけです。タオルに挟んだ洗濯物の上に乗って体重をかけて、水分を吸収してみてください。そうすると洗濯物に含まれる水分が少なくなるので、思った以上に洗濯物の乾燥が早まります。

 

kensuke
タオルが湿ってしまうので、乾かす物は増えますが、時短という意味ではこちらの方が効率がいいですよ!

 

Sponsored Link

 

洗濯物を早く乾かす干し方

乾きにくい部分を表にする

洗濯物を乾かしたときに、全体的な見た目は乾いているのに触ると、一部湿っていたりすることってありますよね。そういう部分って裾の縫い目だったり、ポケットが重なっている部分だったり、乾きにくい部分のはずです。

洗濯物を干す場合にはそのままいつも着るように表向きのまま干すのではなくて、乾きにくい部分を表側にして風などが当たりやすくすると、そうした細かい部分ま乾きやすくなります。

 

フードの付いたものは逆さまに干すと効果的

フードの付いた洗濯物をするときも前述したように、その部分に湿り気が溜まって乾きが遅いことがありますよね。そうした部分の乾燥を早めるためには、洗濯物自体を逆さまにして干すことで、フードの部分が重ならなくなって乾くのが早くなります。

 

洗濯物同士の間隔を空ける

洗濯物を早く乾かすためには、なるべく風が当たるようにしてあげることが大切です。特にたくさんの洗濯物がある場合には決まったスペースに干すと、なかなか洗濯物同士の間隔が開けられない場合があると思いますが、少なくとも10cm程度の間隔を空けるようにしてください。間隔を空けることで洗濯物に風が当たりやすくなるので、乾燥スピードが早まります。

 

ハンガーは太めのものを使うと空間ができる

洗濯物を干すときにハンガーはどのようなものを使っていますか?ここでもひと工夫をしてあげることで洗濯物の乾きが早くなります。洗濯物に使うハンガーは細いものを使うと前後の生地がくっついて洗濯物に隙間できにくくなってしまうので、乾燥に時間がかかってしまいます。

ここでなるべく太いハンガーを使ってあげることで洗濯物の生地の間に隙間ができて、洗濯物が乾くスピードが早くなります。

 

kensuke
太いハンガーがない場合には、細いハンガーを2つ使って洗濯物の生地がくっつかないように工夫をしてあげると乾くのが早くなりますよ!

 

扇風機やサーキュレーターで空気の流れを作る

洗濯物を早く乾かすためには、洗濯物同士に隙間を作って風の通り道を作ってあげることが大切ですが、洗濯物に当たる風自体を作ってあげればより早く乾かすことができます。

扇風機やサーキュレーター等が自宅にあるのであれば、そういったものを使って直接風を当ててあげたり、洗直接当てられなくても洗濯物の周辺に空気の流れを作ってあげるだけでもかなり乾燥時間が変わってきます。

 

Sponsored Link

 

kensuke
扇風機やサーキュレーターは電気代はそこまでかからないので、洗濯物を干す場合には効果的に使って洗濯の効率を高めるといいですよ!

 

 

エアコンのドライ機能や除湿機を使って部屋の湿度を下げる

洗濯物を室内に干す場合に、洗濯物の水分が蒸発して室内の湿度がある一定の水準まで達してしまうと、空気がそれ以上水分を吸収しなくなってしまうので洗濯物が乾きにくくなってしまいます。

室内に洗濯物を干す場合には除湿機やエアコンのドライ機能などを使って、部屋の湿度を調節するようにすることでより早く洗濯物が乾く環境を作ることができます。

 

干し方はアーチ干しが効果的

洗濯物を干すときの干し方としてオススメするのは、アーチ型に干す方法です。以前は洗濯物の長さを互い違いにしてジグザグに干すのが良いとされていましたが、実際には真ん中を短いものにして、端を長いものにすると効率が良くなります。

ライオンさんの動画でも解説されていますので、参考にしてみてください。

 

 

kensuke
左のアーチ型に干す方法が一番早いのがわかりますね!

 

外出先などで洗濯物を早く乾かす方法

外出先のホテルなどで洗濯をしたのはいいけれど、なかなか乾かないときってありますよね。仕事ですぐに出なくてはいけない……

でも洗濯物が乾いていない、

こうしたジレンマがあるときもあるかもしれません。そうしたときに試して欲しいのが。ドライヤーとビニール袋や紙袋を使った方法です。

やり方は簡単で洗濯物をビニール袋(ビニール袋を使う場合には風の通り道を作るために、そこの角を2ヶ所カットして穴を開けてください。)もしくは紙袋に入れて、ドライヤーの熱風を送るだけです。ドライヤーの熱風が全体に行き渡るように時々中身をほぐしてあげると効果的です。

 

kensuke
ホテルなどの出張先だけでなく、家でもできるので急いでいるときには試してみてください。

 

Sponsored Link

 

あとがき

洗濯物を干すときにはなるべく早く干すことで、雑菌の繁殖を防ぐことができて、嫌なニオイの発生を防ぐことができます。特に梅雨時など雨の多い時期には部屋干しなども増えると思いますので、ここで紹介した方法を使って洗濯物を早く乾かすことで嫌なニオイの原因をシャットアウトできるんですね。

洗濯物がなかなか乾かなくて悩んでいる場合には、ぜひこちらで紹介している方法を試してみてください!

部屋干しの臭いを予防するための洗濯の方法については別の記事でもまとめていますので、参考にしてください。(洗濯物の部屋干しの臭いの原因と予防するための対策法とは!?

 

 

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です