星空をスマホ(iphone/Android)で撮影する方法!おすすめのアプリも紹介

スポンサーリンク

スマホで星空ってうまく撮れたことはありますか?

最近ではiphoneやAndroidなどのスマホのカメラ機能は、時間の経過とともにどんどんと性能が良くなっていて、画質もついには1,000万画素越えというものまで登場しています。最近では、写真撮影はもっぱらスマホを使って行なっているという人も多いと思いますし、ぼくも基本的に写真撮影はデジカメでしかしません。

ただ、スマホで星空を撮影しようと思ったときには、なかなかうまく撮れないのでちょっと残念な気持ちになりますよね。スマホで星空を綺麗に撮ることができる方法はあるのでしょうか?

こちらの記事では、星空をスマホ(iphone/Android)で撮影する方法やおすすめのアプリについてご紹介していますので、ご参考にしてください。

 

星空をスマホ(iphone/Android)で撮影する方法

まず初めに結論から言っておきますが、iphoneやAndroidなどのスマホ端末を使っての星空の撮影はかなり厳しいです。どんなアプリやレンズ、赤道儀などの機材を使ったところで、しっかりとした一眼レフで撮影したような星空を写真として残すことはできません。スマホでの星空の撮影は、「一等星クラスの本当に明るい星のみを移すことができる……」程度に考えておいてください。

 

一応そうしたことも踏まえつつ、ここからはiphoneやAndroidなどのスマホで星空を撮影する方法について解説していきます。

 

星空撮影のための準備とポイント

スマホで星空を撮影するためには、スマホのカメラそのままでは星空を撮影することはできないので、アプリや三脚などの準備が必要になってきます。

星空撮影のために準備とポイント

  • シャッタースピードを落とすアプリを入れる
  • スマホは三脚などで固定する(台の上などにおいてスマホが動かないようになれば大丈夫です。)
  • シャッターは遠隔操作で行う(iphoneであれば純正のイヤフォンでも可能です。)

星空を撮影する場合には、地球が自転しているので赤道儀を使うといいのですが、スマホでの撮影の場合にはそこまでする必要がほとんどないので使わなくても大丈夫です。

赤道儀などを使う場合には、ちゃんとした一眼レフのカメラとレンズを使って撮影を行うときくらいでいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

スマホで星空を撮影する方法

スマホで星空を撮影するときには、ピントや露出の調節がかなり重要になってきます。ただ、重要にはなるのですが、そもそもそうした機能の高度な調節を行うことができる機種はほとんどないので、アプリなどを使って、できる限りで大丈夫です。

標準のカメラにもAFロックとAEロックくらいならついていることが多いので、そちらを使ってピントと露出を固定するようにしてください。やり方は30〜50m先くらいにある街灯などにカメラを向けて、AFロックとAEロックをかければOKです。

iphoneで行うのであれば、画面にある街灯を指で長押しするとAFロックとAEロックがかかりますね。

 

 

星空をスマホで撮影する場合のおすすめアプリ

星空をスマホで撮影する場合にあると便利なおすすめアプリをご紹介します。ただ、繰り返しますが、こうしたアプリがあるからといっても、一眼レフのカメラなどを使ったような綺麗な写真を撮影することはできませんので、あくまでも「星空を写すことができる」くらいで考えてください。

 

星空をスマホで撮影する場合のおすすめアプリ(iphone編)

こちらで紹介するiphone用のアプリは、どれもシャッタースピードを遅くしてくれる機能があります。シャッタースピードが遅くなることで、暗い夜空でも光を多く取り込むことができるので、写真上で星の部分が明るく見えるようになるんですね。

ただ、シャッタースピードが遅くなった場合には、手振れがかなりしやすくなりますので、三脚などで固定して撮影をするようにしてください。シャッタースピードを遅くした場合には、三脚を使わずに手持ちでの撮影では、ブレずに撮影することは不可能に近いです。気が付かないうちにかなり手は震えていますし、特に寒い中撮影するときには尋常ではないくらい震えが抑えられません(笑)

 

Slow Shutter(無料)

その名前の通り、iphoneのカメラのシャッタースピードを遅くするためのアプリです。無料でインストールすることができるので、とりあえずiphoneでアプリを使って星空撮影を試してみたい場合にはお試しで使ってみるといいですね。

 

 

星空カメラ(有料240円)

星空カメラという名前がついているように、夜空を撮影するためのアプリです。確かに星空を撮影することはできますが、基本的には一等星くらいの等級の明るさをもつ星空がメインで、条件揃ったときに二等星まで映るというくらいなので、一眼レフカメラなどのような写真を期待してはいけません。

 

 

スポンサーリンク

 

NightCap Pro(有料240円)

こちらは、シャッタースピードを自分で調節することができるアプリです。シャッターを開けっぱなしにできるので、かなり光を取り込むことができます。撮影ボタンを一度押すと撮影が開始されて、もう一度押すと撮影が終了しますので、撮影のときにはシャッターは必ず遠隔操作で行いましょう。

 

NightCap Pro

240円
(2017.02.21時点)
posted with ポチレバ

 

星空をスマホで撮影する場合のおすすめアプリ(Android編)

Android用のアプリも、シャッタースピードを遅くしてくれる機能がついています。こちらもiphone用のアプリと同様に、シャッタースピードが遅くなった分は手ぶれを防ぐために三脚などでの固定が必要になってきますね。

無料のアプリの数も多いので、露出時間が長くとれるものや自分の使いやすいものを選んで使ってみてください。

 

夜撮カメラ(無料)

無料でインストールできるAndroidの夜景撮影用のアプリです。シャッタースピードを1〜2分に設定 して、カメラを動かさないように三脚などで固定して撮影をするようにしましょう。Androidの機種をお持ちの方で「とりあえず、星空の撮影をやってみたい」という場合にはオススメのアプリです。

 

long expusure camera2(無料)

夜間でのカメラ撮影には不可欠の露出撮影を最大で5分間まで行うことができます。これだけ露出ができると、暗い夜空の星でもかなり明るく撮影することができますね。ただ、5分間の露出を行った場合には三脚などでの固定が不可欠になります。

 

 

あとがき

iphoneやAndroidなどのスマホを使っての星空の撮影についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

スマホでの星空の撮影は正直かなり厳しいものがありますので、ちゃんとした綺麗な星空の写真を撮影行いたいのであれば、一眼レフカメラなど専用の機材を揃えるようにしましょう。あくまでもスマホでの撮影は、単純に「星があるのがわかるかな……?」程度の撮影だと思っておいてくださいね。

 

天体観測のためのこちらの記事も人気です!
>>>馬頭星雲の撮影方法!位置や場所・大きさ・距離についても解説
>>>暗黒星雲とは?ブラックホールとの違いや大きさについても解説
>>>オリオン大星雲の撮影方法!見つけ方(位置)や双眼鏡/望遠鏡の選び方も
>>>プレアデス星団(和名すばる)の神話と宇宙人の話!見つけ方も紹介
>>>天体双眼鏡の選び方!天体観測の初心者におすすめの倍率や値段は?

天文学に関するこちらの記事も人気です!
>>>宇宙のゴミ(スペースデブリ)問題とは?回収や対策方法に期待が高まる
>>>宇宙旅行の費用はどのくらい?実は日本人の芸能人も応募していた!
>>>4月こと座流星群が見れる方角やピーク(極大)時間は?
>>>地球の寿命の残りと年齢はどのくらい?人類生存には移住が必要!
>>>宇宙の果てにあるものは何?果てまでの距離が何光年かは観測できない!
>>>月の裏側が見えない理由!秘密基地や宇宙人・かぐや姫の噂も検証!?
>>>満月のときの願い事の書き方!金運がアップする願い事の方法
>>>新月とは?満月と新月の違いや意味を解説
>>>中秋の名月はいつ?意味と由来は?【中秋】と【仲秋】は実は違う!

 

スポンサーリンク

 

記事をシェアしていただけたら嬉しいです